脱稿。脱稿。脱稿!!



今年に入って書き進めていました通称「罪悪感本」。先週末が何となくの締め切りだったのですが、少し遅れての“納品”となりました。今、編集長にメールで原稿を送りまして脱稿と相成りました。

ずーっと書きたかったテーマの本で、いつかはこんな本が書きたいと切望していた内容で、起稿する前よりワクワクしていて、執筆中は予想以上のプレッシャーから見て見ぬふりをする時期を越え、その後も幾度となく押し寄せる産みの苦しみが起こり、それをひとつひとつクリアしながら、ここ沖縄の地で脱稿しました。

罪悪感が起こる仕組みから、その種類、そして、自分の許し方。方法論だけでなく、できるだけ典型的な事例をたくさん織り込んで、読みやすく、分かりやすく書いたつもりです。小説ではないのですが、事例が多い分、ドキュメンタリーとしてお読み頂けるものになったんじゃないかと思っています。もちろん、いつものように「読むだけで癒される」を地で行く書き方もできたかと思います。

この後は編集者(今回は編集長が担当してくださいます)の手によって美味しい料理へと昇華させてくださるはずで、その仕上がりを楽しみにしたいと思います。

とにもかくにも脱稿です。このあと脱力感と共に「もっと書けたんじゃないか?あの話を書いたらよかったんじゃないか?」などの思いも押し寄せてくるかもしれませんが、とにかく脱稿です。

ありがたいことに次の本の企画も決まっていて、明日からはその本の内容をデザインしていく段階に入るのですが、とりあえず今日はホッと一息ついて過ごしたいと思います。

順調ならば6月発売です。今回の本は各地で講演会をしようと思っています。
東京、大阪は発売日に合わせて。札幌は7/13、仙台は7/15でほぼ確定。名古屋は7/21あたりに企画したいと考えています。福岡、そして、沖縄にもまた行きたいと思っています。(もし、根本の講演会を企画運営してみたいという主催者さんがいらっしゃいましたら、こちらからどうぞお問い合わせください。今回の本に限らず日程さえ合えば喜んでお伺いさせていただく所存です。)

朝から籠っていたホテルのラウンジに、夜、再びやってきたのですが、とても静かで居心地がよく、このまま眠ってしまいたい気分です。

あ、そういえば洗濯物が溜まっていたな・・・コインランドリーに行かなきゃ(笑)

那覇のホテルのクラブラウンジより。
あわせて読みたい