罪悪感がいっぱいあります。Re:相手の離婚を待ちわびている方にカウンセラーはアドバイスするのか?


***
 本日不倫の記事を取り上げていただいたKです。(「相手の離婚を待ちわびている方にカウンセラーはアドバイスするのか?」)
ちょうど彼のことを待つ期限が過ぎ、明日彼と話そうと思っていたところで、ものすごくタイムリーなタイミングでした。(見えているのでしょうか(笑))
彼とは10年弱友人でしたが、私が自分の婚姻生活に疑問を持ち始めたころ、彼が恋愛対象に浮かび上がりました。(ありがちでしょうか(笑))

恋愛対象になる前から、夫よりなんでも相談できる人であること、なにより触れたいという欲求が自分の中に生まれ、「ああ、好きな人と結婚するべきだなぁ」と心から思いました。(前の夫とは長く付き合ったからという理由で結婚しましたが、ときめいて好きで結婚したわけではありませんでした。)
欲しくなかった子供も、彼となら欲しいと思いました。
夫との間にある問題を解決するモチベーションもなく、夫婦で決めたルールを破るという何度かの裏切り行為も経て、離婚という結論をだしました。
彼のことは、結果的に後押しにはなってしまっても、離婚の原因とは思っておりません。
なぜ彼なのか、その答えは、「セックスしたいと思える相手だったから。あんなに欲しくなかった子供を、彼となら一緒に育てたいと思えてしまったから。」です。

罪悪感でいうと、
・「夫婦」を壊すこと、人の幸せを壊して自分が幸せになれるのか不安。
・両親に対して:父を好きになれなかったこと。母と折り合いが悪いこと。母は離婚して一人暮らしなのに経済的に支えてあげられないこと。
・妹に対して:両親が離婚しようとしている家庭の中に残して先に結婚してしまったこと。
・元夫に対して:浮気もギャンブルもDVもないのに一方的に離婚を切り出したこと。やり直したいという訴えを聞き入れてあげられなかったこと。そもそも大好きじゃなかったのに結婚してしまったこと。離婚の作業は膨大でとてつもなくさみしいものだったのに、文句ひとつ言わずに笑って別れてくれたことを思い出すとまだ申し訳なくて涙が出ます。

いろんなとこにたくさん罪悪感がありすぎて、私はMなのでしょうか(笑)
もう漬物かもしれません。

さみしいけどもう年単位になりますし、待ちすぎかなぁと思っています。優等生で生きてきた私に不倫はもうお腹いっぱいなのです。2番でもいいなんて一度も思ったことはありません。もう少し早くちゃんとした関係になっている予定で考えていましたが、こんなにズルズルするなら一度離れようかとも思います。
そう、明日話そうかと思っていますが、その一方で、あんなに好きだってはっきり言える相手はそうそういないんじゃないかと迷う自分もまだいます。

彼は私が意外と感情的な人間だと教えてくれました。
頼れる友達がいるということも教えてくれました。
それだけで十分なのかもしれません。

揺れる時期に取り上げていただいてありがとうございました。
駆け込み寺じゃなないですが、聞いてくれる方がいて、「ここが行き止まりじゃないよ~」と言っていただけるのはとてもありがたいです。

明日どうしようかなぁ・・。

お手紙みたいにいろいろ書いてすみません。友達じゃねぇよって感じでしょうか(笑)
(K)
***

ま、友達みたいに思ってもらえるとカウンセリングもやりやすいので、その方がありがたいですよ。
たぶん、タメ口でカウンセリングすることになりますから(笑)

彼とはどんな話し合いができましたか?
距離を置くってことにしましたか?
それともやはり流されてしまいましたか?

優等生で生きてきた方ほど、理性的な結婚をし、感情的に後悔することが多いんです。
そして、情動に思い切り流されてしまうことも出てきます。

優等生になれるって一種の才能なんですよね。
そこには「理性的であること。合理的な判断ができ、行動ができること。感情をある程度押さえて行動できること」などの要件が必要ですから。
「ヒステリックな優等生」って想像しにくいでしょ?(笑)

その才能はビジネスでも家庭でもリーダーシップを取る際や、緊急事態が起きたときに非常に役に立ち、また、人望を集めるに相応しい能力なのですが、恋の情動には弱いところがあるみたいです。

>なにより触れたいという欲求が自分の中に生まれ、

>「セックスしたいと思える相手だったから。あんなに欲しくなかった子供を、彼となら一緒に育てたいと思えてしまったから。」

こういう感情が出て来た時に、留めようがなくなってしまうんですよね。

これをお読みの女性の皆さん。そんな体験されたことあります?この人の子どもを産みたい、とか、触れなば落ちん、とか、心は否定していても身体の方が先に反応してしまう、とか。

この辺、本能的なものですからね。
ハシカと一緒で若いうちに経験していると免疫ができるんですけど、大人になってからのこの情動は抗いようがないんですよね。

不倫、W不倫のご相談ではよく耳にするお話です。

ドMのKさんはさすがの罪悪感まみれになってますね。
だいぶ古漬け状態ではないでしょうか?(笑)

それだけ罪悪感が強いと、自分を幸せにすることはなかなか許せません。
自分を罰しようとしてしまいますから。

とりあえず、こんなアファメーションをお送りしたいと思います。

「私は十分に罪を償った。
 私は十分に自分を責めた。
 だからもう許されてもいい。
 私は幸せになってもいい。」

とりあえず、ぶつぶつぶつぶつと唱え続けてみてください。

実はメッセージの最後にこんな言葉を頂いていました。

>追伸:東京カウンセリングの開始時間、、平日18時半・・・19時開始とか、、検討いただけたらとてもうれしいです!

そう、ご期待にお答えしたいんですけど会場の都合で・・・というのは言い訳で、現在は大阪でもその他の地域でも夜の時間帯はカウンセリングは行っておりません。
(カウンセリングの時間が日数が十分でない場合に設定することもありますが、とても稀です)
この時間帯にはできるだけセミナーを設定したいと考えておりますので、ご理解いただけますと幸いです。


あなたにオススメ