8/16(月)配信のオンラインスクールは「現代における子どもの自立の仕方~子離れ親離れ問題にどう取り組むか?~」



毎週月曜日(月4回)お届けしております、オンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
普段お届けしているブログ&voicy&youtubeからさらに一歩も二歩も踏み込んだお話をお届けしています。(毎回なかなかの長文です!!)

より深く学びを得たい方、心について知りたい方、あの人との関係性を何とかしたい方、ライフワークを生きたい方、そんな皆様にご利用いただいております。
また、オンラインスクールに登録していただいた方への特典として、
・個人セッションの優先予約
・少人数セミナーへの優先予約
などを行っております。

明日の配信はこのようなリクエストにお答えしています!

現代における子どもの自立の仕方~子離れ親離れ問題にどう取り組むか?~

いつも鋭い回答ありがとうございます!
根本先生の回答を読んでは、「ぐぬぬ…く、くやしいけど、その通りでございます(平伏)」と、白旗振っております。

今回は、母子関係の子離れ親離れの相談です。

娘は昨年めでたく県外の大学に進学いたしました。
しかし、突然の新型コロナウイルスによる、様々な変更などで、大学の友人はまだできておりません。
また、私にも経験がありますが、1度あった学部のクラスの顔合わせでは、周りはその県出身の人たちばかりに見え、皆すでに知り合いなの!?というような疎外感を娘も感じたようです。 

娘は自武女…というよりは、受け身が多いタイプかもしれません。高校では、それなりに友だちもできたようなので、機会があれば大丈夫だとは思うのですが…。今でも、高校時代の友だちとは、連絡取り合っています。

自分は、自武女なので、親にあまりネガティブな感情を見せずに戦ってきたつもりです。
しかし、娘は私の前では、素を見せてくれ、実家からアパートに帰るときなどは、数日前から夜になるとくっついてきて、帰りたくないといいます。
本人いわく、言うことで気持ちにちょっと余裕ができて、その隙間に「でも帰らないといけないよなー」と思うそうです。

根本先生の敬虔な信者でもある私は、その娘の姿に過去の私ができなかった事をしてくれているとも感じ、できるだけ否定せず、寂しい事も当たり前だからと声をかけ、ただ受け止めて話を聞いています。
時には、ハグして話を聞くこともあります。

と、同時に、娘の寂しい気持ちに共感しすぎてしまうのか、それとも過去の私が癒やされるのか、こみ上げてくる感情が出てきて、ふたりで泣くこともあります。

先日、理由があって、私と娘で進学先のアパートまで送ったのですが、私が帰るときは、しばらくくっついて寂しがって泣きます。
子供みたいで嫌だとは、娘本人はいいますが、したいようにさせています。(こういう時に、いろいろ話している過程で二人とも泣いてしまいます。)

そこで相談なのですが、これは自立への過程だとは思うのですが、ちゃんと子離れ親離れできていくのか、少し心配なのです。
普段から、同じもの(ゲームや漫画など)が好きで、友だちのような同士のような時もあります。

帰る度に寂しがる娘には、親としてどう対応していったらいいのでしょうか?

うまく説明できてないかもしれませんが、私と娘を外から見て、ズバッと解説していただけたらと思います!
(アカツキさん)

ネタもバンバン募集しております!(メルマガの中に応募方法が書いてあります!)

ぜひとも更なる学びのためにご登録くださいませ!!!
「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」

※1回ご登録いただけると、その月のコンテンツがすべてご覧になれます。
バックナンバー(過去記事)も月単位でお買い求めいただけます!!

あわせて読みたい