(ご感想)あれを愛だと思っていいんだ、と受け容れられるようになってから、自分の鍵が一つ外れたような気がします。



そう、あれが愛だったんだ!!という気付きは大きですよねー。次の展開がとても楽しみです!!

次回は東京で、2/9(日)、3/8(日)、4/12(日)に開催します。
「自己肯定感をあげる3daysプログラム」

根本先生、スタッフのみなさま、3ヶ月間ありがとうございました。

毎月の宿題は、頭の片隅を常に支配しながらも身体が動かず、毎回特に抵抗の強いものはギリギリになってしまいつつもなんとか当日までに取り組んでいたので良しとします(笑)
でも、抵抗の強い課題が自分にブレーキがかかる原因なんだな、と言うことを感じました。
特に3日目の課題はどれも気持ちのハードルが高く、三回の課題の中で特に講座間際まで持ち越していました。
「自分がこれまで与えた愛」についても、グループでもシェアしましたが、やればやるほど、これは本当に愛だったのか?ただのエゴじゃないの?そもそも相手にとっては迷惑だったのでは?
という思いが書くほどに湧いてきて、それを押して無理くり書き出してはみたのですが、そのときはそれきりになりました。

でも、最後の講座で「自分に最高のものをいつも与えるように意識する」ということがストンと落ちて、懇親会も終わった翌日のいい目覚めの中で思い返した時、
あの課題を書いていて自分のやったことを愛と思えなかったのは、自分が愛を与えていたということを自分が受け容れられてなかったからだったのかもしれない、と思いました!!

あれを愛だと思っていいんだ、と受け容れられるようになってから、自分の鍵が一つ外れたような気がします。
やっぱり3日間の今回のワークに参加して、本当によかったです!
また今回の仲間のみなさんと何かでお会いできる時が楽しみです!
ありがとうございました!!
(M.Mさん)

あわせて読みたい