(2/23)休日の過ごし方



休日の月曜日、久々に妻と二人で出かけました。
神戸の温泉に入り、梅田でリフレクソロジーを受けて、お茶して、かなりほっこりして帰ってきました。
何だかもう夜10時には眠たくなって、本を読みながら眠ってしまいました。
そして、今朝は7時過ぎに自然と目が覚めるという快挙を成し遂げました!(笑)
お陰で今日も一日のほほんとした気分で過ごせましたね。
やはり休日は大切なものです(笑)

神戸の灘に行ったんですけど、そこは閑静な住宅街で、のんびりしてるなあ・・・のどかだなあ・・・と普段暮らしている街の騒々しさを改めて感じました。
それだけで気が緩みます。

寒かったけれど天気は良くて、露天風呂から覗く空に、ぬるめのお湯はとても良いコントラストでした。
あまり長い時間居たわけではないけれど、ひたすらのんびりできました。

梅田(大阪駅)に戻ると、平日なのにたくさんの人。
オシャレな男女も多く刺激的で「おぉ、大阪はやっぱり都会だったんだ・・・」と訳の分からないことをぼーっとした頭で思っていました。

そういえば、大阪に住んでいながら街に出かけるのは本当に久しぶりです。
買い物はたいてい江坂かネットで済ませますし、洋服は最近買いに行ってないですから。
(ワークショップで行った淀屋橋はビジネス街ですので、梅田のすぐ隣の駅とは言え、土曜日は閑散としてました)

特に夕方の通勤ラッシュに重なった時には、人の多さに面食らいそうになりました・・・。
「やっぱり大阪って都会なんだなあ・・・」と改めて思ったものです。

でも、こうして心も体も和らいで余裕ができると、いろんなことが受け入れられて、許せて、自由になれます。
たかが休日の午後に奥さんと温泉に入って、マッサージ受けただけなのにね。

実は育児疲れも溜まっていた奥さんは先週末から実家に一時戻っていまして、昨日は阪神百貨店で待ち合わせをしたんです。
まるで恋人同士のように。

結婚して子どもが生まれて、それはとてもかわいい子どもだけれど、二人で過ごすのはとても大切なことだと実感しました。
手を繋ぐのも久しぶりのような気がして、少し照れたりして、結婚6年目だというのに、不思議な気持ちになります。

ちなみに22日は僕の母殿の誕生日。
おめでとうメールを送ったら、「今日はゴルフなの」って呑気な返事が返って来まして、相変わらず楽しそうです。
元気でいてくれるのが何せ嬉しい年になりました。
口を開けば「みずき(孫)に会いたい、みずきに会いたい」と繰り返すおばばですけど、僕を通じて、深希までその血が繋がっているんですから、それを思うとすごいことだと思いました。

もう一人の「ばあば」である妻の母は、明後日24日が誕生日。
23日が義妹の誕生日で、3月5日の深希と合わせて、とても「うお座」が多い血筋です。
明らかに情熱系ってことです。

あわせて読みたい