「コロナ時代における円満なパートナーシップを構築する秘訣」講演会2連発!



8/12は京都で、本日8/14は自宅にて、オンラインの講演会をしていました。
主催者は別なのですが、たまたまテーマが似ていて、どちらも「コロナ禍におけるパートナーシップ」でした。

この3,4月以降、夫婦関係のあり方がだいぶ変わってきて、いわゆるコロナ離婚には至ってなくても、「今までうまく行っていたと思っていたのに!」と思われる問題があちこちで浮上してきているようです。

在宅勤務が増えることでの夫婦間の距離が縮まり、今までは見過ごせていたことが見過ごせなくなったり、
コロナちゃんに対する夫婦での意識の違いが浮き彫りになってギクシャクしていたり、
ライフスタイルの大きな変化や先の見えない状況で不安や怖れが強くなり、そのストレスからアルコール依存、コロナ太り、そして、DVや虐待という問題に発展していたり。

この状況下でうまく関係性を発展させている人もいますが、それまで「固定的な距離感」で関係を保ってきた夫婦にとっては危機を迎えられているところも多いような気がします。
そして、その状況はこれからますます増えると思われるので、夫婦間のあり方とか、コミュニケーションなどについて語らせていただきました。

12日の京都は能政くんというプロが相棒だったので、心地よく話をさせていただきました。
14日の講演は90分、ひたすらしゃべり倒して終わる、いつものスタイルで話をしていました。

最近は同様のテーマでの取材も各方面から頂いており、まさに今、大切なテーマなんだなあ・・・としみじみしています。

今回は2本ともパートナーシップでも夫婦関係にフォーカスを当てたものでしたが、婚活や恋愛においてもやはり大きな変化が生まれているので、また機会がありましたらお話していきたいと思います。

こうしたチャンスをいただけたこと、大いに感謝しています。
ありがとうございましたー!!

あわせて読みたい