砂漠みたいな心の渇きを癒すのは「感謝」と「自己充足」に尽きる。



「自立の依存」問題についてご紹介しています。
心の渇きを「誰か」や「何か」に満たしてもらおうとすると、その「誰か」や「何か」に依存するようになってしまいます。
それを「自分で自分を満たす=自己充足」に切り替えることで、周りの人に対しては感謝が溢れ、その愛を受け取ることができるようになり、より満たされることになるのです。

先生、こんにちは。この数日のブログをとても興味深く拝読させていただいております。ありがとうございます。
やっぱり私も恋愛至上主義の女だったという確認もできて、常にヒリヒリとした焦燥感の中にいてこそ「あー私、今生きている」としみじみ思う女なんですね。
私がバズーカ砲をぶっばなしても、平然といつも通り私に接してくる彼を見て、あんたも成長したやんと思う一方で、もう本当に恋のジェットコースターではなくなったこともわかりました。
今仕事で彼と私の共同での事業説明会を開催すると120名以上の人が集まります。彼も私も人の目をひく、集める何かがあるみたいです。おかげさまでお互いにたくさんのファンがいます。
自分ごとの仕事の面、も彼から要求されていることも、主人から要求されていることも一応私自身はできているみたいです。ただ、私の中の暴れ馬がいうことを聞かない(笑)
この砂漠みたいな心の渇きは何なのでしょうね。自分自身の手綱を引くのに苦労しています
(Yさん)

彼、というのはビジネスパートナーだけの関係じゃないって理解でよろしいでしょうか。
ほんで、その恋もちょっと冷めてきて、めきめきと他の獲物を狩りたい意欲が湧き出て来てる、ということでしょうか。

ま、恋愛至上主義者ですからねえ。しょうがないですよねえ。

私のクライアントさんでも常に獲物を探し、襲っては食い逃げする生活をしている女子がいて、「そろそろ落ち着きたい。マジもう結婚とかしたい」とか言うので、「とりあえず、今は疲れてるからそう言うてるだけちゃう?」とか「ま、それはまだ無理ちゃう?」とか言っておきました。

「私の中の暴れ馬がいうことを聞かない」とか「この砂漠みたいな心の渇き」という詩的な表現については同志諸君の盛大なる賛同を得られる感覚だと思うのですが、なぜ、そんなに乾いているのでしょう?というのが率直な質問です。

あ、それを聞きたいんですよね?きっと(笑)

いくつか段階を踏んでお話ししたいと思うのですが、一つ目は「常にヒリヒリとした焦燥感」を感じていてこそ、私なのだ!という思い込み(=観念、アイデンティティ)があるんじゃね?という点です。

常にヒリヒリを求めるわけです。
ヒリヒリに快感を求めるわけです。

ドMってことですね。はい。

これはギャンブル、アルコール、ビジネスなどでよく出てきますが、当然ながら「恋」もまたその筆頭格に挙げられるでしょう。

つまり「ヒリヒリするような刺激」を常に求めていて、その刺激を感じているときに「これが私の人生だー!!!」と実感できるとするならば、やはり暴れ馬は常に暴れて頂かないとまずいのです。

だから、まずは「それが私なんだよね」という自己肯定感が先に必要でして、その上で、あたしはどんな恋をしたいんじゃ?というヴィジョンを描いていくことをよくお勧めしております。

例えば、私のクライアントさんにはバツ6を数えるツワモノもいらして、彼女はいつも「それが私の生き方なの。恋をして、別れて、泣いて、それでまた恋をして、本気になって、傷ついて。でも、そういう生き方しかできないの」という悟りを開いていらっしゃいました。
まあ、その悟りを得たのは4回の離婚経験が必要だったみたいですが。

でも、これってほんとに自己肯定感なんですよね。

「それが私」という。「こうありたい」と思うことはもちろん素晴らしいことなのだけど、まずは「今の自分にOK」を出すことが先なんです。

ちなみにそんなセミナーもやります。

★東京:8/25(日)、9/15(日)、9/28(土)自己肯定感をあげる3daysプログラム
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/31475

さて、ひとつめの宣伝を終えたところで次なる話題に移るわけですが、心理学では「依存」とか「自立」という言葉が出てくるのですが、さらにそれをややこしくすべく「自立の依存」という世界もあります。

自立の中にある依存、というほどの意味です。

ビジネスをバリバリやっていて、与え上手な方が持っている「依存」。

いつも人のために頑張ってる。あれやこれやと考えて動いている方の中にある「依存」。

典型的なのは「これだけ頑張ってるんだから、これはあんたがやってよ」とか「俺一人で頑張ってて、誰も助けてくれない」とか「こんだけやってるのに、全然評価されない」とか、そういう「自立」のあとに「依存」らしい不満が付いてくるような話です。

ま、これもまた誰の心の中にもあるものです。

その依存がアルコールやギャンブルに出る人もいます。
また、それが恋に出る人もいます。

仕事ではバリバリ自立しているのに、恋愛すると彼にべったり依存してしまうタイプ、がそれに当たります。

つまり、仕事面での自立を、恋愛面の依存でバランスを取っている、というわけです。

>自分ごとの仕事の面、も彼から要求されていることも、主人から要求されていることも一応私自身はできているみたいです。ただ、私の中の暴れ馬がいうことを聞かない(笑)
>この砂漠みたいな心の渇きは何なのでしょうね。

彼やご主人から「要求されていること」については、それに応えられているYさんがいます。
仕事でもだいぶ実績を出していらっしゃるようですから、紛うことなき「自立」でしょう。

しかし、暴れ馬がでてきたり、心が渇いている、ということは、満たされない私がいるわけです。

そして、それを「誰か満たして!ね!早く満たして!」と“依存”が出てくるので、その暴れ馬を制御しなきゃいけなくなるわけです。

言い換えれば、Yさんの中の依存心が暴れ馬となり、自立心が手綱を必死に引いて押さえている、という風にも言えるんです。

で、どうしてそうなるか?どうしたらいいのか?という話を2つご紹介したいと思います。

自立の依存の問題ですが、やっぱり「自立」なので、「受け取る」ということが抜け落ちやすい傾向にあります。

自分の成果を十分認められない=自己承認がまだ十分ではない、とも言えますし、周りの人(ご主人にしても、彼にしても、同僚、部下にしても)からの愛情や感謝の気持ちを受け取れない、という言い方もできます。

総じて一言で言ってしまえば「感謝が十分できていない」とも言えます。

自立の人は「与える」ことばかりにエネルギーを向けすぎて、「受け取る」ことを忘れがちなんですね。
それでいわば「供給過剰」な状態を作ってしまい、自分の手元に何も残らなくなってしまうわけです。

それが心が渇いた状態です。

「頑張ってるのに報われない」ような気がする場面がコレです。

とすると、より意識的に人や見えない存在に「感謝」を意識づけるのがお勧めです。

自分が誰によって活かされて生かされているのか、をきちんと見つめて感謝するのです。

そして、その感謝しやすい状況を創るのが2つ目のお話になります。

それが「自分で自分に与える」ということ。すなわち「自己充足」ということになります。

「誰かに」満たしてもらうのではなく、「自分で自分を」満たしてあげるのです。

自分が嬉しいこと、自分が笑顔になれること、自分が喜べること、それを自分自身にふんだんに与えてあげるわけです。

心の渇きを誰かに満たしてもらおうとすると、常に「満たしてくれる誰か」が必要になってしまいます。

そうすると、当然ながら渇きが強ければ強いほど、相手からの愛を「受け取る」のではなく、「奪う」ことになってしまいます。

砂漠を放浪して喉が渇きに渇いているならば、差し出されたペットボトルの水を“奪うように”飲み干してしまうでしょう。

「受け取っている」つもりが、実は「奪っている」ことはよくあることです。
その違いは「感謝」ができるか、できないか、の違いです。

「これくらいしてもらって当然」と思っているときは感謝がないときですよね。

で、自己充足ができるようになると、自分で自分を満たすことができているので、人からの愛情を素直に受け取ることができるようになります。

とってもおいしい料理を頂いていたり、ゆっくり温泉に浸かったりしているときに、「ああ、幸せだなあ。こんな思いができるのも、家族、仲間、そして、お客様たちのお陰だなあ。ありがたいなあ。」という思いが自然と出てくるように。

だから、Yさん。次のステップとして、より自分で自分を満たしてあげることに目を向けてみてはいかがでしょうか。

それは物理的な充足ではなく、心理的な充足。心の喜びに目を向けることです。

そうすることで、より周りの人たちの愛を受け取ることができるようになり、心は常に潤うようになるでしょう。

それはさらに自分を深く知ることになりますし、ライフワークをさらに充実させる一助になると思っております。

繰り返しになりますけど、これ、お勧めです。

★東京:8/25(日)、9/15(日)、9/28(土)自己肯定感をあげる3daysプログラム
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/31475

★自立系武闘派女子なカウンセラーによるカウンセリングとコーチング。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

 ☆東京:9/14(土)13:00-17:00 お弟子さんたちのカウンセリングを体験できる会
 >https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/31477

★動画付きでより深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,240円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい