(ご感想)春までには離婚して同居、夏頃結婚する予定です。

元ネタ「彼が奥さんとの離婚を決意してくれたのに、どうしよう・・・と戸惑っている私がいます。」でネタにさせてもらったYさん。
https://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/22052

感想をご自身のブログに書いてくださいました。
「結婚して幸せになるコミット」
https://ameblo.jp/tanutanu0619/entry-12331394695.html

ブログで紹介してもいいですかー?ってお聞きしたら、更なる追加報告頂きました。

根本さん

返信ありがとうございます✨
嬉しいです。

感想文やリンクなどはじゃんじゃん使ってやって下さい。
ついでに近況報告です。

おかげさまで、彼が妻から財布を取り戻し、弁護士にも相談に行き、離婚届を用意しました(破られたときのために10枚)。
春までには離婚して同居、夏頃結婚する予定です。

根本さんの超絶父性を受け取り、日々受け取り、幸せになるコミットもしつつあります。
親密感への恐怖を克服するために、母との距離を見つめ直し、母に彼とのことを話し、助けて欲しいと言ってみました。
そしたら、真剣に好きなら応援するし、再婚したいほど好きな人ができて再婚するのは嬉しいと言ってくれ、二人で食べなさいと肉を送ってくれたり、二人暮らしに家具や家電を買ってくれました。
きれいに生きていない私を受け入れてくれて何かが癒されていくのを感じました。
その後、一人で生きていけなくなる覚悟をしました。

ここで質問がありますので、ネタにでもして下されば幸いです。
彼のお母様は彼に対し裁判沙汰を起こすような感情的な性格で、そのため、彼はすぐに私の物言いをきついと言ったり、何事についても怒りを溜め込んで爆発させたりしています。
彼自身が自分を信じられないみたいです。
私は二人で幸せになりたいので、トラウマを彼に克服して欲しいと思っていますが、彼の選択もあるのですよね。
でも、何かしてあげたいと思ってしまいます。
パートナーシップは全てを癒すと言いますが、それは私の背中を見て二人で変わっていくということなのでしょうか。
彼にカウンセリングみたいなことやセラピーをするよりも、私が幸せになってエネルギーを流していく方が早いような気もしています。
アドバイスいただけると嬉しいです。

寒い日が続きますので、お体には気を付けて下さいね。
飲みすぎも程ほどに!

追伸
癒されれば癒されるほど、お酒が飲めなくなり、辛いものが苦手になり、香料がダメになり、気付けばバカにしていた自然派になりつつあります。
心理学的に見るとどういう意味があるのでしょうか。
アドレナリンが無くなってきて本来の自分になってきているということでしょうか?

質問ばかりで申し訳ありませんでしたm(_ _)m

お母さんと向き合えたこと、めちゃくちゃデカいですねー。その恩恵は「肉」だけじゃないですよね~(笑)
ほんと素晴らしいチャレンジをされたと思いますし、その娘の思いをちゃんと受け止めたお母さんも素晴らしい方ですねー!!

さて、一つ目のご質問。

>パートナーシップは全てを癒すと言いますが、それは私の背中を見て二人で変わっていくということなのでしょうか。

そういう部分ももちろんあります。愛する彼女の立ち居振る舞いを見て、彼が自分自身を振り返るということはよくあることです。
パートナーシップはお互い学び合いを続ける場ですよね。私も妻からは素直さとかまっすぐさとかオープンさとかほんとたくさん学びました。

それに加えて、彼をただ愛することで、彼のそのトラウマも癒してあげることができます。
セラピーやカウンセリングのようなこともそうですし、そのスキルを使って彼の話を聞いてあげたり、彼の心を軽くしてあげたりするのもその一つです。

「転移・逆転移」って言葉、聞いたことありますか?カウンセリング用語ですが。
彼はYさんにお母さんを投影するので「きつい」と言ったり、感情を爆発させたりするんですよね。その状態を「転移」と言います。
そして、そんな態度を取られるとだんだんYさんもまた彼のお母さんのような態度を取るようになっていきます。それを「逆転移」と言います。
きっと彼は前の奥さんとの間でそういうことが起きていたのだろうと思います。

けれど、それを逆手にとって、本来ならば彼のお母さんのように感情的になるところを、冷静に、優しく、彼を受け入れてあげることができたら、彼の中の「転移」は崩れます。
つまり、彼自身が「あ、これはお母さんじゃなくて、Yなんだ」と投影を取り戻すことができ、それにより、女性に対して抱えていたトラウマが一つ手放せるようになります。
そうして彼が抱えている痛みを愛の力で解消してあげることができるんです。

二つ目。

>癒されれば癒されるほど、お酒が飲めなくなり、辛いものが苦手になり、香料がダメになり、気付けばバカにしていた自然派になりつつあります。

癒されると心の声を聞き、その声に素直に従えるようになります。
そうすることで「私にとって」いらないと思うものが受け付けられなくなっていきます。
だから、今のYさんにとってはお酒や辛いものや香料が「必要ないもの」になってきているのでしょう。

多くの方がストレスから酒を飲み過ぎたり、甘いものを摂りすぎたり、刺激物を好んだりするのですが、癒されるとストレスフリーになっていきますから、そういう気持ちになるのでしょう。
とはいえ、これは「Yさんの場合」ですから、みんなそうなるってわけでもありませんけれど。

ということで、サクッと回答しましたが、大きな一歩を踏み出したYさん。ますますお幸せに~~~♪


関連記事