頑張れない自分を許せない?



「もっと休めたらいいんだけどなあ」と言うと、「でも・・・」という方。
仕事がたくさんあるのはいいことなんだけど、自分の喜びのためでなく、周りの人の目を気にしたり、期待に応えようと無理しているのならば、心理的には良くないことなんですよね。

でも、そういう方に共通するパターンというのは「頑張ってるから自分が認められる」というアイデンティティの問題。

「頑張ってる自分が大好き!」ならまだいいんですね。

でも、頑張ってない自分は価値がない、みたいな価値観を持っているとするとそれは大問題。
常に鞭を入れ続けなければいけませんから、いずれ燃え尽きてしまうでしょう。


子ども時代からあまり褒められなかったり、誰かと常に比較されてきたり、期待をかけられたり、そういう育ちをすると、本当は自分に自信が持てません。
頑張ってテストで100点取っていたならば、95点でも自分を責めるようになります。

そのままの自分は価値がないから頑張らなければ、という思いに駆られていくのです。

この発想の元には「ない」という信念があるんですね。「自分には価値がない、能力がない、可能性がない」という信念。

だから、とっても苦しいんです。

こういうパターンの方は、何もせずとも愛される経験をしていただくのが一番なのですが(実生活の中で難しければ、インナーチャイルドセラピーが効果的ですね)、要は考え方、価値観を変えていきたいんですね。

「頑張らないと認められない」というのも、「無理すると燃え尽きる(病気になる)」というのも、どちらも「怖れ」をベースにしてますよね。脅しみたいなものです。

だから、私はあまりこういう考え方は好きじゃないのです。

「ない」→「ある」に変える。
「怖れ」→「愛」に変える。

この意識の変革が必要なんですよね。

「頑張ってるよな、俺!偉いなあ!」と自分を褒めまくるのはいかがでしょう?
  →1日10回を朝晩唱えると効果的

鏡に映る自分を見ながら「大好き」と声に出して言ってみるのはいかがでしょうか?
  →メイクをするとき、顔を洗うときに5回言うと効果的

今から10分間、頑張りませーん!怠けます~!」と心の中で宣言して休憩を取る。その際、自分が思う最高の“怠け”に挑戦してみましょう!
  →職場で1日2回、家に帰って1回やっていただくと効果的

私のことを思っていてくれる友達リストを作って、毎日、その存在に感謝しましょう!
  →朝、昼、晩、1回ずつできるとなお効果的。

どれも即効性はなく、継続していたくことが必要ですが、「効果ありました」と報告を頂いた方法です。

ピンと来たら試してみてください。

ピンと来なかったら試しちゃダメです(笑)→頑張ることになるからね~

心理学ミニ講座
あわせて読みたい