私に委縮して女の私を受け入れてくれない彼とどうしていけばいいのでしょう?



プライドの高い男性は負けたくないがために(競争心)、彼女を飾り物にして女として扱えなくなってしまうことが珍しくありません。
それだけいい女だって証でもあるんですけれど、それだとつまんないですよね?

こんにちは。
いつも読ませていただいております。
身分の違いについてを読ませていただいて、考えさせられました。
私の彼は、ずっと私のことを「守りたい愛おしい彼女」ではなく、「尊敬できる人」としてみており、男としては萎縮している感じがします。
甘えても目を合わせてくれなかったり、私が女性性を出すことを拒否するような空気感を出します。
私が彼女であることによって、プライドの高い彼にとって鼻が高いみたいですけども男として自信をなくさせているように感じます。
そしてやはりセックスレスです。セックス中に、私に生命力を感じるらしく、それが逆に引くのだそうです。そして私とセックスができなくなりました。
私は、彼が好きです。
とても優しい彼ですが、女として受け入れてくれないことは、悲しいです。私の女性らしさを見ないようにする彼を、とてもサゲメンのように感じ、運気を下げられているような気にさえなります。
女の私を受け入れてくれないことは仕方ないのでしょうか。
別れたくないですが、この違和感。もはや身分の違いとして、別れるしかないのでしょうか。

なんだかよくわからない関係で、うまくいかないです。
(Mさん)

Mさんが触れられてる記事はこちらね。

『彼とうまく行かなかったのは“身分の違い”があるから!?』

確かに身分が違うのかもなあ・・・と思って残念だけど距離を置くのもひとつの手ですけれど、違いが生まれるのは身分だけでなく、様々な「価値観」もそうですね。

例えば、かつて「女医をもらってくれるのは医者だけ」という名言を吐かれた女医がいらっしゃいまして、絶賛婚活中の彼女は医者以外の人と結婚したくていろんな人に会うのだけど「女医」だということがバレた途端、引かれてしまうことが多かったんですよね。

でも、彼女は同業者とは結婚したくない気持ちが強かったので、「そんなこと気にしない奴にしなよ」とネチネチとアドバイスしていたら、最終的にふつうのサラリーマンと結婚することになりました。

医者であることを伝えたら「おー、すごいねー。で?」というノリだったんですね。
それで安心してお付き合いできて、そのままスピード婚になりました。

そういう意味では「私のことを尊敬してくれるだけでなく、ちゃんと女として扱ってくれる男じゃないとダメなの」という意欲を持って男を漁ってもいいと思うんですよねー。

・・・というか、そもそもMさんは彼が委縮してしまうくらいいい女だってこと、自覚あります???これってかなり重要なことなんですけどー。

もし、「いや、そこはちょっと・・・」という感じなら、そんな自己肯定感をあげる試みも必要ですよね?

Mさんの彼は「プライドが高い=競争心が強い=負けたくない」という観念をお持ちなのかもしれず、でも、それが彼のアイデンティティであるならば、そこを覆してしまうと彼の人生がガタガタになってしまうかもしれません。

彼はMさんの前で委縮し、男としての自信を失ってしまっているのならば、レスにもなりますし、すごく気を使われますよね?それって対等じゃない感じがしてめんどくさいですよね?

※ちなみに、女子は彼との関係を「対等」であることを理想としますが、プライドが高い=競争心が強い男性は、彼女との関係を「上下」にしたがる傾向があります。

だから、彼はMさんを「アクセサリ」として身に着けるにはいいのだけど、女として扱うにはちょっと怖すぎるのかもしれないですねー。

彼がMさんとのセックスで「生命力」を感じて引いてしまう、ということは、彼自身、自らのセクシャリティに蓋をしてしまってるってことです。

それは彼としても自分の力を十分に発揮できない理由になってしまうんですけど、でも、「それが今の彼だから」って肯定してあげる他ないですもんねー。

そんな彼をMさんが選ぶかどうかは自由です。

さて、彼の話はほんとは「参考」で、そこから翻って自分自身を見つめることが大切でして。

まずは「彼から女として見てもらえないってことは、自分がまだまだ自分を女として見ていないから」という原則についてです。

「彼が私の生命力にビビって引いちゃってる」という状況で、さらにMさんが自らのセクシャリティを解放するのは、むしろ抵抗があるはずなんですけど、もしかしたら、そこが今後のMさんの人生に大切な方向性になると思うんです。

もし、Mさんがもっと自分が女であることを大事にし、女であることにこだわり、女を磨き、セクシャリティをより解放して行ったらMさんはどう変わると思いますか?

