(ご報告)「やっと気付いた?もうがんばらなくていいよ、両手を広げて一生懸命私を守っていてくれてありがとう」


おおおおお!!!すばらしい!!!!


根本先生、こんにちは
いつもブログを拝見したり、本を愛読させていただいています。
前に送らせていただいたコメントも取り上げていただいたりと、根本先生の大ファンの武闘派女子です。

先日、「自分の弱さを受け入れると、自分らしい生き方がしやすくなる。」と言う記事を拝見して自分なりにイメージをしてみました。

まずはいつもの自分、表に立っている自分が後ろで体育座りをしている自分に話しかけました。

ぐず
もじもじしている
自分の空想の世界が大好きで内向的
泣き虫
心配性
ぶりっ子…などなど

イメージの中で言っているうちに段々と涙が出てきました。
そしたら後ろの子がすっと立ち上がって「やっと気付いた?もうがんばらなくていいよ、両手を広げて一生懸命私を守っていてくれてありがとう」と言われ、後ろの子に抱きしめられました。

その瞬間、目を開けたら私は最近にないくらい号泣して嗚咽していました。

今、このメッセージを書いているのも泣けてしまうくらいです。
確かにいつからか私はしっかりしなきゃ、テキパキしなきゃ、ボーッとしていたりもじもじしていてはダメだと思い込んでいたのかもしれません。
周りが描く私の長所はしっかりもの、社交的、頼り甲斐があるです。確かにそれでうまく世の中を渡って来ていましたが、本来はもっとのんびりして空想が大好きな内向的な部分がたくさんあったのだと思います。

前に立っていた自分は一生懸命、弱い自分を守っていたのかもしれないし、弱いと思っていた部分が実はすごく優しくて、強くて、女性性にあふれていたのかもしれません。

弱いと思っていた私に抱きしめられたら少ーし、世界が違って見えました。

最後にとてもためになる記事をいつもありがとうございます!最近なかなか参加できていませんがセミナーにもまた参加させていただけたらな、と思います。



あわせて読みたい