真夏の鎌倉にてトリプルカウンセラーによるコラボセミナーで最高の夏を味わってきました!!




※皆さん、顔出しOKだったので今回はそのまま使わせていただきました。

毎年恒例になってきました「真夏の鎌倉トリプルカウンセラーによるコラボセミナー」。
今回も最高に晴天な夏の鎌倉が舞台です。

立花岳志さん大塚あやこさんは元夫婦で、元ビジネスパートナー。
この1年の間、激動の時代を過ごされたお二人と共に開催させていただいたのです。まさに「人生の岐路」にいらっしゃるお二人と共に、「人生の岐路に立った時、人はどう考え、どう行動したらいいのか?」というテーマにてお話あり、質問コーナーあり、お悩み相談あり、の盛り沢山な4時間でした。

鎌倉市民のお二人や、懇親会で訪れたPOSTの店長さん曰く「今日が今年一番の気候」とのことで、とっても幸せな1日を過ごすことができました。

お二人、そして、参加された皆さん、ありがとうございました。

朝、8時頃に定宿をチェックアウトし、鎌倉に向かいました。駅でスタッフの一人と合流し、一路、鎌倉へ。
昨年訪れた際に「ここなら住んでやってもいい」と豪語しておりましたが(笑)、今年は昨年以上に気持ちのよい気候で、再び「ここなら住んでやってもいいぞ」と上から目線で豪語することになりました。

鎌倉駅のコインロッカーに荷物を預け、江ノ電で由比ガ浜へ。
やはり江ノ電は先頭車両に乗るべきでしょう。こんな景色が見えるんですから。

で、由比ガ浜に降り立つとまっさきに感じたのが「涼しい。これくらいの暑さ、最高!気持ちいい!めっちゃいい!」でした。
東京より数度気温が低く、海風が通り抜ける鎌倉は(湿気はとても多いそうですが)とても気持ちがよく、「ああ、夏って本来こうだよね。こういうもんだよね」と思われます。

駅から徒歩数分で、今年もお世話になるブラッスリーゲントさん

開放感あふれるレストランはここにいるだけで気持ちがいい、鎌倉らしい場所です。

ちなみにここは宿泊施設も付いているので「ここならリトリートセミナーだってできるよな」と頭の中で計算を始めておりました。

ランチを頂きながら、立花さん、あやこさん、私、の順に「人生の岐路」についてそれぞれお話をさせていただきました。
そのランチはこんな感じ。

立花さんは男性らしく、この1年以上の激動の「人生の岐路」について、具体的に金額まで上げて赤裸々に語ってくださいまして、あやこさんはそれを感情・感覚の面から「自分の気持ちに嘘をつくことはできない」という話をしてくださいました。
立花さんの話はドキュメンタリーで、どんどん引き込まれますし、女性らしいあやこさんのお話は心の内面についての深い洞察を語って下さり、私にとっても学びの時間でした。

私はお二人の話を受けて「人生の岐路に立ったときに何をすればいいのか?」というのをクライアントさんや自分自身の例を挙げながらお話させていただきました。

その後は質疑応答、お悩み相談などを3人でお答えするスペシャルセッション。
例年はそれぞれ一人ずつデモセッションをしていましたが、3人一緒に応える機会というのは、なかなか面白いなあ、と思うのです。
また機会があれば、この形を踏襲した方が楽しんで頂けるんじゃないかと思いました。

ブラッスリーゲントさんさんから徒歩1,2分でこの景色。ヤバいですよね。
水着のお姉さんたちがふつうに闊歩していて心底「サングラスを持ってきて良かった(^^)」と思っていました。

こうした海水浴場にはめったに来ないので(1年前の鎌倉以来)、なんかとても新鮮でした。
沖縄に行けば海は行きますけれど、ほとんど誰もいない宿の近くのビーチや磯、あるいは、シュノーケリング目的の海岸、が多いんです。

懇親会の会場であるPOSTまではこんな海を眺めながら歩いて移動。
そして、3Fからは夕暮れを迎える海を眺めながらワイワイおしゃべりしました。

海を眺める立花さん、の図。背が高くてスタイルも良いので画になりますね~♪

そして、日の入り時刻を迎えました。
これだけ晴天で、かつ、湿気が少なく、風も弱いので景色が抜群にいいのです。

最高の夕日を眺めることができました。こういう景色に出会うとただただ感謝です。

そして、急ぎ、海に降りてアーシング。靴を脱ぎ、裸足になって海に浸かります。これが最高に気持ちがいいわけです。
空を眺めると夕日が沈んだ後の空に後光が差していました。

この写真、何も加工してないんですよ。そのままです。
波の音を聞き、海に足を着け、そして、こんな空を眺めるなんて、ほんとうに最高で幸せです。

やっぱり海はいいなあ、と今日だけで100回くらいは呟いてると思います(笑)

今年もとても素敵な体験をさせていただきました。
コインロッカーで荷物を取り忘れることなく、無事、横浜のホテルに到着し、今、部屋でこの原稿を書いています。

窓の外は横浜駅。
今日は早く寝て、明日は朝から横浜の街をジョギングしたいと思います。それもまたとても楽しみです。

あわせて読みたい