(ご感想)でも私はちゃんと人を愛していました。悔しいけどモラハラに負けないほど大嫌いな家族を愛していました。



Aさんからご感想をいただきました!ありがとうございます!!
大嫌いだと思っていた家族の中にちゃんと愛を見出せるとは!!ほんま素晴らしい!!おめでとうございます(^^)by根本

以前こちら「母親とのことを解決すれば自分は変われると思っていたのだけど・・・。 」でお世話になりました。その節はありがとうございました。しかし教えていただいたクロージングに挫折…、今度は職場の先輩との関係がこじれるという新たな問題を発生させてしまいました…。その先輩は嫌なことがあると相手を徹底的に無視するモラハラ男で、被害者は多数。私とは仕事のやり方で口論になってそれ以来無視されるように。
しかし、この件を通して人生を振り返ると同じパターンの繰り返しに気づきました。私は今まで働いたほとんどの職場で役職のない先輩(男性)、役職があっても役目を果たさない先輩(男性)といつもトラブルになるのです。(部長や課長などの役職があり、真面目に役職を果たす方やパートさんなどとは大体良好な関係を築けます)今回の先輩で3人目で、他の共通項としてモラハラ気質があることに気づきました。
初の就職先で強烈なモラハラ男(先輩)が2人いて大喧嘩後なんとか退職。相手とも離れたし、たくさん泣いたし、あんな奴らどうでもいい、モラハラはもう乗り越えたと思ってました。しかし今回、モラハラの繰り返しと自分が共依存体質になっている現実に気づいてそれをしっかり認めたら今まで常にあった不安や恐怖(嫌われるのが怖い)が少し落ち着きました。
そして、やっぱりクロージングしないとダメだと思い、再チャレンジしたところ(感謝の手紙はムリでした)モラハラの大元は母にあったこと、過去、母に認められたいがために自分軸を自ら捨てて母に認められるいい子でいることを自分が決めたのだと気づき、自分が可哀そうになって泣きました。でも、母や他の家族との関係を棚卸ししていくと自分の中に深い愛情があることにも気づきました。今まで自分は大した取り柄も才能もない、家族内でも一番ダメな存在と思っていたし、そういう扱いでした。家族のことは大嫌いだし、自分には愛情なんてない、人なんか愛せないし愛されないと思っていました。
でも私はちゃんと人を愛していました。悔しいけどモラハラに負けないほど大嫌いな家族を愛していました。自分には愛があるのだと初めて感じることができました。
引き続きお世話になるとは思いますが、今後はこの感覚を忘れないように、愛のある自分として堂々と自分軸で生きていけるように頑張りたいです。ありがとうございました。
(Aさん)
あわせて読みたい