(ご感想)そうか。 わたしは愛したかったのか。 わたしの本質は愛。 わたしの使命、それは愛。



Mさんからご感想をいただきました!ありがとうございます!!

先生、こんにちは。先日は、「「良いダメ出し」と「悪いダメ出し」があるんですか?~向上心とダメ出しの関係について~」をブログ、Voicyで取り上げてくださってありがとうございました。今日は「自分の偉大さを受け取ることでしか、慢性的な問題は癒せない。」の記事への感謝もあわせてお礼のメッセージです。

わたしはクリスチャンですが、長らく苦しんでいました。先生のブログや本を通して、その苦しみが、自分が穢れているという感覚であったり、「あなたの罪は赦された」「あなたは清められた」「あなたは価高く尊くわたしはあなたを愛している」と言われても受け取れていなかったことから来ると分かりました。
自分軸を取り戻し、自己肯定感を高めていく中で、聖書の言葉への理解も深まり、少しずつ苦しみが癒されていきました。
そして「偉大なる自分の姿」を感じた時、ああ、わたしは、イエスを神・救い主と信じて名「我は主なり」「神は愛なり」を呼び救われた(腹の底から生ける水—御名(みな)—が流れ出た=聖霊を受けた=神の内住を体験した)のに、わたしはそれを十分に受け取っていなかった。わたしの内に神はいる、わたしと神は一つ、わたしは神の内に、神はわたしの内に、相互内住とはこういうことだったのか!との感動に満たされました。
素晴らしいわたし。体験していたのに、そうとは知らなかったわたし。それが今、素晴らしさがどれほどのものだったのか分かって、圧倒されています。
わたしはいつも、わたしを丸ごと愛してくださる神様の愛を人に知らせたかった。大切な人たちに、渇いている人たちに、丸ごと愛されることの素晴らしさを伝えたかった。
そうか。
わたしは愛したかったのか。
わたしの本質は愛。
わたしの使命、それは愛。
すさまじい実感です。涙が止まりません。

これからメンタルケアの勉強を本格的に始めるのですが、自分自身、大いに「愛」を受け取りながら、楽しく学びを進めて行きたいと思っています。そしていつかは何らかの形で社会貢献(お返し)が出来たらと思っています。でももし色々思うように出来なかったとしても、サレンダー、流れに身を任せる、プロセスを信頼する、まさに「万事相働きて益となる」アーメン、でいようと思います。
ありがとうございました。

(Mさん)

あわせて読みたい