なんで問題だらけの元カノに嫉妬の炎を燃やしてしまうの?~嫉妬が愛情表現!?~



嫉妬って人に対してするというよりも時間、モノ、できごと、想い出などその人が持つ要素に対してするものです。
だから、元カノがどんな人であろうと関係ないんですよね。
で、その嫉妬の情熱をいかに愛に転換できるか?が今後のカギになるんです。

せんせ~!Amazonで嫉妬本予約しました!今月半ばには届く予定ですが待ちきれずリクエストしています。笑

「ロックマン氏攻略法~ロックマンになったきっかけが分かれば戦略は立てやすいぞ!~」で取り上げて頂いた嫉妬に狂う女Aです!

私はロックマン彼氏のメンヘラ元カノとずっと戦っていこうとしているのですが…
あの手この手を使って「元カノより好き」という一言を引き出そうと邁進していたところ、先日ついに「元カノより好きに決まってる!今までで一番好きだ!」を頂きました!!

やった~!今まで頑なに「そんな昔の事と比べようがない」って言ってたのに~涙
てか、あなたそんなセリフ言えたんだ~ロックマンじゃなかったの~?
と喜んだのもつかの間、「あれ?全然嫉妬心なくならねぇ」「どうせ本心じゃないし、機嫌とるためやろ」となってしまいました。

結局は自分が認めてないからだと思います…やはり自己肯定感低いんですね。トホホ。

ここで疑問なのですが。
元カノさんは、暴力や浮気、ストーカーで警察沙汰など、決して人として「あんな風になりたい」と思える子ではないのに、なぜここまで嫉妬してしまうんでしょうか?

そんな子でも彼が愛していた事実にムカつくから?
愛する彼を傷つけた女を許せないから?笑

「私の方がよっぽど彼を幸せにできる(はあと)」って自信満々になってもおかしくないのに…

本のネタバレにならない程度に謎解きのヒントを教えていただけないでしょうか?
(Aさん)

みなさん、今日も元気に嫉妬してますかーーっ???

はい。絶好調ですねっ!その調子で情熱の女道を驀進していきましょう!!!

ということで、そんな女子のみなさまはコチラの本をとっくに購入され、すでに10回は読み込んでいらっしゃるかと思いますが、、、感想が全然届かないんですよね・・・遠慮してるの?恥ずかしいの?怖いの?え?買ったけど2ページしか読めてない?笑

怖くないからゆっくり読んでみようね!

「つい他人と比べてしまうあなたが嫉妬心とうまく付き合う本」(学研プラス)

感想・書評を書いてくださったら紹介させていただきますっ!

問い合わせフォームより送信ください!おまちしてます!

さて、

>先日ついに「元カノより好きに決まってる!今までで一番好きだ!」を頂きました!!

なのに、

>「あれ?全然嫉妬心なくならねぇ」「どうせ本心じゃないし、機嫌とるためやろ」となってしまいました。

となるのはまあ「お約束」でございまして、1度や2度言われたって自分の思い込みがそう簡単に変わるわけじゃないし、「やったー!!」と喜んだのもつかの間、すぐに「でも、どうせ本心じゃないでしょ?」的な“でも”を創作して再び嫉妬の海に飛び込むのが情熱の女ってものですね。

ということで、

>元カノさんは、暴力や浮気、ストーカーで警察沙汰など、決して人として「あんな風になりたい」と思える子ではないのに、なぜここまで嫉妬してしまうんでしょうか?

こちらの疑問を感じられる方もたくさんいらっしゃるかと思いますので、私なりにその回答をお話しさせていただこうと思います。

>そんな子でも彼が愛していた事実にムカつくから?
>愛する彼を傷つけた女を許せないから?笑

これらもだいぶあると思いますー。彼の愛情を独占したいAさんとしては、自分と出会ってない時期に彼が愛した女に対してはもれなく嫉妬するのが当然の掟ですし、そんな彼を苦しめた女は万死に値すると思うものです。

ていうか嫉妬心という目で見れば「彼を傷つけることができた彼女」に嫉妬するってこともありますね。

(1)嫉妬って人にだけするもんじゃないんですよね~♪

嫉妬本で言えば27ページからこの話を書いているのですが、嫉妬って「元カノ」そのものだけが対象じゃないってことです。

元カノが彼と過ごした「時間」って、どうしたって自分のモノにならないですよね?

