【本の感想】後半にあった【「思考」は直感や感覚を実現させるために使うもの】というのがお気に入りのフレーズです。




7日間で自分で決められる人になる』(サンマーク出版)の感想をいただきました。!ありがとうございます!!!
(メルマガで「ゲラをお渡しするので感想を書いてくださいませんか?」とお願いしていたのです。)

「7日間で自分で決められる人になる」を読んで

すんなり決められて動き出せる事柄と、うだうだしてしまうことの違いは何だろうと思っていました。答えはシンプルでした。【頭と心が一致していないから決められない。】…ほんとそれな!!
私はうだうだしつつ直感や感情で勢いよく動き出し、行動しているうちにまたああでもないこうでもないと考えてしまい、立ち尽くしたりしたり、あきらめたりしてしまいがちでした。気が変わった、ともいえるのですが、結局なにがしたいんだろう?と。
あのブレーキは怖れや自己肯定感なんですね。恋愛しかり転職しかり、私の繊細なハートはめんどくさがりで怖いことが大嫌いなのでそりゃ~しょうがない!笑

そこで、本書を参考に心と頭を一致させるため思考と気持ちを書き出す専用ノートを作ってみました。まだ1週間程度になりますがありのまま浮かんできたことを書き綴り、そうなんだ~と他人事のように眺めているだけでだんだんと思考と感情が仲良くできるようになってきました。
最初はこんなこと(怖れていることやネガティブなこと)を書くのか…と抵抗がありましたが、他人軸や理想・正解主義で物事を判断していたり、思い込みだったり、自分のネガティブな部分を嫌っていたことにも気づいたので受け入れてみました。すると自己肯定感ってこれか…!と予期せぬ効果を体感。気分が重くなったり考えすぎて何も手がつかない状態から、やる気を出すまでの回復スピードが上がったように感じます。前はあんなにぐるぐるしてたのに、ひょいと小脇に避けられるようになってびっくりです。
後半にあった【「思考」は直感や感覚を実現させるために使うもの】というのがお気に入りのフレーズです。考えすぎて「思考」に嫌気がさしていたのかもしれません。ヴィジョンを描き続け、選択し続けること。私に必要なのはそれでした。これからは「思考」にうまく頼れそうです。

先生のブログや著書、セミナーおかげでライフワークってほどじゃなくても『私のありたい姿』はふわふわと決められてきたので、紆余曲折しつつなんとかなるような気がします。というかじわじわ近づいていっているような、いろんなことがすでに叶っているような…。
このくらいで十分とものすごい狭い選択肢から選んできたんだなあということにも気づき、また少し枠が壊せそうです。私はどう転んでも失敗は糧にできるし、幸せになるしかないようなので、あせらずゆっくり行こうと思います。

今回は貴重なゲラを読ませていただく機会をいただきうれしかったです。
ありがとうございました。
たくさんの方の手元にこの本が届くことを祈っています。
(Kさん)

Amazonのサイトへ

>この本の詳細なご案内ページ(概要・目次・はじめに・感想集)
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/36542

「7日間で決められる人になる」発売記念講演会

・大阪/オンライン:10/10(土)14:00-15:30
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/36555

★よかったら皆様も本を読んだ感想をお寄せください。
問い合わせフォームより
・感想や書評を文章で送っていただいてもいいですし、ご自身のブログやyoutubeでご紹介いただいた場合はURLをお送りいただければと思います。
・ご紹介可能なお名前も合わせてお伝えください(ない場合はイニシャルで紹介させていただきます。)

あわせて読みたい