起きていることも、今の考えも、できるのはただ受け入れることだけ。全部、意味のあることですから。


何が良いのか、何が悪いのか、それを判断してるのは「他人」ではなく「自分」です。

カウンセリングで私がよく質問するのは次のこと。

「それって本当に困ってる?」

聞きようによっては意地悪な質問なのですが、けっこうな頻度で私のカウンセリングでは登場します。

「今、主婦してて、仕事していないのは事実なんだけど、それが何の問題なの?」って根本先生は普段着の表情でお聞きします。

「え?でも、やっぱり家計がそんなに潤っているわけでもないし、旦那さんも働いて欲しいって言うし、だから働かなきゃと思うんですけど、でも、やる気が起こらないんです」

「それってホントにいけないことなのかなあ?それでホントに困ってる?今月あと10日あるけど、今月越せないくらいヤバいの?」

「いや、そういうわけではないんですが・・・やっぱり・・・」

おそらく、そういう質問をされると「なんだこいつ、めっちゃいやこと聞いてきよるな」と思われるでしょう。

でも、私はそれって本当に問題なの?って思うんです。

「働かなきゃ」って思考ですよね。考えて言ってますよね?ってことは、それ、本心じゃないですよね???
「旦那さんが・・・」って他人軸ですよね?それって自分はその言葉に同意してないってことですよね???

もっと突っ込んで言えば、切羽詰まってないんですよね。
たぶん、今月越せない!と思って、何とかしなきゃ、と思ったら、カウンセリングに来る前に何か働いているはずだから。

こういうケースってよくあるんです。ほんとうによくあるんです。

で、私はこれを「頭で考えて作った問題」って思っています。
「働かなきゃ」という観念が作り、「旦那さんの言うこと聞かなきゃ」という思考が作った問題なんです。

それは頭の中の世界の話。
自分の考え方や観念の問題。

すなわち、現実世界では何一つ問題は起きていないんです。

現実の世界を問題があるように見ている自分がいるだけです。

「先生、私、今、不倫してるんです。ダメですよね?」という質問も多いんですけど、根本さんは「でも、しょうがないんでしょ?別れろって言われても困るだけでしょ?」って連れない返事をしてしまうんです。

本当にダメだと思ってたら辞めてますよね。
やめたい、とか、やめなきゃと思っていてもやめられない自分がいるだけなんですよね。

だから、そうなるだけの事情があるんだよね、という風に私は見ています。

何がいいの、悪いのって自分自身が決めたルールによるもの。
ほんとのところ、いいの、悪いの、なんて何もないんです。

これらのケースで起きていることは、すべて自己否定。
自分にダメ出しをしてるんです。

私はそれを解消したいだけなんですね。

それができれば、人は簡単に楽になり、幸せを感じられると思っています。

「ダメなんです!」って一生懸命自分にダメ出ししている自分がいるだけなんです。
そこには本当の問題なんて実は何も起きていません。

心理学を学んできて、自分なりにあれこれと応用して考えてきた私が言えるのは、たいてい今起きているできごとや思考や観念は、それができるだけの理由がちゃんとある、ということです。

でも、私たちは思考的で、理想主義で、「こうありたい」「こうあるべき」という論理で見てしまいます。
そしたら、自分は否定されるほかありません。

また、寂しい、苦しい、しんどい、怒ってるなどの自分の気持ちを否定して嫌っているのです。

でも、あなたがそうなっちゃうには、ちゃんと筋の通った理由があるんです。
だから、何も責める必要はありません。

私なんてふつうの人が当たり前にしている「毎朝定時に出社」とか「月曜日から金曜日までは会社に行く」ということすらできない人間です。
それを責めようと思ったらなんぼでも責めることができます。

でも、しょうがないんです。自分にはできないことだから。
そういう生活をしたことがありますが、ただしんどいだけでした。向いてないんです。

だから、そういう風にしなくてもいい生き方を模索するほかありませんでした。
そういうダメな自分を受け入れる他なかったんですね。

理想主義になって「こうすべき」とか「こうしなきゃ」という思いが強かったら、それができない自分を責めるほかありません。
人と比べることが癖になっていたら、周りの人と自分を比べて凹むほかありません。

でも、それも自分なんですよね。

理想主義になっちゃうのも自分。
比べちゃうのも自分。
それが嫌だけどやめられないのも自分。

だから、そんな自分を許して受け入れる他ないんです。
だってそれが今、現実にあるんですから。

そうして、不器用で、ちゃんとしていない、理想もできない自分をただ愛してあげるんです。
それでいい!って強がるんじゃないんです。

今の私はそれしかできないんだよなあ、って思っておけばいいんです。

それが自己承認という奴です。
ちなみに7/24(月)と7/27(木)に大阪、東京でそんな自己承認の講座をするわけですが、要するに宣伝なんですけどね。
http://nemotohiroyuki.jp/event-cat/19044

自分はああ、そういう風に考えてしまうんだなあ~
自分はそういう風に思ってしまうんだなあ~

それを受け入れられるだけでもすごく楽になりますね。

今、起きてることは「結果」に過ぎません。だから、結果だけをいじっても、その「原因」が解消されていなければ、次もまた似たような「結果」を創るでしょう。

だから、「原因」を見つめて見ませんか?
そうならざるを得ない理由を見つけて見ませんか?

「不倫は絶対嫌」って言ってた人が、今、不倫してるんです。
苦しんですね。
で、「根本さん、すいません」って謝ってくれたりするんです。
なんで謝るの?そんな必要ないじゃん?

だったら、そこに前向きな意味を見つける方がいいんです。
それで、彼女に私はこう質問したんです。

「気持ちよかった???」

まあ、立派なセクハラ発言ですけど(笑)

「そうなっちゃったらしゃあないよねえ、ほんと。
で、どうしたいの?これから。
え?別れられるの?これだけ盛り上がってるのに?
しかも、久しく寂しい思いしてたんでしょ?
ほんとに別れたいと思ってる?
別れなきゃ、じゃないの?
まあ、しょうがないんですよねえ、今は。
それよりもなんでそうなっちゃったかを考えようよ。
どうして自分が不倫にハマっちゃったのかを探してみようよ。
否定的に見るんじゃなく、肯定的に見てみようよ。」

それだけで幸せになれると思うんですけどね。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事