【ひとりビジネス×心理学】ビジネスにおける男性性と女性性の役割とバランスの重要性。(セミナーあり)



女性性が豊かな人がビジネスを始めるとふわっとした感じになりやすく、楽しいんだけどなかなか先に進みません。
一方、男性性が豊かな人の場合、仕組み作りは上手なのですが、目標に向かって頑張りすぎて成功しても幸せを感じにくくなります。
これらのバランスをうまくとることがとても大切なのです。

うちの読者様は自立系武闘派女子を標ぼうしつつも女性性が豊かな人が多く、そのため

〇好きなことを仕事にしたいんだけど一歩目が踏み出せない。
〇なんとなく起業したいな、と思うんだけど何をしていいか分からない。
〇自分なんかがビジネスをやるなんておこがましいと思ってしまう。
〇何をすればいいのか分かってるのになかなか気分が乗らない。
〇そもそも「やるべき」と思った時点でテンション下がる。
〇ビジネスのシステムとかネットのことがウザい。
〇自分がやりたいことでお金がもらえるという発想がない。

等々の思いを掲げるので、せっかくいいコンテンツを持っていてもなかなかそれを「売る」ということに抵抗を持つ人も少なくありません。

以前お話した「怖い」「動けない」「お金の問題」とも関係するのですが、女性性ってのは感情の影響を受けてふわふわしてしまうんです。

【ひとりビジネス×心理学】ビジネスを始めたい!けれど怖い!勇気が出ない!躊躇してしまう!のなぜ?どうしたら?【セミナーあり!】

【ひとりビジネス×心理学】なぜ、分かっているのに動けないのか?動くことに抵抗があるのか?~自己価値をあげて商売人マインドを手に入れる!~(セミナーあり)

【ひとりビジネス×心理学】お金をもらうこと/値付けをすること/売ることに抵抗がありすぎる件。(セミナーあり)

ビジネスってちゃんとしなきゃいけないような気がするじゃないですか。
だから、女性性が豊かな人は「そういうのは窮屈に感じて好きじゃない」と抵抗を示すわけです。

しかし、女性性が豊かってことは「直感力」「感性」「感受性」「コミュニケーション能力」「気配り・配慮」「美しさ」「華やかさ」「柔らかさ」「受容」「安心感」「居場所」「育てる」「つながり(チーム作り・仲間意識)」などの価値を持つわけで、これは当然ながらビジネスにおいて非常に重要な要素になります。

ところが、男性性が司る「思考力」「決断力」「実行力」「行動力」「システム・ルールづくり」「ルーティンワーク」「判断力」「推進力」「忍耐力」「頑張る・努力」「与える」などの要素に対してはちょっと抵抗を示す方が多いわけです。

つまり、ビジネスを進める上ではこの男性性と女性性の両方のサポートを必要とするのです。

女性性が優位な人がそのままビジネスをすると、その商品やサービスはきめ細やかでお客様を喜ばせることに長けているのですが、店のオープン時間は適当になるし、お金やシフトがけっこういい加減になります。

また、気分によって商品の品質が変わるので良く言えば「唯一無二」ですが、悪く言えば「品質が一定じゃない」というクレームをもらいやすくなるものです。

また、スタッフ同士仲が良く、和気あいあいと仕事ができるものの、ミーティングをしても結論は出ず、なかなかビジネスを先に進めることができないので、「起業準備」にだらだらと時間を費やしてしまうものです。

そして、やってみたいことはあるけれどそれを形にするのが苦手なので、どうしたらいいのか分からない、と悶々としてしまうこともよくありますね。

逆に、そこで男性性の強い人から「こうして、ああして」と指示されると「なんかやだ」という風に反発を覚えることも少なくないものです。

ただ、基本的に「楽しいことが大事」というポリシーの持ち主なので、別に莫大な売り上げを作らなくても満足することができます。

一方、男性性が優位な人がそのままビジネスをすると「形から入ること」になるので、オフィスを借り、人も雇い、それなりの形を作るのですが、中身の運用については「指示・命令」となり、横のつながりが薄い殺伐としたオフィスができあがります。

