このような夫に対し、もう一度ロマンスを取り戻すことが出来るでしょうか!?

今回はセミナー風に会話調でお届けします。
ロマンスを取り戻せるかどうかは自分次第。
そこを相手に任せるのではなく、自分自身を見つめて参りましょう。

***
いつも根本さんのブログ拝読しています。今日は、リクエストをお願いします。
私は、中学時代に男子達から「裏で番を張っているのはお前だろう?」と言われていた、筋金入りの自立系長女武闘派情熱の女です。
「俺は肉体派だ。」とゴウゴするスポーツマンの夫と結婚して16年ですが、ご想像の通り結婚半年でセックスレスになりました。(泣)
更に一昨年、彼のアンダーグラウンド(浮気、風俗等)が発覚。私と一緒にいたい、という夫に「今回は許すけど、また同じ様なことがあったらもう一緒にいられないし、その時はあんたのお母さんに全て話すからね!」と裏番丸出しの脅し文句を吐いてしまいました。
そして話し合いの結果、夫は「レスを解消してもいい、頑張るよ。」と言いました。
夫は仕事は真面目で優しいのですが、難聴障害がある弟がおり、幼少期はかなり我慢や寂しい思いをしたようです。夫の両親は典型的なかかあ天下です。
「もっと仲良くしよっ。一緒にお風呂に入ろ。」と近寄れば「俺は温泉行きたい。」とやんわり拒否するので、ロックマンと野良猫のハーフではないかとニラんでいます。
自分を変えようと、根本さんのブログから色々なワークを自習しました。夫に対して恨みの手紙を書く事から始まり、特にインナーチャイルドの癒しが効果的でした。このワークを何度も行い、号泣を繰り返すうちにだんだん楽になってきました。
その甲斐あってこの頃では夫から「可愛いね」の言葉を頂戴しています。夫に対して愛しい感情がのこみ上げて来たり、イライラをぶつける事も無くなりました。

しかし反面、夫のおならや、ゲップ、帰宅してからのシャツ一枚の姿、ふざけて私に「カンチョー!」するなど、セクシャルな対象に思えない時があります。もちろん夫からのお誘いはありません。元々夫婦仲は良くスキンシップも適度にあるので、もっと近づきたいのですが上記の様子で近づきたくない、矛盾した気持ちを持て余しています。

このような夫に対し、もう一度ロマンスを取り戻すことが出来るでしょうか。
夫婦は鏡、と言いますよね。私は今後どのように変われば良いのでしょう?。脅し文句がいけなかったのでしょうか。「レスを解消してもいい。」この言葉を信じたいのです。
このような夫をオトすには、私に何が必要なのでしょうか?ネタにして頂けたらと思います。よろしくお願い致します。長文になり、すみません。
(Kさん)
***

Kさんの文才に惚れまして(笑)
リトリートセミナーや問題解決セミナーでやっている個人セッション風に(ツッコミを入れながら)進めてみようと思いますっ!!

>私は、中学時代に男子達から「裏で番を張っているのはお前だろう?」と言われていた、筋金入りの自立系長女武闘派情熱の女です。

なるほど、じゃあ、自立系ナントカのキャリアは相当長いベテランさんなわけですな。

>「俺は肉体派だ。」とゴウゴするスポーツマンの夫と結婚して16年ですが、ご想像の通り結婚半年でセックスレスになりました。(泣)

おぉ、Kさん、王道行ってますね~~!!
Kさんが圧倒的勝利を収められて男同士の夫婦になられたわけですね~納得(笑)

自立系と肉体派が結婚するとたいてい精神的に自立系女子が圧勝するんですね。
それで旦那が「無念。勃つものもの勃たねぇ」と切腹するシーンが各家庭でよく行われてますよね~。
もしくは、「勃たねえんなら、そのぶら下がってるもん、切っちまいな」という武闘派女子からの鬼の一言により「ご、ご勘弁を。そ、そ、それだけは堪忍してくだせえ」という泣きを無視して去勢されてしまい、事実上のオカマになった夫も多いですよね~

妻だけEDって言葉がありますけど、けっこう、このパターンが多いんですよ~

> 更に一昨年、彼のアンダーグラウンド(浮気、風俗等)が発覚。私と一緒にいたい、という夫に「今回は許すけど、また同じ様なことがあったらもう一緒にいられないし、その時はあんたのお母さんに全て話すからね!」と裏番丸出しの脅し文句を吐いてしまいました。

「指詰めなせぇ」という一言をよく呑み込んで偉いな、と思いました(笑)

あとはどれくらいこの言葉が本気だったか?ってことですけどね。
ほんとにもう一回したら離婚する???それくらいの覚悟で言うた?(笑)

