非常に短絡的な考え方をするロックマンとの付き合い方を考える。


思考的かつ論理的に物事を判断する男性、特にロックマンは、言動の不一致が著しいものです。
だから、言葉よりも態度、行動を見て本心を知れ!ということなのです。
そして、ついでに男心も理解してみると、彼の行動が「可愛く」見えて来るものです。

根本さんこんにちは。
いつも楽しく拝読させて頂いておりますTと申します!
先程、まさにどういう事だろう?という事例が上がりましたので、相談&ネタにして頂けたら嬉しいなと思い真夜中ですが連絡させて頂きました。

彼は、まさにロックマンです。
感情表出は豊かにありますが。
非常に短絡的、というか極端な考え方するなあ、と私は思う事があります。

日頃から音信不通になる人ですが、今晩会えるかどうか向こうから打診してきといて、こちらの返答が彼の意に沿わないと無視です。
後日、「突如連絡がなくなり不安で心配だった」とちっぽけな勇気を振り絞り正直に伝えた所
「理由を説明するのも面倒くさいから返信しなかった。不安なるならもう会おうとか言わん」と。

彼は「問題は根源的に除去し」解決ですが
私は「問題を折衷案により」解決したいのです。

実は、私の兄もそのような傾向にあるようで…
兄は「家が汚れる、と文句を言われるのならば、家に帰らなければ良い(=散らかさない=怒られない)」と考えるそうです。

これは結果を重視する男性的な考えからでしょうか。
たまたま私が自立系陰湿派女子だから周囲にこのような異性が多いのでしょうか。
はたまた相手が5歳児だからでしょうか。
そして、このような男性に“譲歩”を求める事(は、私の欲をぶつけ、相手をコントロールしようとしている事になるとは思うのですが…)やお互いに気持ちよく解決する対処法などはありますでしょうか。

私の駆け込み寺である、“ねも友”と事例検討した所、本家根本先生に聞いてみよう!となり連絡させて頂きました。

まだ本物の根本さんにお会いしたことはありませんが、常々そのような危機に瀕しておりますので、
時間と勢いの都合がつけば、参戦したいと思っております!
お読み頂き有難う御座いました。お体御自愛くださいね!
(Tさん)

「ねも友」(笑)
最高ですね~!!
面白い!!!

さて、頂きましたリクエストにお答えするならば、「ま、男ってそうだよね」で終わっちゃいますので、何とか引き伸ばしにかかりたいと思います。

例えば、彼、

>「理由を説明するのも面倒くさいから返信しなかった。不安なるならもう会おうとか言わん」と。

って言うてるんですけど、その後はほんとに「会おう」とか言わないんでしょうか?

また、兄上は

>兄は「家が汚れる、と文句を言われるのならば、家に帰らなければ良い(=散らかさない=怒られない)」と考えるそうです。

みたいなことを実際に行動できる人なんでしょうか?
(このケースでは、家が汚れることを正当化するための方便だと思われますが)

男性の思考は「結果主義」であることはTさんもご存知かと思いますが、それが「思い付き」で出て来ることが多いんですよね。

女性は言葉を大切にしますが、男性はそこまで大切にしません。
また、女性は感情を言葉にすることが上手、得意ですが、男性はあまり得意ではありません。
男性は思考的、すなわち、論理的なので、正論や理屈を考えます。

「家を汚したくなければ帰らなければいい」というのはその典型ですね。

ところが、その言葉は感情を伴ったものではないので、実際にそれが行動として現れるか?としたらそうとも限りません。

「不安になるんだったら連絡なんてしない!」と宣言したロックマンも、数日経てば“何事もなかったように”連絡してくるのが世の常となります。

つまり、言動の不一致が起こりやすいんです。

ちなみに、この言動の不一致。男女ともども起こり得ますが、その背景は違います。
男性は思考と感情の分離によって起こり、
女性は感情の変化(気分が変わる)によって起こります。

そういうわけで、男性は「ロマンチスト」、女性は「リアリスト(現実主義)」というのも分かりますよね?