そもそも男性性は「結果主義」なところがありまして、売り上げ目標とか計画が大好きです。そして、その目標を達成するために頑張るのですが、それが時に「無理を強いる」ことになってしまい、スタッフどころか自分も疲れてしまいます。

特に「結果が出ない」ということは男性性にとって不安と焦りと劣等感と無力感を大いに刺激するので、とにかく無理やりでも結果(=形)を整えようと苦心することになります。

一方で、野望を持ち情熱的にその夢にむかって頑張ることは好きなので、その姿がかっかよく見えたり、その推進力により事業を成功させるだけの力は持っています。

いわば「結果さえ出せればいい」という価値観が強くなりますから、「売り上げはめちゃくちゃ立って利益も出てるけどあんまり幸せじゃない」という現実を作りやすいのです。

これは女性性、男性性が優位な人がビジネスをやるときの典型的なパターンで、ほんとうはもっと細かいのですが、要するに両者のサポートがないと「結果は出るけど幸せじゃない」「楽しいんだけど結果が出なくて続けられない」という問題が出てくるわけです。

だから、成功者たちをよくよく観察してみると

1.本人が男性性・女性性のバランスがよく取れている。
2.男性性の強い本人をサポートする女性性豊かな人材がそばにいる。
3.女性性の強い本人をサポートする男性性豊かな人材がそばにいる。

という3つのパターンに分類されると思います。

そして、もしあなたがビジネスを始めよう、今より成功させたい、と思えば、この3つのどれかのパターンを意識すると良いと思います。

とあるクライアントさんは女性のためのサービスを始め、ある程度までは売上を伸ばすことができたのですが、ある地点で頭打ちとなり、また、お客様が増えた分だけ頑張らなければいけなかったので、本人もスタッフもだんだん疲れてきたのです。

彼女は女性性が豊かなタイプでチーム作りはとても上手だし、もちろんお客様へのサービスもとても良かったのですが、仕事を回したり、管理したり、計画を立てたりと言ったところが苦手でした。

そして、人のやりくりが自転車操業のようになり、毎日のようにスタッフが足りない状況にも陥っていました。

そのとき彼女は知り合いからコンサルタントを紹介され、彼はその会社の仕組みを作り、従業員・売上・計画を管理することを始めました。

そうしたシステムが安定的に動き始めたので売り上げはさらに伸びる一方で、スタッフもうまく回せるようになり、彼女自身も休日を作ることができるようになりました。

いわば「男性性が作り出すシステムの上で、女性性が自由に踊る」ということになり、すぐに2店目、3店目と事業を拡大していったのです。

彼女の場合は結果的に「3」を採用したことになります。

コンサルタントを右腕として雇うことで、男性性と女性性のバランスを取ることができるようになったのです。

逆に失敗例をひとつ紹介します。

セラピストとして人気者だったある女性が勤め先で仲の良くなった仲間と2人で起業することにしました。

二人はとても気が合い、毎日何時間も話をする親友のような存在なので、2人で頑張ればうまく行くと思っていました。

そして、元のお店に迷惑がかからない場所に新たな店舗を決め、売上も経費も全部半分ずつ負担することでビジネスを始めたわけです。

最初の頃はとても楽しかったですし、新たな場所ですが、前のお客様も来てくださるので売り上げは順調に伸び、以前よりも遥かに多くの手取りを得たし、何よりも気の置けない親友と仕事できることをお互い嬉しく思っていました。

しかし、徐々にその関係が崩れていきます。

まず、売上に関して彼女に不満が出てきました。

元のお店でもセラピストとして人気があった彼女はやっぱり腕が良く、明らかに彼女を指名するお客さまの方が多いのです。

だからお店の売上の3分の2は彼女のお客様なのです。

なのに報酬は半分なわけですから、彼女はちょっと損した気分にもなっていました。
始めはそれでも以前の店より手取りがずっと大きかったので不満には思わなかったんですけどね。

