自己肯定感をあげれば、「今のままで大丈夫」って自分を信じられるようになる。


ビジネスの話を最近よくお聞きするようになりました。
お金が絡む世界は昔からかなり研究されてきて、こうすべき、あれはいけない、こうすればうまく行く、というルールがとてもたくさん存在します。

そうすると自分をそのルールに当てはめて縛り付けてしまう人が続出します。
そのルールを「手段のひとつ」くらいに捉えて、自分に合うやり方にアレンジできる人はやはり成功しているようですが、そのルールが絶対と信じ込んで、そのルールに自分を合わせようとすると、途端にそれは束縛となり、窮屈になります。
とはいえ、そのやり方が自分にフィットする人もいて、その人は窮屈さを感じないまま、「言われた通りにやったらうまくいったよ!」と喜びの声を挙げるんです。

もちろん、これはビジネスに限ったことではなく、夫婦や恋愛、人間関係にも当てはまることですね。

私たちは「確実にうまく行く方法」が欲しいです。
彼の心を100%手に入れる方法。
夫が私だけを見てくれるやり方。
不倫相手が私を選んでくれる手段。
誰にも嫌われない方法。
自分を愛してくれる確実なやり方。

私も欲しいです(笑)

そして、そうしたテクニックもたくさんあります。

かつて、とても有名になった恋愛テクニック本がありました。
その本がヒットしている頃は、毎週のように
「この本ではこうしちゃいけないって書いてるから、そのようにしてるんです。いいですよね?」
「この本ではこう書いてあるのですが、そのようにしてみてもうまく行かないんです。どこがまちがっているんでしょうか?」
という相談を受けてました。

お陰でその本を読まなくても中身を理解してしまったほどです(笑)

「たしかにその方法はある条件のもとでは正しいと思いますよ。けれど、これ、あなたに合ってます?」
なんて話をよくしていました。

「そこで自分が間違ってるって思わない方がいいですよね?体質みたいなもので、他の人に効果あるサプリメントが自分には合わないってこともよくありますよね?」
などと諭してました。

自信がなかったり、不安だったりすると、私たちは100%を求めます。
そのやり方に依存し、他人軸になるのです。

しかし、自己肯定感が高く、自信のある人は地に足がついていて、余裕がありますよね?
そうすると、そのやり方を自分に合う形にアレンジできたり、使い分けができたりするんです。

「おぉ、このやり方は素晴らしい!でも、自分に合うかな?」と一旦停止して、自分とそのやり方を見比べてみる。
そして、「自分に合うようにこうアレンジしてみようか?」と工夫してみる。
もし、そこに自信が十分じゃなかったら自分のことをよく理解してくれている人に相談してみる。

そして、やってみる。

うまく行ったらいいけど、そうでなければ、やり方を変えてみる。
もっと自分にフィットするようにアレンジしてみる。

そして、またやってみる。

服を自分に合わせたり、料理の味を自分好みに仕上げたりするのと同じように、試行錯誤がやっぱり必要なことが多いと思います。

私もあれこれ方法を提案することが多いのですが、それをまんまやってうまく行く人もいますが、自分なりにアレンジしてうまく行ってる人の方が多いです。

「根本さんは○○って言ってたけど、それって難しいから、△△にしてみました。そしたら、うまく行きましたー!」

そんな報告を聴くと頼もしく感じますし、嬉しいです。

そのためにはやっぱり自己肯定感が大事だと思うんですよね。
まあ、結局その話をいつもしてしまうんですが。

自己肯定感って、完璧になることでもないし、ダメなところを見つけることでもないです。
できることとできないこと。
好きなことと好きじゃないこと。
得意なことと苦手なこと。
ワクワクすることとしないこと。
やりたいこととやりたくないこと。
長所と短所。

そんな自分にそのままOKを出すことです。

苦手なことに突撃したって、モチベーションがなければ跳ね返されますよね?
そこで「○○しなきゃ」って頭で考えたって、心がワクワクしてなきゃ付いてこないんです。

ある人はコーチ/コンサルとして売り出そうとブログを書こうとしてました。
でも、彼はブログを書くことがものすごく苦手。
全然、書けないんです。
そんな自分はコーチで成功することなんて無理だ!とまで思うようになりました。

