理想はガンガン攻めてほしいのにいつも自分から襲って攻めてるので「じゃない感」があるんです~「愛させてあげる」で自立を手放すやり方はいかが?~



自分が主導権を握って関係性を支配するのは「自立」な方々の常とう手段。
だから、相手にリードされるのはほんとうは苦手で、望んでないことなのかもしれません。
しかし、そうすると与えるばかりで受け取れないので、そこで「愛させてあげる」という発想はいかがでしょうか?

すみません、下ネタの相談いいですか…??
と言っても歴戦のお姉様方のようなエロさも深さもなくて、単純に性のフラストレーションについてです。

ちなみに、この前のヤタ様とのライブ配信でもリクエストさせていただいたのですが、シモだったせいか不採用で(笑) 
しつこく根本先生にも投げてみちゃいます!

ズバリ男性が、「抱きたい!」と思う女性てどんな感じでしょうか?

私いつでも襲う側というか、いつも仕掛けるのはこっちなんですよね。
たまには求められたいというか、形ばかりのダメとかも言ってみたい!(笑)

リードされて、ガンガンに攻めてほしいのに、気がついたら自分で乗って動いてる次第で。
相手変わっても大体こんな感じなので、私の問題だと思います。

ギラギラし過ぎで可愛げがないんですかね。

これ最近盛り上がってる隙問題の範疇でしょうか?
それともお付き合いも行為も(こっちが能動的という問題置けば)わりかしすんなり行くので、また別の問題でしょうか…?

となると、こっちから仕掛けないとエッチ出来ないと私が決め込んでるということでしょうか?
確かに、心当たりがないわけじゃないかもです。
よく言うトンビに油揚げ事件ではないですが、両想いぽいけど待ってたら何も起こらなかった…ということが処女時代に続いて、それがエッチ経験してからは、タガが外れたようにこっちから仕掛けるようになったかもです。

でも私、根はけっこうな女の子なのでなんか、じゃない感があるんですよね……

がしかし、現に襲って乗って動いてるのは確かなので、今更カマトトぶってもしょうがないのかもとも思えるしで。

根本さんのブログにあった理想のセックスを小説風に書く、は文才なくて書けてないんですけど、よく読むエッチい漫画は、おぼこい素朴女子が野獣男子に攻められる系ばかりです(笑)

でも実際は反転してるんですよねーー
野獣は私です(泣)
子羊になりたいのに万年発情期の狼です!!

理想のエッチがはっきりしてるのに、現実は真逆なパターンのお話なんて、マニアック過ぎかもですが、いちおリクエストさせて頂きまーす。

それではご多忙だとは存じますが、お体ご自愛くださいませませー。
(Uさん)

まあ、逆パターンって案外つまんないもんっすよー!!とお知らせして今日のネタは終了したいと思います~♪

ヤタくんとのYoutubeコラボ、視聴してくださったんですねー。ありがとうございます~!不採用でごめんなさーい!!

さて、この話を真面目な心理学の話に持ってくのはいかがなものか?という思いもあるんですが、実は昨日、とっても似たような話をカウンセリングしまして、とりあえず「次にいたすときは“マグロになる宣言”をすること」という宿題を出しておきました。はい。

>ズバリ男性が、「抱きたい!」と思う女性てどんな感じでしょうか?

こういう質問ってよく頂くんですけど、たぶん、カウンセラーに聞くとすごくめんどくさい答えが返ってくると思うんですねー。

「それって人それぞれだからなあ。そのときの気分もあるしなあ。分かんないよね。」です。

取りつく島もねえ!という答えなんですけど、峰不二子ちゃんみたいなグラマラスかつセクシー系な女子を抱きたい!と思う男もいれば、清楚なお嬢様を抱きたい!と思う奴もいれば、おぼこい素朴女子といたしたい!と思う輩もいるので、ほんと一概には言えないんです。

女子も同じじゃね?みなさんに「どんな男を押し倒したいですか?」って質問したら、てんでバラバラな答えが返ってくると思うんですよ。

しかも、「なるほど、男が抱きたくなる女はこういう女か」と分かったところで、そういう自分を演じるのは“他人軸”になっちゃうので、あんまりうれしくないんですよね。

ということで、この手の質問は曖昧な答えになっちゃうんです。すいません。

ということで、本題。

>リードされて、ガンガンに攻めてほしいのに、気がついたら自分で乗って動いてる次第で。
>相手変わっても大体こんな感じなので、私の問題だと思います。

ええ、私の問題、と気付いたことは素晴らしいと思いますー。

でも、そういうプレイが好きなのは確かですよね??
「たまには攻められたい」と思うかもしれないけど、基本は、自分が攻めに回る方が好きなんじゃないの?と思うんですけど。

で、この手の話は意外かもしれないけれどけっこうカウンセリングで出てくる話で、話題も広がったり、深まったりするもんです。(長文予告!)