同時に、その親友は、彼女の方が売り上げが良いことに徐々に嫉妬を覚えるようになりました。

そして、その親友は朝が弱く、また、体もあまり強くないので、遅刻をしたり、体調不良で休む日も多かったのです。

始めのうちはお互い気合を入れて頑張っていたのですが、それもまた親友にとっては負担だったのでしょう。

結果的に、彼女の方が店に出ざるを得ない日が続き、彼女自身も疲労を重ねるようになりました。

そして、極め付きはその親友に彼氏ができたことでした。
とはいえ、その彼氏はお客様で、かつ既婚者。

その点を彼女は気に入らず、だんだん二人の間に険悪な空気が流れるようになり、お店の売上は順調だったのに1年足らずで閉店せざるを得なくなりました。

この事例は男性性のサポートがない状態だったために、売上の分配とかお店を回すルールなど、細かいところがあいまいなままだったので、「仲が良いときは全然いいけど、どちらかに負担がかかり始めると不満が出てくるようになる」という問題が出てきました。

まあ、これは一例で、友達同士で起業すると必ず失敗するって話ではないのでご注意いただきたいのですが、男性性と女性性のバランスが大事なんだなあ、ということを理解していただけたらと思います。

一般的に私はコンサルなどをする際には「アウトソーシング」というのをお勧めしているので、女性性が豊かな方は自分の男性性を伸ばすことをするよりも、女性性をさらに磨く一方で、男性性は外から調達するやり方を提案することが多いです。

武闘派女子は「何でも自分ひとりで頑張る」という趣向を持ちやすいので、そこは他人にお願いすることも役立つのではないでしょうか?

それがコンサルタントを入れることだったり、ビジネスパートナーを作ることだったりということになります。

じゃあ、そんな人とどこで出会うのか?と言えば、やはり人からの紹介がお勧めなので、例えば、起業塾とかコワーキングスペースの会員になってそこで出会いを探すのもアリだと思います。

まあ、最初からコンサルを入れるのもアリですが、コストがやっぱりかかりますのである程度は一人で頑張ってみて、何が足りないかが分かってきたときに人に頼るのがいいかな、と思ってもいます。

私のクライアントさんでもカウンセリングというよりもコンサルをしてる方もいらして、ご自身で起業する際のサポートをしてます。

私は基本的にパートナーシップでもビジネスでも「強みを活かす・伸ばす」「短所はアウトソーシングで解決する」という価値観なので、女性性が豊かな人にはその感性をさらに磨き、自由に好きなようにビジネスができるようにしたいと思っています。

また、男性性が豊かな女性ももちろんいらして、そういう方は自分でオフィスを作り、システムもちゃんと事業が回るように構築し、そして、自ら営業もするスタンスで成功していきますが、「暴走しないように、あなたの首に鈴を付けられるマネージャー的な人を雇うといいよ」なんて提案をすることも多いですね。

そういう話をしていると「あたしはやっぱ女性性優位なのか?でも、意外と男性性も強いぞ?」と思われる方がいらっしゃると思います。

男性性、女性性という区分けは一つの基準で、実際は「個別論」になるのは言うまでもなく、男性性だけが強い、女性性だけが豊か、というケースもあんまりありません。

ましてや起業したいと思う方は女性性が優位でも男性性がないわけではないので、必要な部分を他で補うために「自分を知る」ということはとても大切なことです。

そこで私がその辺を見極めるためによくやるのが「理想のビジネススタイルを妄想して!」という課題です。

自分はどういう風にビジネスをしたいのか?
どういう状態になっているのが最高なのか?