けれど、コーチとして活動するからブログを書かなきゃいけないってことはないですよね?
そこで彼は「自分に合うやり方」を模索しました。

彼は私と違って商品開発は得意。
また、計画通りに実践することも得意。
元々営業職だからモノを売るのは好きなこと。

だから、彼は自分で商品を開発して、それを売ることにしました。
そしたら、あっさり成功してしまったんです。

※このエピソードはこの本で紹介しました。

「つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法」(あさ出版)

ある奥様は旦那さんとの離婚危機&セックスレスを解消するためにセッションを受けに通ってくれました。
彼女はコミュニケーションがイマイチ苦手。
だから、旦那さんと話し合いをしても、いつも言いくるめられてしまいますし、言いたいことがなかなか言えません。
また、性的なことに恥ずかしさがあったので、自分から誘うのも苦手。
いつも待ちの姿勢でした。

でも、セックスは嫌いではないし、もちろん、旦那さんのことも大好きでした。
だから、旦那さんに毎日小さいメモに感謝の言葉をしたためるようにして、それをそっとお弁当に忍ばせました。
また、寝室の雰囲気を大人な雰囲気に変えていきました。カーテンを変えたり、ベッドのシーツを変えたり、照明を工夫したり。
そういうことは大好きだったのでどんどんアイデアが出てきました。

そして、大人っぽい下着を意図的に付けたり、旦那さんが帰ってきたときもメイクをしていたり、ラブグッズを買って積極的にオナニーをしたりして、大人の色気を醸し出していきました。

そしたら、離婚話は自然消滅し、旦那さんから突然押し倒されることをきっかけに問題は消滅していきました。

ある女性は婚活をしていました。
ネットでいろいろやったけど、そのシステムは自分に合わないのでいつも疲れてしまっていました。
街コンにも行ってみたけど、うまく行かず、そもそも初対面の人とすぐに打ち解けるのは苦手なタイプでした。

けれど、SNSやメールのやり取りは好きだったので、タイプの男性と知り合うことができれば何とかなると、話を聴いていた私は思いました。

それで友達に何とか紹介してもらえないか頼んでみたり、職場の人たちに「誰かいい人いない?」って聞いて回っていました。

そしたら、通っていたヨガの仲間たちが何人かの男性を紹介してくれました。
その中の一人と気が合ったのでLINEのやり取りを続けていたら、突然、プロポーズ(笑)

・・・。

他にもいろんなケースがありますが、自分に合うやり方を見つけて、それを工夫していくと、うまく行くものなんです。

でも、その前提に「今の私ではダメだ。不十分だ。うまくいかないんだ」という思い込みがあると、その自分らしいやり方を阻害してしまいますね。

だから、「今の私のままでうまく行くんだぞ!」ということをちゃんと自覚してほしいな、と思います。

恋愛セミナーでよくお伝えするんですけど、多くの女子たちはデフォルトでずいぶん頑張ってるんです。
メイク、ファッション、香り、所作、どれもハイレベルです。
だから、「何かを足さなきゃ」というよりも、引き算した方がうまくいくんじゃね?と思うほどなんですよね。

男性も女性もビジネスに関しては、それなりの資産を持っている人も多いのです。
資産=お金、とは限りません。経験や人脈などもそうです。
何よりも「個性」という武器を全員が持っています。

だから、それを工夫することで成功する確率はとっても高くなると思うのです。

工夫するのが苦手な人はいろんな事例を見つけたり、自分と似た人で成功した人を探してみたり、いっそのこと誰かに相談してみたりすることで解決できます。

それくらい自分を信じてあげていいと思うんですよね、ほんとうに。
「今のままで大丈夫。やり方を工夫すればいいのだ。」と。

そんな自己肯定感のライフワークのセミナー in 福岡。

福岡:10/27(土)『自己肯定感をあげて自分らしく生きるためのあり方・やり方ワークショップ』

自己肯定感をあげる本。

「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)

そして、そんな生き方を実体験する2日間!!

沖縄:11/10,11 沖縄リトリートセミナー
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/26008


あなたにオススメ