「新しい道に踏み出すのが怖いとき」



*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

何かを始めようとして、また、新たなステップアップを踏もうとするとき、私達はとても怖れを感じるものです。
それが、ビッグチャレンジであればるほど、その思いは強くなり、足がすくみ、動くことができなくなってしまいます。
さらには、さまざまなネガティブな思考が頭を支配し、ますます足が動かなくなってしまうことだって少なくないでしょう。


しかし、それくらいの怖れを感じるということは、あなたにとって、とても素晴らしい方向に足を進めようとしている証拠なのではないでしょうか。

私達がもつ最大の怖れは“幸せになることへの怖れ”です。
罪悪感や無力感、無価値感や嫉妬への怖れ、さまざまなネガティブな感情が私達が幸せを感じることに抵抗しているのです。

だから、進もうと思っている方向に怖れを感じるとすれば、あなたは今、正しい道に足を踏み入れている可能性が高いことを知りましょう。
それくらいあなたにとって価値があり、大切で、意味のあることなのです。

さて、そのチャレンジによるギフトは何でしょう?
私達が大きなステップを踏めば、それに相応するギフトが必ず与えられます。

失敗というギフトが欲しいのでしょうか?
違いますよね。

達成感、充実感、喜び、愛、情熱、感動、そして、具体的な成功などのさまざまなギフトがあなたの元に降り注ごうと今か今かとあなたのチャレンジを待っているのです。

怖れを感じたらそんな素晴らしいギフトにめぐり合えるチャンスなのです。
その感覚を手に入れたら、あなたの怖れは徐々にワクワク感へとシフトし始めます。

でも、そこに意識を向け続けるにはとても大切なことが一つあります。
それは自分を信じること。
自分を信じるには、今、自分自身がベストを尽くしている、という実感が大切。
できることを思いつく限りすべてやりましょう。
自分でできる準備だけでなく、人の協力が必要であれば、頭を下げてでも手伝っていただきましょう。

怖れはそんなあなた自身のコミットメント(新しい道に本当に踏み出したいのか?)を試し、さらに強いコミットメントに鍛え上げてくれる“ギフト”でもあるんです。

さて、新しい道に踏み出そうとして怖れを感じたら、まずは“ラッキー!!”と思ってみましょう。
そして、そのギフトを思い描き、ワクワクしましょう。
その上で、今できることにベストを尽くしましょう。

そして、最後は、大きく息を吸い、ふーっと大きく吐いて、一歩足を踏み出します。

きっとその足元にはしっかりした土台に築かれた新たな道を感じられることでしょう。

心の処方箋
あわせて読みたい