ベッド上の乱舞の問題だけじゃなく、例えば「いつも私は追いかけてばかり、たまには追いかけられたい!」という話もあれば、「連絡やデートもいつも私から!!誘われたいし、たまには向こうからラインしてほしい!」という話もあります。

相手の性質にもよるんですけど、年齢と共に男性は「受け身」になる人が多くなっていく事実もあります。そりゃあ、自分からギラギラ動き回る男子もいますが、意外と少数派。
特に仕事忙しい、仕事好き、仕事頑張ってる、とか、趣味が忙しい、とか、家庭がある、とかいう男子の場合は、恋愛への優先度は女子ほど高くないし、性欲も落ち着いてきて武闘派女子ほど高くないので、結果的に女子側がリードしなきゃいけないことが多くなります。

しかも、「彼にガンガン攻めてほしい」と思っていて、「俺、めちゃくちゃガンガン攻めるで」という人と念願かなってプレイ開始!となると、「なんやこいつ、独りよがりなだけやないか。自分がイったらそれで終わりかい!」と不満たらたらでシャワーを浴びることになったりします。

Uさんが求める、彼からガンガン求められてめちゃくちゃ気持ちよくさせてくれてトリップさせてくれるような、そんな精力満点の絶倫男ってのはなかなかいないもんですな。(でも、現実にはそういう男もちゃんと存在してますよ!)

この辺は「あたしより強い男と付き合いたい」という無理難題とちょっと似ております。

で、自分からガンガン攻めるのが好きで、気が付けば馬乗りスタイルになっているようなUさんは「結局、そういうのが好きなんだよね」というところがあったりします。

それがほんとに嫌で不満だったら「気が付けば~」なんてならないし、「いつも自分が襲ってる~」にもならないのです。

だから、「たまには受け身も味わってみたい」という味変希望は確かに受け付けますが、基本路線は自分が上になるのが主流だと思った方がよいっす。

「いつも追いかけてばかり」の女子も、「好きな男に追いかけられたい!」と望むものですが、追いかけるってのは追いかける側にきっかけが与えられてるわけで、自分が好みの男子がうまいこと追いかけてくれるってことよりも、全然好みじゃない男子に追いかけられてすっごいウザいんですけど・・・ということの方が圧倒的多数を占めるでしょう。

「いつも私がリードしてる」という女子も、「たまには彼にエスコートされたい!」と望むものですが、そんな彼が設定したデートコースはたいへん退屈極まりないものとなっておりまして、「はあ、こんなだったら自分が店を選ぶべきだった」と後悔しながらラーメンをすすることになりかねません。

なので、競馬の騎手になったら?と言われるくらい、乗馬が上手なUさんは、なんだかんだ言ってコレが好きなんだよなあ、と思っておいたほうが良いと思います。

で、なんでこういうお話がカウンセリングで多いか?というと、そりゃあ、うちのカウンセリングが「自立系武闘派女子専用」みたいになってるからです。

自立系ってことは、やっぱり自分が主導したいわけです。
なんなら主導権を握っておきたいわけです。

だから、自分が襲って、自分がリードして、自分が上に乗ってガンガン攻める、というのが「自立系」な方々の基本的マナーになるわけです(もちろん、外では武闘派なのに、ベッドの中では大人しくなっちゃう恥ずかしがり屋系女子もいますが)。

>でも私、根はけっこうな女の子なのでなんか、じゃない感があるんですよね……

というお気持ちもわからなくはないですけどー。そりゃあ、武闘派女子の中身はめちゃくちゃ女の子なんですけどー、いまさら純朴で清楚で素朴な女子には戻れないですよね?
けっこう女の子な部分もあるんですけど、好きなものはしょうがないってことです。

(要するに今日はずっと「だから諦めな」ということを言ってます。笑)

で、、、、ここから話はグッとマジメになるんですけど・・・。いい??

上に乗ってガンガン攻めるってのは全然いいことなので継続してほしいんですけど、それはそれとしてUさん、「受け取る」ってどう思う???

得意?
苦手?
よく分かんない?

彼からの愛を受け取る。
人の好意をありがたく受け取る。

この辺ってどう?

