忘れようとすればするほど忘れられない!


ラブ・カウンセリング

「別れた彼のことがなかなか忘れられないんです」というお話をよく伺います。
夢の中から登場し、朝起きた瞬間から思い出し、一日中彼のことばかり考えてしまう、という方にもお会いします。

別れてすぐならば仕方がないと思えるけれど、もう1年も経つのに彼のことが忘れられない場合もありますね。

「彼のことを思い出さないようにしよう、忘れるようにしよう」と思えば思うほど、彼のことを思い出すし、忘れられないのが私たちなんです。

「~しないようにしよう」と思い浮かべるものって何だと思います?


ちょっとした実験です。

『マロンケーキのことは考えないようにしてください!』

もし、モンブランやマロングラッセが思い浮かんだら、それを打ち消そうとしてみてください。
「思い出さない、思い出さない。」とやってもいいし「紅茶、紅茶、コーヒー、コーヒー」と別のものを思い浮かべてもいいです。

・・・見事なケーキセットが出来上がりませんか?(笑)

マロングラッセを消そうとすればするほど、マロングラッセが強くなると思うんです。
私たちの心はそういう仕組みになっています。

それは失恋でも同じなんです。

元彼のことを忘れようとすればするほど、あなたの心には「元彼像」が余計にインプットされてしまいます。
元彼のことを思い出さないように、打ち消そうとすればするほど「元彼像」がクリアになっていくんです。

すなわち、逆効果なんです。

じゃあ、どうすればいいのか。

まずは、それを受け入れて、流す・・・ということをお勧めしています。

合言葉は「しゃあないよなあ」「仕方ないよな」「しょうがないね」です。

ある種、諦めにも似たこの言葉。意外と効果があります。

「元彼のこと、思い出しちゃうのもしゃあないよなあ・・・」

という風に思い出してしまう自分を受け入れてあげるんです。
そして、流す・・・。これが難しいと感じる方も多いでしょう。
「ただそのままにしておく」ということなんです。

悲しくなったり、むかついたり、虚しくなったり、辛くなったりするかもしれませんが、その気持ちのまま放っておく、という感じ。

そこで「忘れなきゃいけない」「考えちゃいけない」「早く抜け出さなきゃいけない」と思わないことなんです。

よくお話ししてるかと思いますが、「感情は天気と同じ」なんですね。
晴れの日が嬉しいけれど、雨だって降るし、梅雨もあるし、これからの季節は雪だって降ります。

寒ければ厚着をするし、雨が降れば傘を差すように、その天気に合わせて私たちは行動しますよね。

感情も同じなんですね。
「まだ彼のことを思い出して辛いなんて情けない。ダメなのに!」と思うのは、雨の日に「また雨降ってる。ありえない!」って傘を差さずに家を出るのと同じなんです。

風邪ひきますね。

だから、そのまま、なすがままにしておく。
もし、イメージが得意な方は辛くなったら意識的に「傘を差す」イメージをしてみてもいいです。
感情が溢れてきた方は遠慮せずに泣きましょう。その涙が心を浄化してくれます。
泣く場所がなければぜひ、優先的に作ってあげてください。トイレの個室もOKです。

「こうしなければいけない」というルールを外すことこそ、やはり大切なんですね。
このルールが本当に自分の首を絞めてしまいます。

もう1年も経つのに、というルールを手放すことです。
1年経っても忘れられないくらい強い恋をした証拠ですから。

そのまま、そのまま。

「ずっとこのままだったらどうするんですか?」って疑問が浮かんだら、こう答えてあげてください。

「その思いが流れたら、自然と次に向かい始めるから。今は、そのまま、そのままで。」

「信じられない!」って答えが返ってきたら、その不安を抱きしめてあげましょう。
「大丈夫、大丈夫」って自分に言い続けてください。

大抵手放しが進むと、こんな感じになります。

根本:「そう言えば元彼のこと、どうなりました?」

手放し女子:「ああ、時々思い出しますけど、以前みたいに辛くはないですね」

思い出さないようにする、忘れる、のではなく、思い出しても平気で、大丈夫になるんです。
大切な恋だから、忘れるのも切ないですからね。

参考になりましたら幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事