ということを自由に妄想するわけです。

ちなみに私などは「好きなときに好きなように仕事ができるし、行きたいときに行きたい場所に行けるし、それでビジネスがちゃんと回る状態」をずっと理想として、それを目指しています。

カウンセリングでもセミナーでも「予約制」を取っているので、「好きなときに仕事する」ってのは100%実現していないのが現実ですが、逆に、だからこそ2か月先の予定を考えるのが精いっぱいな状況です。

※私は「3か月先まで予約の取れないカウンセラー」と銘打っていますが、まあ、そりゃ3か月先まで予約取ってないからそりゃそうだよね、という話です。笑
※ただ、8年前の私は実際にそうだったので看板に偽りがあるわけではないのですが。

とはいえ、私はそんな完全に気分屋ではなく、ある程度予定が決まっていた方が動きやすいタイプでもあります。

というのも「予約が入っていることで安心する」のもありますし、その方が気持ちの切り替えがしやすいのです。

私の場合、東京出張というのは予め日程を決めておきます。ホテルを取らなきゃいけないし、何よりもセミナールームを押さえなきゃいけないからです。
(うちで運営しているセミナールームですが、他の方にもお貸ししており、最近はありがたいことにけっこう人気なので、自分が行きたいタイミングで予約が取れないことも多いのです。)

そうすると東京出張のスケジュールは予め決められるので、そこで何をするかを考えるだけです。

一方、大阪は東京出張以外の日は自由です。

そうすると逆に何をしていいのか、いつカウンセリングやセミナーの日を設定していいのかが分からなくなります。

「いつでもいい」と思うと「決められない」のです。
なので、いつも大阪の日程に苦労しています。

そして、結果的にえいやっで決めてしまうか、お客様の都合に合わせて日程を設定することになります。

そんな風に自分の傾向を知り(現在地)、理想の姿を描く(目的地)ことをしてみてください。

そうすると何か足りない部分が見えてくると思います。

私の場合は「事務作業が苦手」だし「一人で勝手に暴走する癖」があることが分かっているので、その部分をスタッフにお願いすると同時に、必ず何か新しい企画をする際はスタッフにお伺いを立てることにしています。

さて、皆さんの「理想のビジネスの姿」はどんなでしょうか?

そうすると「どの部分を人に手伝ってもらえばよいか?」も見えてくるし、「弱点もある程度は自分でカバーできるかも」などと思えてくるかもしれません。

ということで、男性性と女性性のバランスをうまくとることで、ビジネスを順調に回せるようになっていきますよ、というお話でした。

このテーマに関するセミナーもありますので、より詳しく、深く聞いてみたい方はぜひお申込頂けたらと思います。

【詳細】

日時:2023/2/10(金)20:00-21:30

【配信方法】

オンライン会議システムZoomにて配信いたします!

【アーカイブ配信のご案内】

講座の翌日以降となりますが、準備ができ次第、お申込みいただいた方全員にアーカイブのURLをお送りします。
1週間限定でお楽しみいただければと思います。

【動画販売の予定】

このワークショップは動画撮影をし、編集作業を経て販売する予定です。
(ただし、トラブル等の発生により販売が約束されているわけではありませんのでその点ご了承ください。)

【料金】

7,700円(税込み)

※事前払い制です。Paypalの利用も可能です。
※お申込み頂くと(自動返信メール)がお手元に届きます。銀行振込をお選びの方はそのメール内に振込先の口座が記載されておりますので1週間以内にお振込みください。
※振込確認後、申込確定となります。
※振込手数料はご負担下さい。
※領収書は振込票にて代理ください。

※このセミナーは20歳以上の方を対象としております。
※このセミナーはスムーズな進行のためお子様連れでの参加はご遠慮頂いております。

【申し込み期日】

入金確認ができる前日18時にて受付フォームを閉じさせていただきます。

★キャンセル規定★
キャンセル料:セミナーの1週間前~3日前までのキャンセルは50%、2日前、前日は80%、当日は100%となります。
返金の際の振込手数料はご負担ください。

お申し込みはこちらからどうぞ!!

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

またお弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
 『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい