なぜ、私のテストを潜り抜けた男たちはみな「女々しくて重たい奴」ばかりなのか?



きっと自立系武闘派女子にはあるあるな話かと思うんですけど、その疑問のカギを解くのは「バランスの法則」と「投影の法則」かと思われます。
いやあ、な予感がする方は慎重に読み進めてみるとよいかと思います(笑)

初めまして!
いつも為になるブログありがとうございます。
私は離婚経験有りアラサーOLです。
離婚前後では、不倫・転職・離婚の3点セットを同時に経験し、死にそうになりながらも、このブログを読んではあらゆる人への恨み辛み時には感謝を書き殴り、前向きに生き伸びてきました。
最近はやっと彼氏が欲しい!恋がしたい!という思いで色々手を出しているのですが、新たな問題が浮上しています。
それは、「気になる男性がもれなく女々しく重くなる」ということです。
私はこう言ってはアレですが、昔から結構モテます。外見を褒められるだけであれば普通に嬉しいことですが、しつこいナンパ、ストーカー、痴漢、既婚者からの不倫の誘い等日常茶飯事です。
それ故に昔から男性に対してものすごく警戒心を持っており、好意を持ってくれる人がいても最初は「どうせこの人も私とヤりたいだけなんだろう」という常に冷めた目で見てしまいます。
なので私は彼らにあらゆるテストを課し(笑)、潜り抜けた男性に限り「この人なら信じてもいいかも」と心を開くのですが(上からですみません)、そういう人たちに限って親密になるにつれてどんどん女々しい部分を曝け出してきて「ひ~重い!女々しい!気持ち悪い!ブロック!!」という無限ループを繰り返しています。
完全に自作自演なのは分かっているのですが、対処方法が分からずお手上げです。
根本せんせーどうか助けてください、、
(Aさん)

テストを課すってのは確かに必要な方法ですけれど、そのやり方ですと「見た目紳士の自信ない系男子」が残りそうなんですけど、やっぱりそんな感じでしょうか?

というのも、

>それ故に昔から男性に対してものすごく警戒心を持っており、好意を持ってくれる人がいても最初は「どうせこの人も私とヤりたいだけなんだろう」という常に冷めた目で見てしまいます。

という目線で男をチェックするならば、ある程度自分に自信のある男は真っ先に除外されると思うんですよね。だって、彼らはぎらぎらとした目で見てくるわけですから。

そうすると「Aさんとヤリたいんすけど、全然自信がないっす。僕のことなんて興味ないっすよね?いいっす。遠くから眺めてるだけで十分す!」という男が残ると思うんです。

もちろん、そんな中にも「実は、彼、こう見えて、すっごく、絶倫で・・・きゃっ」みたいな運命の出会いを果たす人もいまして、もし、ご所望でしたらAさんにもひたすらそんな出会いを求めて奮闘していただきたい今日この頃です。

なので、「気になる男性がもれなく女々しく重くなる」という問題に対して、

(A)私のテストを潜り抜けても女々しく重たくならない男と出会いたい。

(B)私のテストを潜り抜けた女々しくも重たい男を立派なヘラクレスオオカブト君に育てたい。

という選択肢があるならば(A)はちょっと難しいように思うわけですね。

さて、そんなお話をつらつらとしていきたいと思います。

心の世界ではよく「バランスの法則」が成立しております。
ワンマン社長のもとにはイエスマンしか残らず、ヒステリックなかあちゃんにはもれなくおとなしいお父ちゃんが付いてくる、という、いわばセット商品です。

この春もオンラインで恋愛講座などをやっておりましたが、よく「頼りがいがあって、強くて、私が寄りかかってもビクともしないたくましい男が欲しい」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

もちろん、このブログの愛読者の方です。

そんな大切なファンの心を傷つけてはなりませんから、私といたしましては大変優しい口調にて、

「そんな奴、おるわけないやん」

と吐き捨てるように、あ、いや、諭すように語り掛けるのでございます。

バランスの法則によれば「強い女には、○○な男が付いてくる」わけです。

さあ、この○○に当てはまる言葉を次から選びなさい。

(A)弱い
(B)すごく弱い
(C)ものすごく弱い

難しいですか?A、B、C、どれでも正解ですよ!!

え?引っ掛かってるのはそこじゃない??

「根本さんのブログの読者さんやセミナーの参加者さんが“強い女”ばっかりっていうのはわかるんです。でも、私はそうじゃないんです。私はそんな強くないんです。」

ええ、知ってます。私のブログの読者さん、ならびに、セミナーの参加者さんの90%はそう思っていらっしゃいます。(残りの10%は証拠を突き付けられて認めざるを得なかった女子たちです)

じゃあ、今、その手に持ってる20kgと書かれているバーベルのようなものはなんですか???それを小指で軽々と持ち上げているのに、それでも「私は弱い」とおっしゃるのですか!?

そうなんです。問題はそこなんです。

>離婚前後では、不倫・転職・離婚の3点セットを同時に経験し、死にそうになりながらも、このブログを読んではあらゆる人への恨み辛み時には感謝を書き殴り、前向きに生き伸びてきました。

さらっと書かれてるこの数行に、壮絶なAさんの何年間かが含まれていると思うのです。

それを私のブログでは「虎の穴」もしくは「戦場/戦地」などと表します。
このような壮絶な戦場を這いつくばりながらも、何とか前を向いて生き残ってきた戦士が弱いわけがない、というのはご理解いただけますでしょうか?