例えば、彼が25歳から28歳のときに元カノと付き合ってたとするじゃないですか。
で、そうすると25歳、26歳、27歳、28歳の彼を彼女は知ってるわけです。

でも、自分はその時の彼に会いたくても会えないですよね。

今彼が30歳ならば、30歳の彼は知っているけど、27歳のときの彼は知らないわけです。

となれば「27歳の彼を知ってる彼女が許せない!!」と思うのです。

その場合、元カノに嫉妬するというよりも「27歳の彼を知ってる元カノに嫉妬する」ということになります。

また、似たような意味でもあるんですけれど「思い出」や「できごと」にも嫉妬心は燃え盛ります。

彼が「そう言えば、昔、ディズニーランドに行ってさー」なんて話をしようもんなら、Aさんや同志のみなさまは「え?誰と?いつ?」と食い気味にツッコミを入れると思うのですが、その「ディズニーランドの思い出を作った元カノ」に嫉妬します。

さらに、「俺、28歳のとき、転職したじゃん?」なんて話になれば、「28歳?あ、元カノと付き合ってるときだ!彼が転職したときのことを知ってる元カノが許せん!!」となります。

もちろん、彼の部屋に「元カノがプレゼントしたモノ」が転がっていれば嫉妬が瞬間的に湧き上がり、呪いの言葉と共にゴミ箱に放り込むと思うんですけど、ここではその「モノ」に対して嫉妬するし、そのモノをプレゼントした元カノにも嫉妬するわけです。

先日、とある大変情熱的な女性をカウンセリングしたのですが、彼女もまた元カノにたいへん情熱的に嫉妬を燃やしている方でして、

「彼とエッチするときに元カノのこと想像しちゃうんです。彼があたしの体を舐めてくれてるとしたら、元カノもこうしてもらってたんだろうな、と思っちゃうし、あたしが彼に奉仕してあげてると、元カノもこうしてあげたんだろうな、と思っちゃうし、それでなんか悔しくなったり、冷めたり、負けへんで!ってなったりして純粋に楽しめないんですよ」

などとおっしゃっておりました。(もっと表現は露骨でしたけど)

こういう話をすると、「なんて独占欲の強い女だ」と思われるかもしれませんけれど、「彼のすべてを知りたい!把握しておきたい!」と思うのが女性性ですし、彼のことが好きであればあるほど、自分ではどうしようもない「時間」「モノ」「体」などに嫉妬することになるんです。

ああ、めんどくせぇ、と思われるかもしれませんけど、「まあ、そういうもんよね。しょうがないよね。それくらいあたしは情熱の女だし、彼のことが大好きってことよね」と受け止めることがまずはおすすめです。

つまり、Aさんの話で言えば「暴力や浮気、ストーカーで警察沙汰の元カノ」というプロフィール的な部分に嫉妬してるわけじゃないってことですね。

(2)彼の彼女はみんな情熱的になる?

さて、これはパートナーシップのバランスの法則とも言えるのですが、「なぜかあの人の彼女はみんな情熱的になる」というルールが存在します。

Aさんと似たようなケースはその辺にゴロゴロしてるわけですが、例えばある情熱系女子がこんな話をしてくれました。

「彼の歴代の彼女はみんなストーカーになったり、そこまでじゃなくても彼を超束縛したり、情緒不安定なメンヘラだったり、彼、散々な目に遭って来てるんですよ。もちろん、あたしはそんなキャラじゃないし、そんな風にならないと思ってたんですけど、ちょっと彼女たちの気持ちが分かるというか、あたしも彼のこと、なんかすごく束縛したくなっちゃったりするんですよね。なんでなんですかね?」

たぶん、彼のキャラが影響してるんだろうな、と思います。

「何が?」という明確な理由はなくても、

これはこちらの話などにも通じるところがあるかと思います。

セクシャリティが強いがゆえにその気はないのにすぐに男を惚れさせてしまうパターンをどう解決したらいい?

慢性的な問題の裏には才能がある~それを自覚するだけで人生は大きく変わる~

何か彼の中に彼女の情熱というか嫉妬心を湧き上がらせる何かがあって、だから、彼と付き合う人はみんな似たようなパターンになる、という話です。

これは彼の問題でもあるんですけれど、Aさんとしては「あたしの中に大量に埋蔵されてる嫉妬心を彼は刺激してくれている」と解釈するのが良いかと思います。

(3)嫉妬=愛情というルールが存在している。

で、これってけっこうあるあるだよね、という話なのですが、そもそも嫉妬心というのが「羨ましい×ネガティブな感情」という式で表されるように、無価値感なり、独占欲なり、競争心なり、自信のなさなり、自己肯定感の低さなりが影響していることは自明でございますけれど、それがゆえに「嫉妬することが愛情表現」になっちゃってるケースてけっこうあるんです。

「あたし、今の彼に対してあんまり嫉妬しないんです!ってことは、彼のこと、そんな好きじゃないんでしょうか?」って話です。

情熱系武闘派女子は日々あらゆるものに嫉妬の炎を燃やすことに忙しいわけですが、それ故に、「嫉妬しない=好きじゃない=興味がない=どうでもいい」という風に感じがちなんですね。

