自分で自分を傷つける行為がやめられない裏にある「助けを求める声」に耳を傾けてみる。



自傷行為って表面的なものだけじゃなく、内面的には壮絶なものがあると思うんです。
つまり、強烈な自己否定、自己嫌悪ね。
でも、そうせざるを得ない理由もちゃんとあるんです。
それは助けを求められない私が見つけ出した唯一の方法、なのかもしれません。

根本さんはじめまして。
野良猫男子との不倫の末、ズタボロになって根本さんにたどり着き、助けていただいたアラフォー主婦です。まだセミナーには参加したことはありませんが、書籍は1冊購入させていただきました。これでも熱烈な根本ファンです。(笑)

わたしは自傷の癖があります。唇や口の中を血が出るほど噛んでしまう、逆剥けをむいてしまう、といった癖です。男に会う前は恥ずかしいので我慢して傷を治し、その後はまたやってしまう、、といった悪循環です。皮がボロボロになった自分を汚く、恥ずかしく思っています。
因みにオナニーの際は、嫌なのに好きな男と別の女がしているところを想像しますし、わざわざ思い出したくないショックな出来事を思い出し、懐かしみ嫉妬する変態です。
ちなみに、旦那とはセックスレス(わたしが拒否)による離婚問題が勃発しましたが、今は友達のような関係で落ち着いています。旦那には汚いと思う自分をさらけ出していますし、わざと悪態をついてしまいます。
多分わたしも親密感を恐れる野良猫です。仲良くなっても、時が経つとこちらが嫌になって関係を絶ってしまうこと(そんな出来事が起こる)が多いです。そのことに罪悪感があります。
母親の言う事が正しいと思い、その通りに生きてきたところがありましたが、最近はこんな年ながら反抗期です。(笑)
お陰様で大分自己肯定感が上がり、生きやすくなってきた感じはしますし、自分を綺麗だなーって思いますし、そこそこモテます。しかし、自分を傷つける癖が治りません。治したいのですが、これは自己肯定感が関係しているのでしょうか?
PS ここまで書いてきて、わたしって随分自分のことが分かるようになってきたなーって思いました。(笑)数年前は自分が無いことにあんなに悩んでいたのに!
(Yさん)

まあ、ドMってことなんですかねえ・・・。
やはりベッドの上でも緊縛プレイとかお好みですか???(笑)

その自分を傷つけてしまう癖っていつ頃からあるのでしょうか?
昔から?
結婚してから?
ここ何年か?

自傷といっても様々なものがあって、有名なのはリストカットなどですが、Yさんのように「ささむけを剥く」とか「唇を血が出るまで噛む」という場合もありますし、夜中にポテチを大量に食べてしまう、とか、さらには、「幸せになれない男と付き合う」とか「傷つくような恋をする」ってのも立派な自傷行為ですよね。

さらには、自分のことをボロカス言うたり、責めたり、否定したりってのはおそらく大概の人がやってる“自傷行為”なんだろうと思います。
外側に見えるだけでなく、内面的なことについてもちゃんと認識が広がるといいですよね。

たぶん、旦那さんに見せてる「汚い私」というのが、母親に対してできなかったことなんだろうと思うんです。

「こんな私を愛してよ!これが私なのよ!!」という心の叫びなのかもしれません。

だから、ある意味、旦那さんが一番安心し、一番甘えられ、一番頼りにしている存在なんだろうと思うんですよね。ただ、男としては見れないけど(苦笑)

母親の言う通りに生きてきた“いい子”をしていると、どうしたって「汚い私」を裏に隠すようになりますね。
いわゆるアンダーグラウンドって奴です。
2日前にも出てきたテーマです。

「周りの人のために頑張りすぎると「自分」を見失ってしまう。」

※アンダーグラウンドについては過去記事も参照くださいませ(はあと)
ココロのアンダーグラウンド・シリーズ全3話

自分が自分に期待する~アンダーグラウンドの誕生とそれを手放す方法~

子どもの自傷行為(頭を壁にぶつける、自分の手を噛む、階段などからわざと落ちる等)もその一つですし、超優等生が万引きしてる、とか、いいとこの家の子が風俗で働いてる、みたいなのもそうした心理の表れかと思います。

もちろん、優秀な奥さんが不倫を繰り返す、という面もある意味、そんな部分があるんだろうと思います。

表で「良い人」をやっている分、「汚い私」を解放するためにアンダーグラウンドが必要になるんですね。

Yさんの自傷行為もそんなところがあるんじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか?