男性は、理論や思考だけで物事を考えます。だから、現実離れした話をします。
女性は、感情で物事を考えますから、現実的になります。

それで、女性から見ると彼の話は

>非常に短絡的、というか極端な考え方するなあ、と私は思う事があります。

ってことになるんです。
そら、無理ないですよね。感情を無視して、論理的な話だけするんですから。
「理論的には人間は200歳まで生きられるらしいで」というのと同じです。

そうなると、

>彼は「問題は根源的に除去し」解決ですが
>私は「問題を折衷案により」解決したいのです。

のように、男性は思考的な分、「根源的除去」が可能だと思い、それを口にします。(多くの場合現実性はありません)

一方、女性の場合は現実主義のため、話し合いなどによってお互いを満たそうとします。もちろん、その場合に結論は必要ありませんよね?気分がすっきりしたらいいのです。
だから、精密に揚げ足を取るのであれば、女性は「問題を折衷案を目指して話しているうちに気分がすっきりしたら解決となる」のです。

そういうわけで、男性の場合は、

「言ってることよりも行動を見なさい」

って言います。

よって、男性の「離婚する」って言葉は8割くらいの確率でひっくり返りますし、男性の「こんど沖縄行こうか」という提案も8割くらいの確率で実現化されません。

>お互いに気持ちよく解決する対処法などはありますでしょうか。

それはあるっちゃあるし、ないっちゃないんですよねー。
長くなりそうだし、めんどくさいので、なるべくスルーしたいんですけどねー。

そう、男は言葉にすることをめんどくさいと感じるんです(笑)
女子は脳と口が直結してますが、男子は一旦、脳と口の間に「思考フィルター」をかけて論理化するのでメンドクサイと思っちゃうんです。

お勧めなのは「理解」なんですね。

「なんで女ばっかり男を理解しなきゃいけないのよ!!!」と殴り込みをかける前に聞いて欲しいんですけど、男性には「女を理解しましょうね」ってちゃんと言いますから。
私にリクエストくださる方の97%が女性だからこうなっちゃうんです。

>日頃から音信不通になる人ですが、今晩会えるかどうか向こうから打診してきといて、こちらの返答が彼の意に沿わないと無視です。
>後日、「突如連絡がなくなり不安で心配だった」とちっぽけな勇気を振り絞り正直に伝えた所
>「理由を説明するのも面倒くさいから返信しなかった。不安なるならもう会おうとか言わん」と。

実は・・・私からすれば「これだけ長い返事を返してくれるなんて、彼は誠実な男だ」と思っちゃうんですけど、、、、ダメですかね?ダメンズ(の彼女)ばかり相手にしてるからですね???(笑)

ロックマンや自立系男子を理解するために必要なアイテムは「メンドクサイ」です。

また、この事例で言えば、

彼:「今日何してるの?」
私:「友達の狩りに付き合わなきゃいけないから弓矢磨いてる」
彼:「そうか、忙しいんだ。」
私:「そうなのよ。結構敵の数も多いらしくて、量が必要ぽいの」
彼:「じゃ、今日は会えねーな」
私:「え?あ、ごめん!遅くなってもいいなら会えるけど。さっさと狩り終わらせるから」
彼:「(既読スルー)」

のようなやり取りがあったと推測されますが、彼はおそらく「じゃ、いいや。また今度で」と思って、ラインを閉じたんだと思います。

女子の場合、「じゃ、いいや。また今度で」と思ったことがそのままスマホに入力される不思議な能力を持っているので、それが相手にもちゃんと伝わるんです。

で、その後、彼女が

私:「え?どうしたの?誰かに襲われたの?大丈夫?助けに行こうか?」
彼:「(未読スルー)」
私:「無事、狩りも終わったんだけど、今日もロクなのいなかったわ。大丈夫?どうした?」
彼:「(既読スルー)」

ってことになるわけですなー。

男性にとってラインやメールは「情報伝達のツール」なのですが、
女性にとっては「コミュニケーションのツール」になります。

だから、男性にとっては「今夜会うか会わないか」が大事で、女性にとっては「話をすること」が重要になるので、ここですれ違いが起こります。

なんてことを理解してみると彼の行動にいちいち一喜一憂しなくていいですよー、という話です。

Tさんも書いてらっしゃるように、そこで女性側が「ちゃんとそういう時は話してよ。心配するじゃない?」とか「そういうこと、言ってくれなきゃわからないよ。ひどいよ」なんて言いたくなるものですが、それはコントロールって言います。

そういう話を聴くと私は決まって「彼にそれができるの?」って質問しちゃう奴です。

人間関係の基本とも言えますが、まずは自分が相手を理解すること。
そして、次に、その相手が理解できる言葉を使って伝えること、が基本ですねー。

そういう理解をしていくと、短絡的反応は5歳児だからだなあ、可愛いな、と思えたり、あ、誘ったのに断られて拗ねちゃったのね~しょうがないでちゅね~と思えたりするようになりますね。

ビバ!赤ちゃんプレイ!!!

ということで、そんな男女の違いはこちらの本で学べますよ!

●「愛されるのはどっち

●「頑張らなくても愛されて幸せな女性になる方法

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事