なので、必然的にバランスの法則により、Aさんのテストを通れるのは「○○な男」ということになるわけです。

まあ、自作自演ということにお気づきなのは素晴らしいと思います。

ほんで、やはり不倫からの離婚というプロセスは相当に過酷なのでございまして、それ故に離婚後には、自分もまた不倫にハマりやすい傾向があるものです。

本質的な部分を見ていくならば、そのAさん自身の「不倫・転職・離婚」の壮絶3点セットについて、改めて振り返ってみようじゃないか!そこで、何が起きたのか、そして、どんな痛みを背負ったのかをちゃんと見ていこうじゃないか!と思うわけです。

もちろん、そこで得られた輝きもあると思いますが、生傷たえなかったですよね?その傷をちゃんと癒してあげることも大事ですよねー。

場合によっては、もっと過去のことに踏み込むことも役立ちます。
家族とか、それまでの恋人とか、人間関係とか。

そうして「人生の棚卸でもやってみる?」というのが私のお勧めするところなのです。

例えば、ノートに今まであったことを箇条書きでよいので書き出してみる。
それで、そのできごとを書きながらどんな気持ちになるのかをただ感じてみる。
すっごく痛いなあ、嫌だな、思い出したくないなあ、なんてできごとがあるならば、それは一人では無理だと悟ってカウンセラーなどに頼ってみる。
そうして、ひとつひとつ、自分の人生を整理整頓していく、というわけです。

例えば、こんなイメージワークもあります。

自分が今、映画館の特等席にひとりで座ってると思ってください。
他に観客は誰もいません。
あなた一人がスクリーンを見つめています。

そして、そのスクリーンにはあなた自身の人生が映し出されていきます。

子どもの頃。
学生の頃。
社会人になって。
結婚して。
そして、離婚して。
転職もして。

そうした人生のシーンが次々と映し出されるのをただ眺めてみてください。

映画館ですから泣いてもいいですよね。
怒ってもいいですよね。
笑ってもいいんです。

そうして、自分の人生をただスクリーン越しに見つめていくのです。

で、ここからちょっと深い話をするんですけどね。

バランスの法則により「女々しくて重たい男」が引っ掛かってくるじゃないですか。

で、もう一つ、皆さんご存じの「投影の法則」というのもあるのです。

だから、投影の法則をよくご存じの方は「女々しくて重たいのって自分なんじゃね?」と思われたもしれません。

ええ、その通りなんです。

投影の法則によって映し出されるのは、多く「潜在意識に押し込められたもう一人の自分」です。

戦場を潜り抜ける際、Aさんは必要に迫られて、そんな弱い自分を捨てなければならなかったと思うんです。(ただ、その戦場がいつの時代のものかはわかりませんし、1つとも限りません。)
女々しい自分、重たい自分を捨てなければ生き残れなかった、と言ってもいいかもしれません。

その部分を無理やり切り捨て、歯を食いしばって前向きに頑張ってきたとするならば、その戦場を潜り抜けたあとに、その部分が外からやってくるんです。

ということで、自分がかつて捨ててしまった「女々しくて重たい私」を取り戻していく必要があります。(ちなみに、これが彼らをヘラクレスオオカブト君に成長させる本質的な方法でもありますね。)

心当たりあります?自分の中にあんな部分があるなんて。

いつ捨てざるを得なかったんでしょう?
いつあきらめたんでしょう?

男に絶望した。
大人に期待しないことにした。
自分ひとりで頑張らなきゃいけないと思った。
誰にも頼っちゃいけないと思った。
自分のことは自分でしなきゃいけないと思った。
誰も自分のことなんて守ってくれないと気づいた。

それっていつ頃だったんでしょうか?

いわば、そうして自立系武闘派女子として立ち上がったときに、彼らが見せてくれる女々しくて重たい私を捨てたのかもしれません。

そこと再統合していくことはいかがでしょうか?

苦しくて、めんどくさくて、嫌なだけじゃないですよ。
たぶん、それは女性性のネガティブな側面だから、そこを取り戻すと、さらに女性性のポジティブさが増していきます。

今よりもっと○○になる、ってわけです。

今よりもっと柔らかい雰囲気が出る、人懐っこくなる、親しみが増す、笑顔が増える、色っぽくなる、フェロモンがにじみ出る、大人の女性らしさが増す、落ち着きがある、無邪気さが増える、、、、などなど。

ということで、ちょっと落ち着いたら、そんな内面と向き合っていきましょうか。

★そんな武闘派女子たちが素の自分と向き合うための大切な本とワークショップ

『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』(大和書房)

*東京/オンライン:心のメイクを落として本来の自分らしさを取り戻すワークショップ
1)6/20(土)14:00-17:00【早くに自立して、いろんなものを背負って生きてきた。】
2)7/12(日)14:00-17:00【誰かのためについ自分を後回しにしてしまう。】
3)7/26(日)14:00-17:00【何かと背伸びをして、前向きに頑張ってきたけれど。】
>https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/35290


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
バランスの法則と投影の法則
 
★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
https://youtu.be/xIl8ZXev9LY
 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
https://cocoro-marche.com/member
 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
  >https://cocoro-marche.com/

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

音声・動画配信サービス

セミナーDVD

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい