聞いてもないのに自分の話ばかりする男性の心理とは?私に興味があるんでしょうか?



男性に限らず自立している人は「自分のすごさをアピールすること」で、相手を惚れさせたり、尊敬させたりしようとするものですし、また、ハイスペックな男性ほど実は孤独感、自信のなさを抱えているので承認欲求が強く、自分の話ばかりをしてしまうことが多いものです。

以前、「エネルギーが強い人ほど、そのエネルギーを否定してしまう」 のHです。
3年ぶりに根本さんへネタ提供です。
お相手は、このコロナ渦の影響で職場(飲食・接客業)が異動になり、そこで出会った13歳年上の方(常連さん)です。
出会う相手が以前と比べて確実に変わりました。
自分に相応しい相手をリストアップしたのが変化の始まりだったのではと思ってます。
ブログ読んでるだけなのにすごいですよね。
ざっと言うとこんな感じです、、
・高学歴
・経営者(彼は共同経営者)
・法律関係とか難しそうな職種
・自立しててバリバリ仕事してる人
・それなりの年収らしい

一言でまとめると超高スペック。笑

今までダメンズばかりを選んできた私からすれば天と地の差。
一時期はダメンズ製造機にまで進化を遂げた私からすれば凄い話です。
自己肯定感upはすごい。

そんな彼は、40歳バツイチ(子なし)。
元奥様とは円満離婚で、彼自身が奥様をモンスター(超我儘)にさせてしまったのと奥様も情熱的に誰かをもう一度想いたいと互いの意思で別れたと食事に行った時に言ってました。
この「モンスター」にしちゃったの一言が私の「ダメンズ製造機だった過去」と似てるなと思ったのと、共感できる話題が多かったのも印象的で共通点がないわけではないのかなと思いました。
そんな彼、私から見ると穏やかな印象なのに社交的でスマート。
なのに平凡そうな雰囲気のある人で、人柄が良さそうに見えます。
私と初めてあった時は笑顔で嬉しそうにしてくれました。(職場の人曰く、女好きだという情報あり。なので優しくしてくれただけかもしれませんが、どちらかというと表情に出やすいだけの人のようにも見えます。)

そこで根本さんに一つ質問なのですが、、
そんな彼と一緒に食事をした2時間半のうち、彼は8、9割自分の過去の話をしてたのです。私の話を聞くこともせず。
最初から「自分は~」とか聞いてもないことをよく話す傾向もありました。
この男性心理ってなんなんでしょうか?
私への興味はあるんでしょうか?
(Hさん)

たとえば、「どうしたら男の人にモテるんですかー?」とか「なかなかお客さんの指名がつかないんですけどどうしたらいいですかー?」などのご質問をいただくとき、とりあえず、

「聞き上手になったらええよ。ニコニコ聞いといたらよろしいで」

と軽く答えることにしている私です。

意外に思われる方もいらっしゃるでしょうけど、男の人ってほとんど自分に自信がないんです。
しかも、エリートと呼ばれてる人ほど自信がないんです。

仕事もバリバリできて、スマートなふるまいをして、周りの人からすごく慕われているように見える人も、あまり自信がない人が多いものです。

だから、そういう人は「承認欲求」がとても強いのです。

それでよく男の人は「自慢話」をするんです。

そもそも自立系な人は競争心が旺盛で、どっちが上だの、どっちの勝ちだのにこだわります。
だから、ここで言う「男の人」というのは案外現代にはそぐわなくて、女性でも自立的な人は同じ傾向を示すものです。

「私、すごいんだぞ」という話をするんです。
「俺、すごいだろ?」という話をするんです。

そして、それは時に「ほめてもらいたい!すごいと思われたい!尊敬されたい!」という思いから出てきますし、また、ある時は「同乗してほしい!悪くないと言ってほしい!味方になってほしい!」という思いから出てきます。

自立してるってことは、孤独ってことです。寂しいんです。要するに。

だから、自分の話をいっぱいして、すごーい!って言ってもらって、にこにこ聞いてもらって、そうするとご機嫌になります。そして、「この子はええ子や」と思うようになります。

「孤独」「自信がない」「承認欲求が強い」という3点セットがついたエリートな男性は、相手の話を聴くほどの余裕が意外なほどありません。

仕事モードでは相手の話を聴けるけれど、プライベートでは自分の話ばかりするって人もいます。

また、そもそも話の聞き方をよく知らないこともあります。(誰も教えてくれないですしね)

なので、話を聴いてくれる人は大好きで、話を聴いてくれる人を見つけると、「ずいぶんと自分のことばかりしゃべっちゃったなあ」なんてことになるわけですね。

さて、「信頼してもらうには話をすることよりも聴くこと」ってのを私は推奨しているわけですが、一般的には「自分のことをよく知ってもらった方が信頼されやすい」という考えの方も多く、それゆえ「相手が聞く体制になっていないにも関わらず、一方的に自分の話をする」という方も多いものです。

「俺ってこんなにすごいんだぜ!だから俺と付き合わねーか?」という自己アピールなわけですね。

恋愛や人間関係って「感情」が作り出すもので、だから、気持ちのつながりがすごく大事なのですが、自立系な方は思考が勝っているために、つながりを作る前に、自分のことを盛大にアピールして、そのスペックにより相手を口説こうとする場合も少なくないわけです。

俺ってこんな仕事してるんだぜ!
俺ってこんな会社に勤めてるんだぜ!
俺ってこんなすごい武勇伝があるんだぜ!

そんな風に自分の凄さをアピールして、それに惚れてもらおうとするわけです。

もちろん、名うての武闘派女子にとってそれは退屈極まりない話なので、話す相手を間違えると「で、何?」とつれなくされたり、それ以上の武勇伝を披露されて心が折れてしまういたいけな男子も少なくないわけですな(笑)

でも、案外、そうして自分の話ばかりしてくる男性はコミュニケーション能力が女性に比べるとかなり低いことがうかがえる純粋なボーイと言えるので、その彼を狙っている女子にとってはちょろいもんだと思います。

むしろ、上記スペックを持ちながらあなたの話を聴いてくれる男子は97%以上の確率でプレイボーイなので、うかつに惚れてしまわないようにしないといけません。

因みに、まれにですけれどトーク力がめちゃくちゃ高く、自分の武勇伝や仕事のことを面白おかしく話してくれる方がいて(芸人気質!?)、そうすると「この人ってすごく楽しい人」って思っちゃうものです。

ただ、そういう人はけっこうな確率で話を盛るので(面白くするための演出はして当然と思っているし、笑いが取れたらなんでもよい、という考え方をしている)、中身をそのまま信じちゃいけませんし、以前と話の内容が異なってもツッコんではいけません。

でも、あんまりいないですよねー、そういう人。
どっちかというと「俺のこと、分かってくれー。認めてくれー。すごいと言ってくれー」という方が多いと思いますので、武闘派な皆さんとしては退屈なあまり、話を聴いてる最中に寝ちゃわないようにご注意ください。

さて、それで一番肝心の

>私への興味はあるんでしょうか?

という話ですけれど、なかなかこの辺が難しいところでして、とりあえず、その彼は自分のことを知ってほしいし、受け入れてほしいし、自分の過去を話してすごいと思ってほしいだけかもしれません。

けれど、興味がないわけではないですから、その辺はちょいと時間をかけて様子をうかがった方がいいかもしれませんね。

男性の中には目の前の女性を口説くために必死に自分の話をして自分の凄さをアピールするケースも少なくないので(それは、求愛のために孔雀が大きく羽を広げるのに似ている)、そういうケースも想定しておけばよいと思います。

でも、もしHさんが彼のことを気に入っているのであれば、それを伝えるのもいいと思いますよ。

さて、

>出会う相手が以前と比べて確実に変わりました。
>自分に相応しい相手をリストアップしたのが変化の始まりだったのではと思ってます。
>ブログ読んでるだけなのにすごいですよね。

最後の一文は若干営業妨害っぽいニュアンスが含まれるので削除しちまおうかと思ったんですけど(笑)、でも、素晴らしいですねー。

自己肯定感があがると出会う人が変わるぜ!ってことあるごとにお話ししているのですが、まさにそんな体験をシェアしてくださってありがたいですー。

ぜひ、男を求めてる皆様も「自分にふさわしい相手ってどんな奴なんだ?」という意識でぜいたくなリストを作成してみるといいと思います。

それだけで自分の意識が変わるんですよねー。


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
自分の話ばかりする男性の心理
 

★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
https://youtu.be/1D9y3XQ4pjU
 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール
音声・動画配信サービス
セミナーDVD

あわせて読みたい