で、これはけっこうパターン化するので自分でも気付きにくいんです。

つまり、「彼のことが大大大大大好きー!!」となればなるほど、「天まで届け!嫉妬の炎よ!!」と嫉妬のスイッチを入れてしまうことになるわけです。

でも、まさか嫉妬することが自分の愛情表現だとは思えない(だって苦しいから)ので、なかなか気付きにくいのですが、けっこうこのパターンってあると思うんです。

というわけで、元カノがいい女であろうと悪い女であろうと情熱の女は見境なしに嫉妬するものだよね、という話です。

で、じゃあ、どないせぇっちゅうねん、という話なのですが、嫉妬を作り出すネガティブな感情を癒すってのは王道中の王道なのですが、ここでめんどくさいのが(3)のパターンです。

「彼を愛することが彼の何かに嫉妬すること」になってるわけですから、このつながりを切らねば、彼に嫉妬しなくなる=彼のことが好きじゃなくなるってことになってヤバいっすよね。

だから、嫉妬の炎を彼への愛に変換する技術を身に着けることが大事なのです。

まず、「あたしは彼のことがめちゃくちゃ好きなんじゃ!」という思いをもっと認めましょ。

狂おしいほど彼のことが好きだし、彼のすべてを独占したくなるほど好きだし、だから彼を骨の髄まで愛したいと思ってることを認めましょ。

そして、その自らの情熱のすべてを「愛する」という方向にぶち込むことを決めます。

「どうしたら彼がもっと喜んでくれるのか?」
「どんな女でいることが彼のテンションをあげるのか?」
「何をしてあげたら彼が幸せなのか?」

そう、日常のあらゆる行動をすべて“彼のために”で統一するくらいの勢いを自分に許します。

つまり、嫉妬になんてエネルギーを使わずに、愛するってことにエネルギーを使うんです。

すなわち、元カノに嫉妬を覚えたら「あかん、あかん、今こそ、愛を与えるときやでー。彼を思い切り喜ばせてあげるタイミングやで」と自分に言ってあげるんです。

目の前に彼がいたら、そのときの自分ができることで彼を喜ばせる(彼を愛する)ことにします。

目の前に彼がいなかったら、彼にラブレターを書きます。(これは渡さなくてもいいです)

どうしたら彼が喜んでくれるか?を研究し尽くすわけです。

そうして「愛する(与える)」ということにコミットしていくと、嫉妬するほどのエネルギーを愛することに転換できるようになっていきます。

嫉妬してるときって自分に意識が向いてしまっていて、彼のことが見えなくなってしまいます。
特に元カノに嫉妬してるときってのは、目の前に彼がいても彼のことをは見えずに、彼の横に元カノを作り出してそっちばかりを見てしまってます。すなわち、それって自分の想像の産物なんです。

だから、その意識を彼を愛するって方向に向けます。

「どうしたら彼はあたしなしでは生きていけない体になるのか?」を日々研究し、鍛錬していくのです。

たぶん、この方向に情熱を使うのはとても好きだと思います。

それと同時に嫉妬を作り出しているネガティブな感情を癒していきます。

ただ、たぶん、Aさん、そんな自己肯定感低いとは思えないんですよね。

敢えて自信を持たないようにしてる、敢えて謙虚に振舞ってる、敢えて自分を下に落としてる、みたいなところがあるんじゃないかと思うんです。

だから、それをしなくて済むように、無価値感なり無力感なり劣等感なり競争心なりを癒していきます。

それはやっぱり自分軸だし「今できることしかできひんねん」という悟りです。

もちろん、そのルーツを辿れば「元カレたち」「思春期の人間関係」「親・きょうだい」の問題に行きつくわけでして、とりあえずカウンセリングやセミナーだったら、「どんな親だったの?きょうだいは?」みたいな話になると思います。

そこを通じて自分の魅力や才能、そして、彼に与えられる宝物を見つけて行くわけです。

そうして無価値感などを癒し始めると、同時に彼の愛情をもっと敏感に感じられるようになります。

「あら、彼、あたしのこと、大好きじゃん」って思ってニヤニヤできるようになります。

そうなると元カノのことなんて何万光年も遠い世界のように感じられるようになるでしょう。

ということで、そんな嫉妬を作り出す根っこの感情をそろそろ癒さなければヤバい!と思ってる方はこちらのセミナーにいらっしゃいませ。

◎東京/オンライン:5/14,15 問題解決のための2daysセミナー with ジュンコ~1日のみの参加も可。ずっとなんとかしたかった状況に光明を刺す~
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/44504

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
なんで問題だらけの元カノに嫉妬するの?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『なんで問題だらけの元カノに嫉妬するの?

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい