ロックマン氏を助けたいと思ってしまう自立系武闘派女子のための処方箋



みんなが大好きなロックマン氏。助けられないと分かっていても助けたくてついつい手を伸ばしてしまう恋の案件ですね。
そんなとき、心の中では何が起こっていて、どうしたらいいのか?というのを考えてみました。

女と妻母嫁の両立を夢見て根本教に入信。教祖の動向はリアルタイムで追ってますAと言います。
 
 入信のきっかけなった彼は、妻急逝後、不仲の実家と子育てしながら激務をこなすロックマンです。

 彼は助けてほしいんだな、と思っています。心と体で優しく励まし、連れ出し、ごはんを差し入れし、を3年しました。ロックマンだから受け取れないし、時にシャッターだけど、「好きでしてることだから」と思い、彼にも伝えてきました。

 でも最近「結局助けるなんてムリ。ただの二股じゃん。なにそれ」と思うことが多くなりました。年末年始、私は家を暖かく整え、ご馳走を作ったりしたのに、こういうことを彼(と息子たち)にしてあげられないのが筋違いに悲しかったです。

 彼の反応の薄さも私の立場も承知で、まかせて!とバズーカ抱えて乗り込んだのに、結局捨てるんだね、自武女のくせに、と思います。
 彼の逃亡中に執着本を買い「手放して幸せになるって口に出すの?ぐぬぬ…」となってると即帰還、が何度もあり、どうしたら手放せるのか、そもそも手放したいのかも分からなくなってきました。

 親愛なる教祖さま。どうか「アンタも好きねえ」に続く「助けられないと分かっているのに助けたい、筋金入り自武女」への尊き処方箋をいただけませんでしょうか。
(Aさん)

はい。教祖さまでーす。みんな、よろしくね~♪

教祖さま。

それと処方箋でよろしいんでしょうか?ふっといお注射とかは要りませんか?(←下ネタではありません)

「あんたも好きねえ」に続くのは「まあ、好きモノなんだからしゃあないよね」でどうでしょうか?

そう、しゃあないんですわ。
そういう男しか愛せないし、そういう男にしかなびかないし、過酷な道なき道を驀進することこそ、我が使命!とか思っちまってるんだから、しゃあないんですわ。

しかし、3年もよく頑張りましたね。

その修業のおかげでどれくらいいい女度が上がったのかを改めて確認してみるといいですよ(マジでこれ考えてみて!!)

Aさんの知りたいテーマから少しずれちゃうかもしれないのですが、私が知りたいのは「なんで、そういう男を愛しちゃうんだろうね?」という部分です。

突然シングルファーザーになっちまったロックマン氏でしょう?
そういう男をなぜ助けたいと思い、救いたいと思い、愛してしまったのでしょう?

ここからは一般論にしてもケースバイケース過ぎて直接お話を伺ってみないと分からないので割愛しますけれど、その理由が何か見えてくると彼と向き合う気持ちにも変化が訪れるかもしれません。

「助けたいのに、助けられない」というのはいわゆる「無力感」が満載な状況かと思うのですが、そこで少し考えてみたいのは「相手の事情」です。

あるお医者さんが「助けようにも、来院してくれなきゃ何もできないんだよね」とおっしゃってました。つまり、本人の「良くなりたい」「治りたい」という意志がなければ何もできないし、無理やり病院に連れてきても、本人にその気がなければ治療効果も期待できないことが多い、とのこと。

カウンセリングにも同じようなことが言えますよね。カウンセリングに足を運んでもらえたら何かしらの話は伝えられると思いますが、しんどいのに一人で抱え込んでいっぱいいっぱいになっているだけなら何もできないものです。

Aさんは彼を助けたいと思うのですが、彼は助けられたいと思っているのでしょうか?
彼は良くなりたい、幸せになりたい、と少しでも思っているのでしょうか?

もちろん、Aさんの存在に彼は少なからず感謝の念はお持ちだと思いますが、彼の心の中に自分を罰する気持ちが根強く残っているのであれば、彼はAさんの助けを受け取る気がないのかもしれません。

それは切ないことだけど、きちんと認識しておいた方がいい事実です。

彼の前の奥さんが急逝されたことは悲しいことですが、もしそのことで彼が罪悪感を山盛り抱えているのであれば、むしろ、彼の今は罪を償う思いで日々を過ごしていることと思います。

※どんな状況かは分かりませんが、かなりダメージが大きいことは言うまでもないと思います。

彼が自分にどんな判決を下したかは分かりませんが、「懲役30年」とかだったら、まだ3年というのはそのほんの一部に過ぎないわけで、「自分はまだまだシャバに出る資格はねえんだ」とAさんの援助を拒むのも無理はありません。

また、ロックマン氏にありがちな「自己完結」「抱え込み症候群」「罪悪感」が強ければ、自分を助けようとしてくれるAさんに対し「迷惑をかけてしまう」「幸せにしてやれねえ」などの思いを持ってしまうことも考えられますよね。

つまり、Aさんが彼を助けようとすればするほど、逆に彼は罪悪感を積み重ねる結果になってしまうこともあり得るんです。

これ、助けたい、与えたい、役に立ちたい思いが強い自立系な方々は意識しておいた方がいい原則です。

自分が良かれと思ってやっていることが、彼の罪悪感を増やしてるなんて、本末転倒ですもんね。

そういう場合は潔く引くことも「彼を愛するため」の選択です。

とはいえ、彼が助けてほしいのか?自分のやっていることが彼の罪悪感を積み増しすることになっているのか?なんてのは冷静に判断することは難しいものです。
だって好きになっちまってるんだからねー。

仮にそうだとしても、今度は「彼を見捨てる罪悪感」に苛まれますから、それも辛いですね。

まさに「前門の虎、後門の狼」と言ったところですかね?
(でも、自立系武闘派女子な皆さんは、そういう状況に燃える(萌える)んですけどね・・・笑)

そういうことをはっきりと自分では判断できないことも踏まえた上で、つまり、そういう可能性も頭の隅に入れながら、彼に対してしてあげたいことをしてあげることは悪いことではありません。

「あたしがしたくてやってるんだから、あんたは気にせんといて」とサラッと言えるくらいになれば、自分軸が確立されてますから大丈夫です。

特に特攻部隊に所属していたり、後方待機と言いながらもロケット弾をバンバン打ちまくるタイプの方・・・つまり、あれこれしてあげたい気持ちが強い方・・・は、時に領空を侵犯してしまうことがあるんですよね。

「助けたい」と思うがゆえに、ツッコミすぎてしまうわけです。まあ、彼もツッコミどころは満載ですしね。

そうすると「彼のために」がお節介になってしまって、彼にとっては不快に感じられることが出て来てしまいます。
「彼のために」とやっているだけに、彼のその反応をキャッチできずに、関係性にヒビを入れてしまいます。
ロックマン氏ならばなおさら禁足地が多いわけですから。

だから、自分軸の確立が彼らと関係を作る上ではものすごく重要になります。

彼が罪悪感満載な人であれば、彼を愛する彼女もその影響で罪悪感を持つようになります。彼を愛するがゆえに、彼の罪悪感を引き受けてしまうんですね。

それで無力感も感じやすくなるし、見捨てることへの罪悪感も強くなるし、自分自身が罪悪感にまみれるようになるんです。

罪悪感と罪悪感。とくれば「癒着」しやすくなるわけですね。

少なくても自分の頭の中が彼のことで支配されるようになり、気が付けば主語が彼ばかりになり、彼の動向に振り回されて、どんどん他人軸(彼軸)になっていきます。

癒着していれば彼を手放すことなんて考えられませんから、手放し本も動画も見続けることができなくなりますし、仮に無理やりやったって気持ちが付いてきてませんから効果も少ないものです。

じゃあ、どうしましょうね?というところで、選択肢はいくつも用意できます。

毒を喰らわば皿まで、の勢いで、さらに彼を助けにグイっと一歩出る道。
3年間、十分修業は積んだ。中学も高校も3年で卒業なんだから、あたしも彼から卒業する、という道。
とりあえず現状維持で、まずは自分軸の確立に意識を向けていく道。
彼を癒せる女にさらに成長するためにその方法を学ぶ道。
などなど。

どういう道を選ぶのがAさんにとって自分らしいのでしょうね?

あたしはお節介で助けたい女なんだから、こんな状況でもずいずいずいっと行くのがあたしやで。

でも、いいですし、

ああ、さすがに疲れたし、やれることは十分やったし、そろそろ修験の道を終えてシャバに戻るとするか。

でも、いいですし、

教祖さま、あたしにヒーリングの技術を伝授してくだせぇ。奴をぎゃふんと言わせてやりてぇんで。

でも、いいですし。

それをまずは「決める」ことが大事かもしれません。
中途半端はお互いに苦しいので、迷いが出てきたのであれば、しっかりその迷いと向き合って、次なる道を選びましょう。

ロックマン氏を助けたい、と思う裏側には、いくつかの心理を読み取ることができます。
ひとつは、そのロックマン氏以外にも助けたいけど助けられなかった奴がいるんじゃねーの?という心理。つまり、その人の代わりに彼を助けようとしている、という物語です。

ふたつめは、助けたいと思う裏には自分が助けられたい、という心理が隠れてる、という見方。Aさん自身に向き合うべき課題は残されてないでしょうか?という物語。

みっつめは、才能に関して。そんな難攻不落の彼を助けようとする裏側には、それだけのセクシャリティや女性性が豊かであり、その解放物語。

最近の私は状況を見ながらですけど、だいたいみっつめのアプローチを好む傾向があって、「彼を癒せるような女ってどんな女だと思う?考えてみて。それがあんたの才能なんだよね」という話をよくしています。

自武女には案外その道がよく似合っているようです。

・・・ということで、あれこれ書き散らかしましたが、ピンと来たところがあれば、まずはそこから初めて見られるのが良いかと思います。

少なくてもロックマン氏はいい女養成所ですから、

参考)親密感への怖れが強いロックマンな彼と幸せになるために自分にできることは何だろう?~ロックマン氏はいい女養成所!?~

★自分軸を取り戻すための本。

『人のために頑張りすぎて疲れたときに読む本』(大和書房)

「敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法」(フォレスト出版)


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい