(ご感想)そして、私が幸せなのが彼の幸せなのだなーとほっこりしています。



Mさんからご感想をいただきました!ありがとうございます!!

根本センセー、ご無沙汰してます♪
「その状況、ほんとうに問題なんですか?」 ネタ自立系情熱武闘派女子です♪

センセー、ご報告がてらネタ提供ですw
いま、ヘラクレスオオカブト岩猫Mixの彼と恋愛中です!
まず、彼の内面的スペック紹介を
母親いない、思春期に壮絶ないじめに遭う(暴力、金銭要求、同級生のアレを無理矢理舐めさせられたetc)、過去の恋愛では裏切られ…
異常なほどの自分責め(俺が悪いの一点張りの暴言の嵐)
と、まぁ…自立系情熱武闘派女子大好物スペックですw
私の内面的スペックは…
身体障害者の兄がいて、母親から虐待、父親から性的虐待、中学の時のいじめetc…

お互い助けたい症候群、愛情を受け取れない、競争の喧嘩、根本ブログに山ほどあるネタオンパレードの日々でした(ほんま好きやねぇw)
それが、ここ数カ月激化しまして、険しい山を登り、いまこの壮大な景色がキラキラーって感じで眩しい光を目を細め味わっています(番茶すする)

何が起きたかというと
「自立系武闘派女子とうっかり付き合ってしまった男子がその命を守るために習得すべきスキルとは。」
コレですw
私、チョロかったみたいですーw
大暴れして、抱きしめられて、やっと彼の愛情を素直に受け取る事ができました(白旗ぶんぶん)
泣きながら自分が子供の頃に抱えてた寂しさを彼にぶつけていた事を素直に謝り、彼はずっと抱きしめていてくれました。
「そんな事は分かっていた」「受け入れてるし離れてなんかいかない」と。

そして、いま私の助けたい症候群を手放し中です(たぶんw長年やってきたのでたまに出るかもしれませんw)
私は私、彼は彼。
まず、私が幸せになっていいんだと…そう思えました。
そして、私が幸せなのが彼の幸せなのだなーとほっこりしています。
よく、自分が変わると見える景色が違うとかありますが、頭で分かっててそんな気になっていた過去の自分を思い出すと、うひゃーって恥ずかしくなりますw

素直に甘えてお願いできなかった自分も、不安に思う事は彼に言えるし、お願いもできるし♪
よく「俺にはなんでもアリで良い、あーしてこーしてお願いして良いんだよ」って言ってくれてたんですが、いままでの私は「お願いするくらいなら切腹!」って感じでしたw
彼に「なんか可愛くなったね」って言われて、顔から火炎放射器ぶっ放してますw

というわけで、幸せニマニマ報告とネタ提供でした!

(Mさん)

あわせて読みたい