毎日変わる気持ちに振り回されて疲れてしまうのです。



好奇心旺盛だったり、毎日をイキイキと充実させたい方だからこそ、その時々の気分に振り回されやすくなりますね。
自分と向き合って「軸」を見付けて行くと、本当にしたいことにその情熱を向けられると思います、

今日もリクエストにお応えしたいと思います(^^)
ネタ提供、まことにありがとうございます!(笑)
リクエストはこちらから~!

****************
前に根本さんが『気持ちは天気と同じ』と言ってましたが、私は毎日コロコロ変わる自分の気持ちに振り回されて、自分で疲れてしまいます。

ある時は結婚したいと思うのに、次の日にはまだまだ遊んでいたいと思ったり、何かやろうと考えてる時は楽しいのに実際当日になると気分が変わってドタキャンしたり…
自分がどうしたいのか?どう生きていきたいのか分からないのですが、こんな私のような性格は、ただの優柔不断なのでしょうか?
それとも全部欲しがる欲張りなのでしょうか?

こんな性格でも良く見るとどうなのか、良い方に活かすにはどうすれば良いか、知りたいです。
****************



こんな性格でも良く見るとどうなのか?と言えば、好奇心が強かったり、色々なことに興味を持ったりするんですよね?
それだけ毎日を楽しみたい、好きなことしたい、人生を謳歌したい!って方なんじゃないでしょうか?

それを「コロコロ気分が変わって振り回される」と思うか、「いろいろしたいことがあって幸せ~」と思うかの違いですね。

だから、自分がしたいこと、やりたいことをただそのまんま“今日の気分”として認めてあげて、その都度、その方向性に動いてみるといいでしょう。
要するに、日々、やってみたいこと、してみたいことを素直に、何も考えずにやってみることをお勧めしたいですね。
とにかく「したいことをする!」ってことにコミットしてみるんですね。
疲れますが、何か突破口が見つかるかもしれません。

ただ、ちょっと怖がりなのかもしれません。
失敗すること、受け入れられないこと、拒否されたりすることに必要以上に怖れを感じてしまってるのかも。

そうすると「しようと思ってたけど、急にやる気がなくなる」とか「ほんとうにしたいことが見つからない」などの問題に出会い易くなります。

怖れってある意味“消火器”みたいなところがあって、情熱的な思いを掻き消すことが良くあるんですね。
それで本当にしたいことをしたり、それに気付くのが怖くなって、ぐるぐる回ってしまうこともあるのです。

「好きなものって何?」って聞かれたらすぐに何らかの答えが言えます?
「もし結婚するならどんな夫婦になりたい?」
「子どもの頃、どんな夢がありました?」
「今まで夢中になったことは何?」
「どんな恋をしてきました?」

そんな質問をしてみたいなあ、と思いました。
自分自身と向き合えるために。

「本当にしたいこと」「本当に欲しいもの」が見つかると、たぶん、振り回される感覚は少なくなっていくと思います。

“自分と繋がる”ということを目指してみるのも一つの方法です。
そうすると「軸」が自分の中にできて、地に足が着くようになるのです。
そしたら、本当にしたいことにその情熱を向けることができますね!

毎日使える心理学講座

 ★好評発売中!根本裕幸の近著。
こじれたココロのほぐし方 頑張らなくても愛されて幸せになる方法

あわせて読みたい