女としてだけでなく、もっともっと自分を解放し、自由にしてあげたら、自分がどんな風に変わっていくか想像できるでしょうか?

つまりは、もっと女であることを受け容れてみる、というテーマに取り組んでみてはいかがでしょうか?

(1)どんな女性に憧れるの?その女性に近付けるように真似してみたらどう?
(2)Mさんはどんな男とするどんなセックスが喜びになるのか理想を描いてみたら?
(3)そんなセックスができるように日々オナニーしながら自分を磨いてみたら?
(4)Mさんの将来の夢やヴィジョンって何?そこを描いてみるのはどう?
(5)Mさんが憧れる生き方をしている人を見つけてメンターにしてみては?
(6)セクシャリティをより解放するセミナーやセッションをバンバン利用してみては?

などなど、できることは山ほどありますよねー。(ファッションやメイクをより女っぽくするってのはすでにやられてるかと思いますので割愛しております)

で、こういう問題が起きると「彼が私に委縮している・・・」「彼がセックスを拒否する・・・」「彼が・・・」という風に「彼軸」になってしまい、この問題を「彼」に押し付けてしまうことがよくあるものです。

確かにそうなんだけどパートナーシップは共同作業ですから、彼ばかりに責任を押し付けても問題は一向に前に進まないものです。

「私は」という「自分軸」に意識を向けていくことで状況を打開していくことは可能です。

で、その際「彼が見せてくれる態度は、私がより自分らしさを発揮するためのヒントなのだ」という解釈をすることをお勧めしているんです。

それで先ほどの「女を磨く」という話も出てくるわけですけれどね。

「私は彼と幸せになる」
「私は彼と愛のあるセックスをたくさんする」
「私は彼をより成功させてあげる(あげまんになる)」
「私は彼と一緒に素晴らしい世界を創造する」

そんな宣言をしてみてください。

そうして、まずは自分がリーダーシップをとって次のステージに上がります。

私にビビって委縮してちんちんが勃たなくなっちゃった彼に合わせるんじゃなくて、自分がよりいい女になって「あたしの顔を見るだけで勃起しちゃうくらいの女」を目指すみたいな感じですねー。

そして、その新しいステージに彼を引っ張り上げてあげるわけです。

今だって彼はMさんのことを尊敬しているわけですから、Mさんが彼をほめちぎれば彼は自分に自信を付けられるでしょう?

ほめるだけじゃなくて、愛情をたっぷり伝えたり、感謝の気持ちをどんどん表していけば彼の自己肯定感をあげてあげることもできます。

そうして彼が自信を付けていけば、レスだって解消しますよねー?

※ちなみに、彼が自信を付けて男らしくなったら困ることって何かあると思います?もし思い当たるところがあったりすると、そこはMさん自身の自信のなさが表れている競争心だと思うんですね。

つまり、「彼が私にもっと惚れるとしたら、そのとき私はどんな女になっているのだろう?」というヴィジョンを描いてみるんです。

そうするとね、Mさんはまさに「あげまん」になることができると思うわけです。

言い換えるとこれは「女王様への道」とも言えるものでして、自分がより魅力的な女性に成長しつつ、彼のことをどんどん愛してあげると、彼が勝手に成長し始めていくのです。

どうせ彼のことが好きなんだから、自分が納得するまでできること全部やってみましょうねー。

★そんな行き詰った恋を動かしたい皆様に送る恋愛セミナー。

東京:2/11(火祝)13:00-16:00 【男性から愛され続ける女になる!】見て、感じて、実践できる大人の女性向け恋愛・不倫恋愛セミナー
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/33164

★女としての自分をもっと認めてあげるために自己肯定感をあげるのだ。

『自己肯定感をあげる3daysプログラム』

東京:2/9(日)、3/8(日)、4/12(日)

https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/31475

今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
「リーダーシップ~周りの人への不満は自己成長へのヒント」
https://voicy.jp/channel/962/69120
 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

音声・動画配信サービス

セミナーDVD

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい