現状否定からの行動は悪循環にハマりやすい!?



「今の自分はダメだから」
「この仕事は自分には合っていないから」
「今のパートナーは真実ではないから」
「今の家は不十分だから」
「今の収入ではやっていけないから」

私たちが行動する動機の一つに「現状否定・現状不満足」がありますよね。

今が嫌だから、今がダメだから、もっといいものに変えようとする気持ち。

自然な気持ちだと思うのですよね。


でも、それだけだと否定のパターンを生んでしまいます。

確かに今の自分では不十分かもしれないけれど、それだけだと「今を否定」していることになってしまいます。
だから、頑張って新しい自分に成長したとしても、「今を否定」する癖が出てきて、再び「今の自分ではダメだ」と思うようになります。
だからまた頑張って成長しなければいけません。
どこまで行ってもそれが繰り返されます。

つまり、足るを知ることができなくなってしまうんですね。

例えば、今の収入に不満足で、新たな収入を得ようと副業を始めたとします。
でも、今の収入に不満、という気持ちがそのままであれば、新たな収入に対しても、やはり不満に感じてしまうのです。(始めの頃はいいんですけどね)

動機の一つとして、現状不満足は自然なものだと思います。

そこにもう一つ「今にありがとう」を付け加えたいのです。

今あるものに感謝し、その価値を受け取り、承認し、そして、次のステップに進むと、それは手放しとなり、卒業となります。

否定のままだと、過去を振り返ってもその出来事を否定的に捉えてしまうと思います。

せっかく大切な時間を過ごした人・もの・場所なのに、否定的に振り返るのは悲しいと思うんですね。

「今あるものに感謝する」ってよく耳にしますよね。
それは次に向かうためにもとても大切なことだと思うのです。

今の自分を認め、さらに素晴らしい自分になるために成長する・・・
今の収入に感謝し、さらにお金の恩恵を受け取るために副業をする・・・
今の家に十分感謝し、さらに快適な空間を求めて転居する・・・

そういう心構えでいたいと思います。

心理学ミニ講座
あわせて読みたい