年齢による容姿の衰えが気になるので美容整形を受けようと思うのですが・・・。



美容整形を受けることが良いか悪いか?という点について考えるよりも、どんな思いで(つまり前向きな気持ちなのか?否定的な気持ちなのか?)受けるかどうかの方が重要だと思っている私です。
でも、なぜ、容姿の衰えを肯定することが難しいのでしょうか?

根本先生こんにちはー!
いつもブログや本、voicyで楽しくお世話になっています。

自分なりにコツコツと3年程いい女プロジェクトを進めてきました。
その効果はいろいろな所に出てきまして、

・人生に目標ができた
・毎朝起きるのが楽しい
・貯金がぐーんと増えた
・突発的な出来事にも以前とは比べ物にならにくらい対応できる
・意地悪なお姑さんにビクビクしなくなった
・人間関係の苦痛が激減
・旦那さんの仕事が超順調
・旦那さんいつもご機嫌
・ラスボスの母親を愛せるようになった
・兄がめちゃくちゃ男らしくなった
・大好きだったロックマンに振り回されていたのがすっかり過去

などなど、箇条書きにしながら自分でも変化に驚いています。
先生のブログに出会えなかったら今の自分はなかったと思います。
本当にありがとうございます。

そんな私ですが、今日は唯一自分を肯定してあげられないことについて相談させてください。
それは、年齢を重ねてできた顔のコンプレックスについてです。
率直にシワやたるみなんですが、ここに自己肯定感を持ってあげられません。

鏡を見ても
「私、かわいい」より
「もっとかわいくしてあげるね」という言葉をかけてしまいます。

本気で美容整形を考えています。
先生の著書などでも、行動がどうかより、その行動がどういった心の状態で行っているかのほうが大事ということが頭にあり、今の私の行動は「愛」より「恐れ」のように感じています。

けれど、きれいになってもっといろんな人たちと活き活きとシワなんて気にせずに関わっていきたいという欲がすごくあります。
旦那さんは「シワなんか気にならないし、あっても可愛い」と言ってくれますが、どうしても自分が自分にその言葉をかけてあげられません。
同性の目も気になります。

ほんとはどんな私でも人は受け入れてくれる、と思えるようになりたいのですが。
容姿の衰えと自己肯定感。
まだここのつながりを持てていません。
あと、男は笑い話にできても女にはきつい、という思い込みもあります。

ほんとに自己肯定感の高い女性であれば同じ出来事でもどうとらえるのだろうと知りたいです。
百戦錬磨の先生から御指南いただけると大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。
(Mさん)

見た目のコンプレックスって女性は特に強く感じやすいものだと思いますし、むしろ、「シワやたるみが気になってきた」という意識を持つのもまた女性らしさだと思うのですよね。

いつまでもきれいでいたい。
いつまでも女でいたい。

という思いの表れだと思いますので。

しかし、それにしても随分と変化されましたねー。素晴らしいです~♪
ぜひとも、その効果を町内放送か地域FMあたりで流してもらえると嬉しっす(笑)
それだけの変化が起きたこともまた、自分を思い切りほめてあげられる理由になりますよねー。
いや、それにしても素晴らしいです~♪ほんと。すごいっす。

さて、自己肯定感がめちゃくちゃ高い女性がシワを気にし始めたら、どういう風に捉えるんでしょうか?

「そんなあたしもかわいいわ~♪」と思うのでしょうか?
「あら、シワができたから、美容整形しちゃおう♪」と思うんでしょうか?

たぶん、どっちもアリだと思うのですよね。(ええ、相変わらずテキトーな回答ですいません(笑))

で、美容整形をしてもしなくてもどっちでもいいと思います。

「自己肯定感が高い」て状態は、「今の私は素晴らしいのよー」と思える状態ですし、また、自分の価値を十分に認めて自信がある状態です。

だから、シワが気になったときもそれを受け入れることができます。
そして、そのシワをどうするのか?も主体的に(自分軸で)決めていきます。

それはもう自分自身の価値観ですね。

それに美容整形をしてもしなくても、自分の価値には影響ないことを知っていますので、あとは趣味や気分みたいなものだと思います。

美容整形することでもっときれいになっちゃうわ~♪というのもアリですし、美容整形しなくてもあたしが魅力的なことに変わりないし~♪と思うのもアリってのは、そこから来ます。

私も時々「美容整形したんですけどー」という話を伺います。

Mさんが書いてくださった「行動がどうかより、その行動がどういった心の状態で行っているかのほうが大事」という話とつながるのですが、もし、Mさんが「シワのある自分はダメだ!愛されない!魅力的じゃねえ!」と否定的に捉えて美容整形をするとするでしょう?
そして、見事、シワが消えたとします。

「ああ、よかったー。ホッとしたー。」と思うはずです。
それでめでたしめでたし、となればいいのですが、「否定的に捉えた自分」というがしばらくたつと顔をのぞかせます。

「美容整形してシワを消したことがバレたらどうしよう?」と不安になったり、
「きれいって言われても、それは美容整形したからだし、ほんとうの私はシワがあってきれいじゃないんだけど・・・」と素直に受け取れなかったり。

こういうお話ってよく耳にします。
顔を整形された方だけでなく、胸を大きくしたり、脂肪吸引をされたりした方からも。

「美容整形をするかどうかよりも、どういう思いから美容整形をするかが大事」という話です。

また、コンプレックスから解消されて「これであたしは生まれ変わった!きれいって言われてめっちゃうれしい!そうなのよ!これが本当の私なのよ!じゃじゃじゃじゃーーん!!」と胸を張ってる女性も多いです。

それは「美容整形」という手段を肯定的に捉えているからこそ生まれるものですね。
先ほど紹介したように、整形後に不安になったり、人からの評価を素直に受け取れなかったりする人は、もしかすると「美容整形」を「ほんとはしちゃいけないこと」と捉えているのかもしれません。

美容整形をメイクやファッションと同じように捉えているなら、たぶん、ポジティブな効果が得られると思います。

つまり、Mさんにとっては美容整形をするかどうかってのは、

1.シワやたるみを否定的に捉えすぎていませんか?それが自分の価値を落としているように思っていませんか?

2.美容整形をいいものと思っていますか?それともよくないものと思っていますか?

という2つのポイントにかかってくると思います。

この記事を読んでくださる方の中にも「容姿の衰え」についてはかなり繊細に意識されている方も少なくないかと思います。

頭頂部が徐々にハゲつつあってますます帽子が必須アイテムになっている私が言うと全く説得力がない上に、かつ、そうした女性の思いについては理解しきれないことを前提にお話を聞いていただけたらと思うのですが、「衰え」ってダメなんですかね?
「熟す」という表現もあり、フルーツであれば食べごろを意味する場合もあります。

つまり「衰え」という自然現象をどうとらえるのか?という話でして、それは果たして「ネガティブなことなのか?それとも誇るべきことなのか?」という視点もあります。

日本人は敬語があるので年齢をより気にする民族ですけれど、いつしか「若い方が価値がある」という風潮に染まってしまっています。
お肌もぴちぴちでシワ一つないのが良いとされてるのかもしれません。

しかし、年と共に醸し出されるその人の魅力、というのもやはりあって、それは若さではごまかせない、その人そのものの魅力が現れてくるものです。

そこに価値を見出してもいいのかな、という風に私は思うのです。

だから、私はよくそうした容姿のコンプレックスと真正面から向き合うセッションなんかをしたりします。
胸が小さい、毛深い、足にあざがある、細すぎてあばらが浮き出ている、お腹が出ている、目が小さい、鼻が低い、唇が薄い、顔のバランスが良くない、、、ほんといろいろな相談をいただいてきました。

ま、私は「容姿コンプレックス」「年齢コンプレックス」の裏に隠されている本当の問題に目を向けようとします。

なぜ、シワがあることで自分を魅力的でないと感じてしまうのだろう?
なぜ、シワが目立つようになると自分が女でなくなったように思ってしまうんだろう?
なぜ、シワやたるみなどの衰えだけは自己肯定できないのだろう?
その容姿コンプレックスがあることで、見なくても済んでいる問題はないだろうか?

そんな視点から「シワがあってもあたしは魅力的なんだ」とか「シワがあっても私の価値は全然変わらないのだ」という意識が持てるようになると、Mさんも怖れや不安はなくなっていくと思います。

その上で真っ赤なワンピースを身にまとうように美容整形を受けるのであれば、きっとそれはさらに自己肯定感をあげる結果になると思います。

こうした容姿のコンプレックスってのは目に見えるものですし、それだけに思い込みも強くなりやすいので、なかなか困難な気がするのですが、これを機にじっくりとその裏側にある心理と向き合ってみてはいかがでしょうか?

もし、Mさんが貯まった貯金をぶち込んで美容整形を受けることにしても「ああ、これでますますきれいになっちゃう~♪男どもがまたわんさか寄ってきたらどうしよ~♪きゃー」などと思えるようになったらいいですよねー。

★貯まったお金を使いたいならこんなセミナーもおすすめっす!自分の人生を考えるいいきっかけになると思うのでー。

東京/オンライン:8/23(日)13:00-17:00「ライフワークをデザインするワークショップ~こんなご時世だからこそ、「自分らしい生き方」改めて見つめ直してみませんか?」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/35908


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
年齢による容姿の衰えとどう向き合ったら良いのだろう?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール
音声・動画配信サービス
セミナーDVD

あわせて読みたい