東京/オンライン:6/22(水)19:30-21:00 スズキチサの心理学講座『お金と相思相愛になって、自由で豊かな人生を現実化しよう!』(1週間アーカイブ視聴可)



自ら変質者を名乗る(?)スズキチサが講師デビューです。
個性的な講師たちの中で、やっぱり彼女も変わっておりまして、ふだんのファッションも「カーテンを適当に千切って腰に巻いた奴」とか「どこからどうやって着たらそうなるのかよく分からないワンピースみたいなやつ」とかを好んでまして、まるでフランス人だな、などと思ってたりします。

そう、全然ふつうじゃないんです。

ま、それも彼女の生き方に現れていまして、札幌出身ながら突然東京に出てきて合宿みたいな生活を始めたとか、これまた変わったキャラの旦那さんをお持ちだとか、ネイリストをフリーでやってきたとか、叩けば埃も出るけどネタも出る人生を歩んでます。

そんなフリースタイルで生きる彼女のメッセージは、当然ながら「普通じゃないところから飛んでくる」ので、インスピレーションが掻き立てられます。

「あ、そうか。そんな考え方があるのか!」「え?それでいいの?でも、確かにそうでいいのか!」「なるほどー、そんな見方があったんだー」などと彼女に話を聴いてもらって目からウロコが落ちた人たちも少なくありません。

そんなけっこう紆余曲折ありありな人生であるがゆえにお金はけっこう問題だったようで(親の借金、自己破産もあるし)、ずっと悩まされてきたテーマだったようです。

そこから抜け出し、お金と仲良くなり、最近はおハイソなホテルを泊まり歩いていたり、イベントを企画したりして、なんか豊かさを振りまいている彼女。

たぶん、かつてお金に苦しんでいた頃の彼女が、今の彼女に会ったらびっくりするんじゃないでしょうか?

そうすると気になりますよね?

なんでそんな変わったの?
なんでお金周りがそんな良くなったの?
なんで豊かさを振りまいてるの?
なんでカーテンを腰に巻いてるの?

そんな疑問を彼女自身の体験と心理学的な見方からお話していただく講座が生まれました。

『お金と相思相愛になって、自由で豊かな人生を現実化しよう!』

これが彼女のデビュー戦でもありますが、全然そんな気配を見せずに飄々と講座をしてくれると思います。

講座のテーマ以外にも、彼女の自由な感性に触れて、インスピレーションを得ていただけたら幸いです。

詳細は彼女の記事からどうぞ!
東京/オンライン:6/22(水)19:30-21:00 スズキチサの心理学講座『お金と相思相愛になって、自由で豊かな人生を現実化しよう!』(1週間アーカイブ視聴可)

この日はまだまともな服を着ていたチサとのツーショット。

【日時】
日時:6月22日(水)19:30-21:00

【会場のご案内】
会場:ココロノオフィス神楽坂セミナールーム / オンライン(ZOOM)
住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-48 TOMOSビル6階
交通:東西線・神楽坂駅1番出口徒歩1分、大江戸線・牛込神楽坂駅A3出口徒歩5~7分、東京メトロ・飯田橋駅B3出口徒歩10~12分、JR総武線・飯田橋駅西口徒歩13~15分
地図:地図はこちら

【オンライン参加のご案内】
オンライン会議システムZoomにて配信いたします。

【アーカイブ配信のご案内】
講座の翌日以降となりますが、準備ができ次第、お申込みいただいた方全員にアーカイブのURLをお送りします。
講座終了後の1週間はアーカイブをご覧いただけます。

【料金】
受講料:3,300円
※講座の申し込み締め切りは6/21(火)18:00となっております。

※事前払い制です。Paypalの利用も可能です。
※お申込み頂くと(自動返信メール)がお手元に届きます。銀行振込をお選びの方はそのメール内に振込先の口座が記載されておりますので1週間以内にお振込みください。
※振込確認後、申込確定となります。
※振込手数料はご負担下さい。
※領収書は振込票にて代理ください。

※このセミナーは20歳以上の方を対象としております。
※このセミナーはスムーズな進行のためお子様連れでの参加はご遠慮頂いております。

【申し込み期日】
講座の前日18:00まで受付いたします。
オンライン受講をご希望の方はそれまでにお申し込み・ご入金をお願い致します。
この期日以降で会場受講をご希望される方は、それ以降はお問い合わせフォームよりお申し込みいただき、当日現金払いをお願いします。(飛び込み参加も可能です)

★キャンセル規定★
キャンセル料:セミナーの1週間前~3日前までのキャンセルは50%、2日前、前日は80%、当日は100%となります。
返金の際の振込手数料はご負担ください。

【お申し込みはこちらから。】

※東京スタッフに関するお知らせとお願い
難聴のスタッフがお手伝いさせていただくケースがあります。

あわせて読みたい