(ご感想)自分では無価値感の実感がなかったので、目から鱗です。



Rさんからご感想をいただきました!ありがとうございます!!

先日はネタ提供にご回答いただき、大変ありがとうございましたm(_ _)m
「無価値感があると外側に幸せを求めるようになるけれど、外側にある幸せを手に入れても無価値感がその幸せを消してしまう、という話。」

「自分に価値がないと思うから、外のもので満たそうとする。そして依存的になる」、なるほどでした。
自分では無価値感の実感がなかったので、目から鱗です。

根本さんから「暇なのでは?」と問いかけもありましたように、やる事をウジウジ先延ばしてまして。
1ヶ月、本腰入れてやる事をしていたら、外と比較してモヤモヤすることは減りました。
しんどい期間でしたが晴れやかな気持ちであります。やっぱり何か没頭することが必要ですね…!

ご著書を読んでお恨み帳を書いてみました。恨みはあっても、結局自分がよくなかったことが思い当たります。
「あの時、新しい友達じゃなくて昔からの友人を大切にするべきだったな」「好きがバレやすいからキモがられたんだな」とか。
(お恨み帳の段階を卒業したのかそれ以前の問題なのかはよくわからないですが。)
「感謝の手紙」もやってみまして、こちらは涙なしにはできませんでした。
特に夫からは無条件の愛をもらっているのに全然受け取れていないなあ、と分かると同時に、自分が活き活き生活していないことで彼に申し訳ないと罪悪感を持っていました。

他の家族や友人に対してもやってみようと思います。
根本さんの今後のご活動も楽しみにしています!
(Rさん)

あわせて読みたい