>「もっと仲良くしよっ。一緒にお風呂に入ろ。」と近寄れば「俺は温泉行きたい。」とやんわり拒否するので、ロックマンと野良猫のハーフではないかとニラんでいます。

新種ですかね?
しかし、さすがはKさんですね。ほんとそういう男が好きですよねえ。
もっと簡単、というか、素直、というか、いい男、いっぱいいると思うんですけど、そこにしか目が行かないんですよねえ・・・(笑)

ぜひKさんには「じゃ、温泉いこっ!」って東北当たりの現役の混浴風呂か、もしくは、家族風呂(貸し切り風呂)のある温泉に連れ込む手練手管を発揮していただきたいところです(笑)

>そして話し合いの結果、夫は「レスを解消してもいい、頑張るよ。」と言いました。
>夫は仕事は真面目で優しいのですが、難聴障害がある弟がおり、幼少期はかなり我慢や寂しい思いをしたようです。夫の両親は典型的なかかあ天下です。

うんうん。自立系武闘派情熱女子垂涎の男ですよね。
やはり育ちに問題がないと興味ないのん???
ノーマルな男だと刺激が足り過ぎるん???(笑)

障がい者の兄弟を持つとどうしても我慢するのが当たり前になりますよね。
親の目は弟に向かうし、お母さんなどが「私のせいで・・・」と罪悪感を強く抱えてる分だけお兄ちゃんは「お母さんを助けなきゃ」とメイワクかけないように一生懸命頑張ります。
非常に愛情深い男性に育つ一方、超受け取り下手かつ自己承認のない犠牲・補償行為の罪悪感男でもあると思うんです。

そういうタイプの彼だったら、子ども時代寂しい思いをしてきたからKさんが自分から離れていくことをすごく嫌がるでしょうし、また、いい子をしてきた歴史から、目上の意見には「Yes!」と直立不動で答えてしまう性癖を持ちやすいんですよね。

かかあ天下のおかんを持つならなおさらでね。
Kさんにバンバンお母さんを投影するわけですよ。

だから、離婚だ!なんて話があれば、なるべくそれを回避しようと「仲良くしよう、セックスしよう、僕も頑張る」なんて言うてくれるんです。
でも、悲しいかな、それは言葉だけ、というと変ですけど、Kさんの心離れを防ぐ口実として使われる可能性が高いのです。

>その甲斐あってこの頃では夫から「可愛いね」の言葉を頂戴しています。夫に対して愛しい感情がのこみ上げて来たり、イライラをぶつける事も無くなりました。

あらま。そんな素敵なことが???
じゃあ、全然問題ないじゃなーい!!解決~!じゃ、次の人~~~!!!って違うか(笑)

あ、こういう時に笑わないとこのセミナー、一個も笑うところないからね。
頑張ってね。
せっかく時間とお金投資してきてるんだから、頑張って笑ってね(笑)

うん。なんか、それ、違うね。はい。で???(笑)

>しかし反面、夫のおならや、ゲップ、帰宅してからのシャツ一枚の姿、ふざけて私に「カンチョー!」するなど、セクシャルな対象に思えない時があります。
>もちろん夫からのお誘いはありません。元々夫婦仲は良くスキンシップも適度にあるので、もっと近づきたいのですが上記の様子で近づきたくない、矛盾した気持ちを持て余しています。

「お前、レスを解消してもいい、言うたやろが?その態度でほんまにやる気あるんか?え?表出ろや。わしが気合い入れたるさかい。はよっ」とか言わないの????(笑)

彼の心理をちゃんと分析するとね、まあ、Kさんは十分分かってると思うんだけど、他の方にも参考になるかな、と思って。

彼、子ども時代にずっと甘えるの我慢して来たでしょう?
辛くても寂しくても悲しくてもそれを弟やお母さんに遠慮して大人を演じて来たでしょう?
そうすると子ども時代に子どもをちゃんとやれてないんだよね。

でね、そこに現れたKさん。めっちゃ面倒見いいでしょ?
ついつい世話したり、優しくしたり、しちゃうし、できちゃうでしょう?

そうすると彼は子ども時代にできなかったことをKさんに対してやっちゃうんです。

それに、彼がシャツ一枚でオナラしてげっぷしてカンチョーしてきたとき、Kさんってどんな格好してますか??
Tバックに超ミニワンピに巻き巻きヘアーに濃いめのメイクに真っ赤なリップですよね?もちろん。

実は私のあるクライアントさん。仕事が遅い旦那さんから「今から帰る」ってメールが入ったら作っておいた料理に火を入れつつ、メイクをして、外行きの服を着て待つそうなんです。
そもそもが「浮気防止対策」の一つとして彼女が考えたんです。
「彼は外で完璧な女子たち、大人な女たちと一緒にいるんだから、家にもちゃんと女がいることを分かってもらいたいから」という戦略だそうですが、ほんと女って怖いよね?ははは(汗)

これ、いいか、悪いか、の議論は置いといてくださいね。
ここで「そんなんしたら彼は家で寛げないんじゃないの?」と思った方は「帰ってきた夫には安心と寛ぎと癒しを提供する妻」になる人です。
タイプが違うってことですね。

これを「ええー、めんどくさいなー、理屈は分かるけど、私、そんなのできないなー、大変だしー」と思った奥様は、そんなことしなくても夫に愛されてる自信のある人ですよー。
ただ爆弾落とすと、一部、愛情に胡座をかいてる可能性もありますけど。
痛いね、こういう言い方されると(笑)
今、3,4人撃沈したね?(笑)

さて、Kさんの場合はどう?
女として見られたくて女になってる?
それとも安心感を与えたくて家庭をキープしてる?