それから、Yさんみたいにオナニーにときに「嫌なのに好きな男と別の女がしているところを想像します」というお話は実はよく聞くんです。
他にも「嫌いな上司に抱かれるところを想像する」とか「好きな男の目の前で別の男に置かされる」とか、想像力豊かに「嫌なシーン」を思い浮かべるわけです。

それも自虐的な行為のひとつですよね。

また、Yさんはオナニー自体にネガティブなイメージを持っていたりしますか?
女性にとってのオナニーは「自己受容」の意味もあって、ものすごく大切なものなので強く推奨してるんですよー!(笑)

それと同時に、セックスに対してもネガティブな思いってあります?
レスの問題(私が拒否)の中に「セックス=悪」という観念があり、それで旦那さんとできなくなっちゃう人も多いんです。

お母さんが厳しい人、ちゃんとした人だったら、オナニーもセックスも「悪」になります。
だから、秘めたモノにしておかなきゃいけないし、自分が性欲を持つことにものすごい罪悪感を抱えたりもします。

だから、そうした性的なものはアンダーグラウンドで処理するしかなくなるんですね。

日本は長らく性に対してはタブーでしたから、こうした事例はほんとうにたくさんあります。

だから、Yさんにとっても自分自身のセクシャリティと向き合ってみるのもいいかもしれませんね。
それは「自分を愛すること」でもありますから。

○私にとっての最高のセックスとは?具体的に書き出してみましょう。

○自分を愛する、自分に優しくする、という意識で自分の体に触れる習慣を付けます。お風呂上りにクリームを塗るときとか、お風呂の中で体を洗うときとかに意識してみるとやりやすいかもしれません。

○シャワーのときに「汚い私」を洗い流すイメージをしてみるのも効果的です。

さて、やはりどうしたって「お母さん」の存在がクローズアップされてくるんですけど、今、絶賛反抗期!というのは素晴らしいことです。

ぜひ、お恨み帳なんぞをガンガン書きながら、その思いを解放していただければと思っております。

そして、お恨み帳で散々吐き出したら「感謝の手紙」を書いてみます。

いい子の私が書くのではなく、ありのままの私で書くのがポイントです。

だから、汚い言葉を使ってもいいし、でも、何だかんだ感謝してるんだぜ!という表現を持って見るといいと思うのです。

さて、話があっちこっち飛ぶんですけど(苦笑)、自傷行為の話に戻りましょう。

自己肯定感があがってきたり、反抗期を迎えられたりする点はとても素晴らしいことだと思います。

でも、だからって自傷行為がやめられないのは、それだけ深いところに「自己嫌悪」が眠っているからだと思うのです。

その自傷行為をしてしまう自分と向き合ってみましょう。

ちょっと想像してみてくださいね。

**

自分で自分をいじめてるシーンをスクリーンに映し出してると思ってください。
自分をいじめてる自分ってどんな表情をしていますか?
どんな目で、もう一人の自分を見ていますか?

その目は何を語っているのでしょう?

怒っているのでしょうか?
泣いているのでしょうか?
苦しそうなんでしょうか?
寂しそうでしょうか?

**

ただこれだけでいいです。(たぶん、このイメージワークはvoicyでやると思いますのでぜひ聞いてください。)

ただ、自分で自分をいじめている私を見つめるだけでいいです。

その自分をまた自分がいじめないように注意が必要ですけどね(日本語がややこしくてすいません(笑))

きっと、声にならない気持ちをその行為に映し出していると思うのです。

苦しみ、悲しみ、寂しさ、罪悪感、怒り、、、、。

それを表現しちゃいけないから(=お母さんの前で出せないから)、自傷行為という形を採るほかないんです。

肌がボロボロになるって分かっていてもやめられないのは、そこに声にならない、解放できない気持ちがあるからです。

だから、その声に耳を傾けてみるんです。

私は何と言っているのか?

もっと言えば、そこにある「助けを求める私」の声に耳を傾けてみるんです。

ということで、最後にYさん、実習です。良かったら皆さんもやってみてください。

実際に声に出して次の言葉を言ってみてください。

「もう、限界です。苦しいです。」

「だれか、わたしを、助けてください。」

「だれか、わたしを、許してください。」

「どうか、わたしを、愛してください。」

・・・簡単でしょ?(笑)

ということで、本に続く「お布施」をお待ちしています(笑)
セッションも良かったら受けてみてね~♪

今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!

「自分を責めてしまう自分。その奥にある本当の気持ちと向き合う。」
https://voicy.jp/channel/962/60592

★まずはこの本から読んでみるといいかもしれません。

「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)

★この本もとてもお勧めです。

『人のために頑張りすぎて疲れたときに読む本』(大和書房)

★そんな心の内側にある声を聴かせてください。お弟子さんたちのカウンセリングはこちら。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい