7/30(月)19:00-20:30 産経学園吉祥寺主催「自分軸を確立して疲れない人間関係を築く方法」


人間関係に疲れてしまうのはなぜか?
それは「自分」よりも「相手」を優先してしまう「他人軸」に理由を求められます。

自分の気持ちを横に置き、「うまく行くように」「問題が起こらないように」「相手に嫌われないように」「バカにされないように」「変な奴だと思われないように」「いい印象を残せるように」「いい人だと思われるように」振る舞ってしまいます。

そうすると、一人になったときにどっと疲れてしまったり、自分が嫌になったり、その相手との付き合いが苦痛になったりしてしまいます。

そこで「自分軸」を確立することを私は提案しています。

でも、相手に気を使ったり、いい印象を残せるようにしたりすることが悪いわけではありません。
「自分がそうしたいからする」という「自分軸」で行動するならば、ストレスはさほど残りませんし、仮に残ったとしても、自分自身をねぎらうことで解消していくことができます。

すなわち、
1.自分
2.相手
3.お互いの関係性
という順番で人間関係に取り組むことが大切なのです。

人間関係に疲れてしまう人はこの順番がズレてしまい、
1.相手
2.お互いの関係性
3.自分
のようになってしまっているのです。

そうした自分軸で生きられるにはどうしたらいいのか?をすぐに試して頂ける実習と共にご紹介するのが今回の講座です。

「人に気を使う」「相手の気持ちを考えすぎる」 「嫌われるのが怖い」 「相手がどう思っているのか気になる」「自分の対応が正しかったのかが気になる」 「自分さえ我慢すれば丸く収まる」「相手に振り回されてしまう」 といった、自分の気持ちよりも相手を優先してしまうと人間関係で疲れてしまいます。
そこで『自分軸』を確立することで、より自分らしく振る舞うことができ、人間関係がすーっと楽になります。そんなお話を実習付でさせていただきます。

【詳細】
日時:2018/7/30(月)19:00-20:30
会場:産経学園吉祥寺
料金:受講料 3,100円+税、施設維持費 100円+税

申込・詳細はこちらからどうぞ!
https://www.sankeigakuen.co.jp/search/detail.php?SC=18&CC=123343&OS=18


関連記事