【out of 愛され本】ナビに勝負を挑む男とマルチな目線で車窓を眺める女。



男性は車を運転している時も、どのルートを行くのがもっとも効率的かを考えます。
渋滞を予測して回避したり、抜け道を利用したり、どの車線が最もスムーズに進むかを考えたりしています。
それが本能、というか、楽しみ、というか、サガなのです。
もともと一極集中型(一つの物しか目に入らない性質)なので、運転しているときは運転のことしか考えられないところもあります。

「ねえ、聞いてるの?」と助手席から叱咤されたり、「お前、ちゃんと運転に集中しろよ」と運転席に投げかけた経験は一度ならずともあるのではないでしょうか?


一方、女性は車を運転している時も、助手席にいるときも、運転だけでなくマルチな目線で、ながら作業ができる才能を如何なく発揮します。

「ねえ、この間、仕事で神戸に行ったときにまたオシャレな店を見つけたのよね。時間がないから入れなくてちょっと悔しい思いをしてさ。それで、今度一緒に、あ、危ない!ちゃんとウインカー出してよね。急に割り込んできて。びっくりするじゃない!でさ、今度一緒に行こうよ。もちろん、メンズもちゃんとある店だし、なんか神戸って感じのかわいい店できっとあなたも好きだと思うよ。あ、今のところ右じゃなかった?え?そう?違った?あ、そう。あ、あの右側の店、いつも行列ができてるんだよね。一回食べてみたいんだけど知ってる?わあ、やっぱり今日も行列できてる。こんな時間なのに。美味しいのかな。でも、寒そう。そこまでして食べる価値ある味ってことなのかな?それで何の話してたっけ?あ、ねえねえ、前の車、ナンバー、見て。ゾロ目だよ。ゾロ目っていいんでしょ?なんか私たちツイてるね。」

運転中の彼はその間、聞いてるのか聞いてないのか分からない返事をしながら、早く目的地に着くルートを検索しているのでした。

女性の皆さんは一極集中型の男性に「ねえ、ちゃんと聞いてる?」と言うのは危険って分かりましたか?
もし、彼が「聞く」ことに集中すると、運転が疎かになってしまうのです。
だから、ドライブ中にちゃんと話がしたい、聞いて欲しい、と思ったら、一旦車を止めることをお勧めします。
逆に言えば、大事なことは彼が運転中は話さないことが賢いですね。
もちろん、助手席に彼が座っている場合は大丈夫ですが。

また、運転に集中しているときに彼が話す内容はあまり信用しなくてもいい、ということになります。
大事な話なら、きちんと話に集中しますから、運転中に彼がする話はそれほど重要度が高くないことを表しています。

一方、男性の皆さんはそういう女性に「男は一つのものにしか集中できない体質だから、そう話しかけるのはやめてくれ」とはっきり言わないと、あなたが不誠実な人に見られてしまいます。
「女はながら作業ができるけど、男はそれが苦手」というのは、なかなか理解してもらえないところがあります。だから、何度も説明してあげましょう。
時には車を脇に止めて(到着時間が遅れることも厭わずに!)話をすることも大事です。
そうすると女性も男性のその性質を理解しやすくなりますし、ちゃんと向き合って話をしてくれてる、と女性は感じてくれます。

また、運転中に軽はずみな発言は慎む方がいいです。
間を持たせるために思い付きで「今度温泉に行こう」なんて言ってしまうと彼女はもうその気になってしまっています。
また、彼女の話に曖昧に頷いていると、車を降りたときには「今夜は回っていない寿司屋さんに行く」ことが決定していたりします。
それは危険ですよね!話の内容をきちんと把握せずに「Yes」は言わないようにしましょう。

●「頑張らなくても愛されて幸せな女性になる方法」好評発売中です(^^)
頑張らなくても愛されて幸せになる方法

男と女の心理学

※根本のスケジュール一覧はこちらのページ(PC用)

【根本の出没情報】

2/15(土)13:00-福岡無料説明会(博多駅)
16:00-心理学入門講座
『お金と豊かさの心理学』
※できれば新札の1万円を用意してね!

2/23(日)『心理学ワークショップ』(大阪・江坂・ホテルパークサイド)
昼の部:13:30-17:30『夢を現実にするための心理学~夢や目標はこう設定すると実現しやすくなる!~』
夜の部:18:30-20:30『【出版記念講座】男女の違いを学ぶと人間関係がとても楽になる!?』

【カウンセリング&グループカウンセリング】

★大阪面談カウンセリング:3月末まで受付中です。
★名古屋面談カウンセリング:2月分は満席です。
★福岡面談カウンセリング:2月分は満席です。

東京グループカウンセリング:2/28キャンセル待ち , 3/14分受付中!

※スケジュール情報をツイッターにて配信しています。宜しければフォローしてください。http://twitter.jp/nemotohiroyuki

あわせて読みたい