自立って「与える」ということが得意なのですが、反面、状況を自分でコントロールしておきたいって思いもあります。

主導権を握りたいのも、自分が彼との関係を優位に進めたい思いがあるからです。

いわば「攻め」重視の布陣を敷くわけです。

ところが、相手に攻めさせる、ということは、自分は「受け身」に回ることを意味します。
その恍惚的な喜びは想像できるものの、それって主導権を相手に渡すことになるんですよね。

それ、怖くね?
大丈夫?
ほんとにいいの?

そもそも自立してる人は「守り」に弱いことが多いもので、相手に主導権を握られるとたちまち弱い自分が出てきてヤバいことになるし、そうなることを怖れるものです。

だから、主導権を相手に渡して自分が依存的になっちゃうのを避けるためには、常に自分が上に乗ってる方が都合がよい、という見方もできるんです。

受身な私。
依存的な私。
弱い私。

こいつらが出てきちゃうのを防ぐには、自分からガンガン攻めることになるんです。
もちろん、それは「与える喜び」もあるんですけどね。

だから、そんな自立系の方々が「ガンガン攻められたい」「追いかけられたい」「求められたい」「誘われたい」という味変願望を満たすためには、「受け取る」ということがカギになるんです。

受け取る。
すなわち、女性性。
要するに、サレンダー。

そう、皆さんが「きゃー。やだー」と悲鳴をあげる「サレンダー」です。

なので、昨日のクライアントさんには「マグロになれ!」という宿題を出すことになるのです。

「今日はあなたに全部お任せするわ(はあと)」ってことです。

で、言い換えると(というか、ちゃんとした言葉を使うと)、この試みは「私を(誰かに)愛させてあげる」ということになります。

自立系な皆さん、今、実際声に出して呟いてみてください。

「私を愛させてあげる」

棒読みになってませんか?
え?何それ、日本語?ってパニくってませんか?

自立系で与えることが得意な人が受け取り上手になるための秘訣のひとつが「愛させてあげる」という、「受け取る」と「与える」が混じった表現を使うことです。

愛させてあげる。
求めさせてあげる。
追いかけさせてあげる。
誘わせてあげる。
攻めさせてあげる。

・・・なんか上から目線じゃね?と思われるかもしれませんが、、、、そもそも、、、、おまいら、、、し、失礼、、、、みなさんは、、、、コントロールして、競争して、上に立とうと、、、してきませんでしたか???

これらは「受け取ることと与えることはイコール」というれっきとした意味付けがある言葉たちです。

「愛されたい」とか「愛される」ってのは受け身で他人軸になりやすいのはもうお分かりですよね?だから、それが必ずしも「受け取っている」かどうかは分かりません。

けれど「愛させてあげる」というのは「与える」意識ですし、主体的な行動としての表現です。
だから、与え上手な自立系な方々にとってはきっとやりやすいはず。

だから、上から目線なのではなく、そして、女性性を解放し、なんなら色気まで振りまいちゃうには、この意識はすごく役立つんです。

具体的にどうしたら?なんて考えなくてもいいので、ひたすら「私を愛させてあげる」とか「私を愛させてあげよう」という風にぶつぶつつぶやいといてください。
何かしら心の奥で動くものがあるかと思います。

で、最後にもう一つだけ。
主導権を握るために競争して相手や状況をコントロールするのが自立なんですが、先ほど「守りに弱い」と言ったように、弱い自分や依存的な自分をすごく嫌っている部分があります。

だから、そんな弱い自分を愛してあげよう、依存的な自分を許してあげよう、というのが普遍的なテーマになります。

どう愛するの?と言えば、自己肯定感的に、弱い自分が出てきたときに「そういう自分もいるよねー。」と肯定し続けることがお勧めです。

ということで、Uさん。「ああ、結局あたしは自分が上に乗ってガンガン動くのが好きだし、自分から襲うのが好みだし」ということを受け入れましょう。

それと同時に「愛させてあげる」という意識でプレイに望んでみると、また違う世界が開けてますます発情期が加速しちゃうかもしれませんが、それはそれで幸せですよね。

で、今日の後半の話にピンと来るところがあれば、カウンセリングでも受けて、その弱い自分を許す、とか、依存的な自分を愛する、みたいなテーマに挑んでみるのが良いかと思いますー。(そういうのを自立系な人は「一人で」やろうとしますが、そういうときこそ「誰かと」やることがオス勧めでーす!)

★自立系なみなさまにお勧めのセミナー動画

心理学講座『自立を手放して相互依存のステージへ~「ひとりで生きる」からの脱却~』
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/33661

心理学講座「なぜ、いつも勝ち負けにこだわってしまうの?人と比べてしまうの?~比較と競争の罠~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/30385


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい