(本のご感想)「その方が僕を好きであってもなくても、結ばれても結ばれなくても、僕がこの人を好きだということで十分」と、よかった時の自分に戻ることができました。



Tさんから本のご感想をいただきました!ありがとうございます!!
ご購入はこちらから!
「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本

『執着を手放して「幸せ」になる』を拝読しました。著者の方にこうした感想をお送りするのは初めてなのですが、
この本にこのタイミングで出逢えて、一気に読んで救われた気持ちをただただお伝えしたく、メールを認めております。

僕は今の職場で本当に素敵な方に出逢いました。
その方にはパートナーさんがいてご結婚に向かっていらっしゃるのですが、
僕にはその方が可愛くて愛おしくて、叶わない気持ちを抱えながら距離を探してきた月日は僕を鍛えてくれたように思います。

ちょうどよい関係を見つけられて幸せになる時もあれば、気持ちがドロドロと滞り沈む時もあり。
その方の入籍日も決まり、ここ2週間ほどは特に苦しい日々。
その折に、本棚にあったのに読んでいなかったご著書をふと手に取り、「今の気持ちは正に執着なのだろうな、嫌だな」とすがるような思いで読み始めました。
ワークにも応えながら昨日一気に読み切り、切なくも晴れやかな気持ちになれました。

僕が見つけたこの人は本当に素敵で、素敵なこの人が見つけたパートナーさんもきっとまた素敵な人で…
今は温かくもフラットな感じが自分の中にあります。
「その方が僕を好きであってもなくても、結ばれても結ばれなくても、僕がこの人を好きだということで十分」と、よかった時の自分に戻ることができました。

こうなれたからこそ、また良い形でその方との関係を築いていける気もしています。
もちろんまた揺れるのでしょうが、今度はもう少し素早く今の状態に戻ってこられるように思います。

関係をどうにかしたい思いで、大切なこの関係を損ねてしまうのは何よりもったいなくて嫌だから。こうやって爽やかな気持ちに戻れてよかったです。
この本に救っていただきました。有難うございました。
(Tさん)

あわせて読みたい