もし前者なら彼にもっと堂々と女を出してもいいです。
逆に後者ならうまく行ってるってことなんです。

どれくらい夫のまで「女」でいられるかどうか?
旦那に依存して合わせるのではなく、主体的に自分を大切にできるかどうか?

この辺に解決方法があるのかもしれません。

もちろん、そこでKさんの子ども時代や過去の恋愛などが影響してる可能性もありますね。

ただね、よく言うんです。
西島秀俊氏がランニングに短パンで部屋でゴロゴロしていてオナラしてビール飲んでげっぷしてたらセクシーじゃないのか?
(この西島秀俊氏の欄には福山雅治氏、木村拓哉氏他、お好きな方の名前を入れてください)

自分がロマンスを感じていたら、自分が好きだったら、アバタもエクボになるんです。

>このような夫に対し、もう一度ロマンスを取り戻すことが出来るでしょうか。

これね、私次第なんです。

以前も紹介したかもしれませんが、「ほんと熊みたいな夫で全然セクシーじゃないし、暑苦しいし、堅物だし、、、、、、」と文句を言ってた奥さんが、「私の夫、くまさんみたいに可愛いし、あったかいし、包容力あるし、、、しかも、力強くてセクシーなの~」って手のひらを返したことがありまして(だから、女は信用ならねぇって話ですけど(笑))。

自分の感じ方次第で全然状況なんて変わるんです。

>夫婦は鏡、と言いますよね。私は今後どのように変われば良いのでしょう?。脅し文句がいけなかったのでしょうか。「レスを解消してもいい。」この言葉を信じたいのです。

その言葉は信じるに越したことはありませんけど、何がいけないとかはないんです。
ただ、今目の前にオッサンが一匹転がっていて全然セクシーじゃないってだけで。
ん?こいつはトドか?アザラシか?ってことで。

Kさんもインナーチャイルドを癒してこられたので、少なくても「思春期の女子」まで来てるんです。
思春期の女子は潔癖で、きれいなものを好み、完璧主義です。
裏番Kさんの内側にある「かわいい、恥ずかしがり」な女の子はこれですね。

そこで失恋して、葛藤して、悩んで成長して、自分の中に泥臭い、汚い部分を知って大人になっていきます。

そうすると「若くてぴちぴちした女の子もいいけれど、場末のスナックのママの方が色気を感じるよね」というニュアンスがハマってきます。
うーん、ずいぶん飛躍したかな?(笑)

そしたらね、その性に対して、セックスに対して、オープンになるんです。
言い方変えると大胆になるんですね。

レスで寂しいでしょう?虚しいでしょう?
で、ヴィーナス・タイム(オナニー)が増えるでしょう?(あ、増えてないのは問題ですよ(笑))

セックスが好きだなあ、
女でよかったなあ、
いっぱいしたいなあ、
あんなセックス、こんなセックスがしたいなあ、、

そんな時間を作ってください。

一方で、こんなケースもあります。Kさんはこっちかな?

ずっと自立系武闘派情熱女子を生きてくると「かわいらしさ」に恥ずかしさを感じることがあります。

「男」になっちゃって「女の子」の要素がなくなるんですね。
今さらひらひらのピンクのワンピースを着なさい、とは言わないですけど、かわいい女子を意識してみるのもいいでしょう。

そういう大人の女子向けのセミナーもよく開催されてますしね。
(私のFBのタイムラインにはそんなセミナーのお話がたくさん出て来てますから)

「女子女子してる私」「女女してる私」を意識して演出してみてください。
もちろん、それを楽しむのがいいんですよね。

どこかチャレンジせずに諦めてしまってるジャンルってありませんか?
「これは私のキャラじゃない」とか「これは似合わない」とか。

そこがねらい目かもしれません。

例えば、セミナーではこんなセッションを作ることがあります。

セミナー会場の中でとってもセクシーだな、と思う女性、そして、とてもかわいいな、と思う女性を一人ずつ選んでいただいて、それぞれと統合する、というセッション。
これで内なる女のエネルギーを解放していきます。

旦那さん役の男性を選んでただただ目で繋がりながら近づくセッション。
これで旦那さんへのロマンスを呼び起こします。

本来の自分が出てくるので私もけっこう好きなセッションですね。

ということで今日はここまで~~~。

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作