別れる覚悟はしていたけれど、こんなにしんどくなるとは・・・。



「ここ1,2年、あまりうまく行っていなくて。たまに会えばケンカばかりで、連絡しないまま1か月過ぎることもよくあって、私たち何なんだろう?って思ってて。しかも、きっと向こうも適当に女と会ってるんだろうな、という気配もあって、でも、何とか付き合いを継続していた状態で。だから、たぶん別れるんだろうな、とずいぶん前から覚悟していたんだよね。私もその準備というか、誘われたら飲み会にも行っていたし、口説いて来る男もいたし。あんまりいい男には出会ってないけど。
で、1か月くらい前に久々に向こうがうちに会いに来て『どうする?俺たち』っていきなり切り出されて『もうやっていく気ないんでしょ?』って言ったら、『そうだな。お互いさまだな。じゃ、そういうことだよな。今までありがとな。着払いで置いてる荷物送って。』とか言ってさっさと帰って行っちゃったんだよね。あっけないくらいで、むしろ茫然として。やっぱり別れちゃったなあ、と思って、でも、覚悟はできてたから大丈夫って思ってたんだけど、なんか意外としんどくて。あんな奴でも好きだったんだよなあ、と思ったら泣けて来ちゃって。」


それくらい好きだったってこと?
思ってた以上に?

「そうかもしれない。最後に会った時もやっぱりかっこいいな、と思ったし。5年付き合ってたからその情みたいなものもあるかもしれない」

しんどいってどんな感じ?
無気力になっちゃうの?

「無気力になるね。何もやる気にならない。仕事には一応行ってるけど、ミスもするし、役に立ってない感じ。店長さんには事情を話してるから『今はしょうがないけど、お客さんには迷惑かけないでね』と言ってくれてるから助かってる。」

付き合っている間、色々と我慢してたりした?

「友達にも同じこと言われた。『我慢しすぎてない?』って。好きだったからなあ。だから、けっこう合わせてた。でも、私も気がきつい方だからけっこうはっきり言ってたよ。だから、自分ではけっこうわがまま放題してると思ってたんだけどな。」

どんなこと我慢してたの?

「うーん。やっぱりもっと気遣って欲しいって言うか、優しくして欲しかったんだよね。なんか突き放すような態度をよく取られてて。向こうは『俺なりに優しくしてるつもり』って言うけど、そうかもしれないけど、全然伝わってこなかった。会うのも基本、向こうのペースだし。そりゃ、忙しいのは分かるけど、連絡ももう少しマメに欲しかったな。あと私からあまり連絡しないのも、一応、気を使ってのことだったんだけど、彼に『お前、俺のことどうでもいいんだろ?』って誤解されたこともあった。それは悔しかったな。」

ちゃんと弁解しなかったの?

「したよ。もちろん。でも、『ふーん』って感じだった。彼、家がちょっと色々あったみたいで基本的に人のこと信じてないみたいで。」

やさしさが受け取れない人なのね。
じゃあ、助けたいと思っちゃったんだ?

「助けたいってほど大きなものじゃないけど、どこか、彼のその寂しいところとか、一人ぼっちなところを慰めてあげたいって思ったのは事実。でも、助けられなかったなあ。それが悔しいのかな、私。」

それは大きいと思うよ。
だって、すごく好きだったし、助けたかったんだものね。
それが重たい原因かも。
でも、十分やったと思うよ。連絡しない以外でも色々と頑張ったんでしょ?
彼のためにいろいろやったんでしょ?

振られる覚悟はできてたけど、やり残した感じが一杯残っているのかも。
あれもしてあげたい、こうしてあげたい、そんな気持ちがたくさん残っててしんどいのかもしれないよね。

前に彼と約束したみたいな感じなんよ。
私が、あなたを救ってあげる、みたいな。
でも、その約束を守れなかった、そんな罪悪感があるんじゃないかな。

「あるかも。あるかも。うわー。泣けてきた。そう、助けたかったんだ、私。そうか。だからしんどいのか。」

彼を失った寂しさとかは覚悟できるよね。
一応、次の男も探してたし(笑)
でもさ、やっぱり助けたいとか、与えたいとか、そういう「愛すること」が行先を失ったんだと思うのよ。
しかも、助けたい気持ちがあって、この1,2年ってめっちゃしんどかったはずだし。

だって癒してあげたい人とケンカしてるんだよ。すれ違いだよ。
そりゃあ、めちゃくちゃしんどいって。自分のことも責めるし。

だから、十分やった、と思っていいよ。
自分にできることは全部やったって。

「でも、それ、めちゃくちゃ悔しい」

そう、負けだよ、負け。負けてあげたらいいよ。勝たせてあげなよ、最後くらい。

でも、ほんと、やれることはやったと思うよ。
だけど、通じなかった、受け取ってもらえなかった、そんな感じだと思う。

彼にしてあげたかったこと、とか、言えなかった言葉、とかいっぱいあるんじゃない?
それを書き出してみようよ。

ちょっと執着して苦しくなるかもしれないけれど。
それで、今度はそういうことをちゃんとしてあげられる自分に成長しようと思って欲しいんだな。

自分を責めるんじゃなくて、課題というか、テーマと言うか。
そしたら、それが長所になるよ。

「分かった。でも、乗り越えられるかなあ」

まあ、もう少し友達とか頼って泣いて。
頑張らなくていいから。
すぐに乗り越えられなくてもいいから。

で、またしんどかったら来てくれたらいいから。

「ほんと?ありがと。またしんどかったら聴いてもらいに来る。でも、少し軽くなった。すっごく重たかったから。でもなんでかが分かって楽になった。ありがと。」

ラブ・カウンセリング
男と女の心理学

こじれたココロのほぐし方 頑張らなくても愛されて幸せになる方法
 ★好評発売中!根本裕幸の近著。

あわせて読みたい