福岡ワークショップな一日


朝から微妙に雨がぱらつく土曜日。
昨日、今日と天気予報では晴れなのに・・・。
スタッフやお客さんからも「やっぱり、根本さんが講座する日だなあと思いました」と感想を頂き、昨年手放したはずの「雨男」の称号を今年も戴冠するのかもしれません。
でも「龍神がついていて変革のシンボル」らしいですから!


今回は天神でも新しい会場でしたから、朝からスタッフと会場作り。
座席の位置とか並べ方とか、荷物置き場とかをあれこれ試行錯誤します。
テーブルがある座学スタイルではなく、みんなで参加するワークショップスタイル(自称:陶芸教室スタイル)なので、色々工夫がいるんですね。

でも、仲間達とあれこれ考えるのは楽しいし、ありがたいですね。
ワークショップってやはりみんなで作るものだと思います。
講師だけじゃなく、スタッフがいて、そして、お客さんがいて、で、創り上げられるものですね。

福岡ではいつものように濃い目のワークショップで、かつ、僕も逆にいろんなことを学ばせて頂きました。
鹿児島の先っぽや長崎、大分、熊本等、本当にあちこちから足を運んで頂いて恐縮します。
そういうパワーもきっとワークショップの質を高めてくれているんだろうと思うのです。
そして、そういうエネルギーをきちんと受け入れられる福岡の土壌も素晴らしいと思います。
やはりオープンハートな街ですよね、ここは。

で、打ち上げ、飲み会で例のごとく深夜まで遊び歩いていたわけですけど、大谷さんらタクシーを捕まえに外へ出ると、まだまだ街には若者がたくさん溢れていてビックリです。
確かに土曜日の夜で、眠らない街の繁華街にいるわけですが、それでも多いなあ、何かイベントとかがあったんかなあ、と。
急に静かになってちょっと心細くもなり、ベッドに入るとホッと一息ついて安心。

今日もいろんな経験と話ができた一日でした。

「太りましたよね?」
という何人かの言葉がトゲのように刺さってますが・・・(笑)