「あれっ?」を見逃さないで。



ラブ・カウンセリング

私のカウンセリング、8~9割が女性からのご相談なので、よく冗談半分で「めっちゃ女性恐怖症になるわ」などと言ってるんですけど、あながち嘘ではありませんで、深いところを知れば知るほど、怖いなあ・・・などと思うのです。

例えば、以前、とある奥さんがこんな話をしてくれたんです。

「私、夫が浮気して帰ってきたかどうかって、玄関のドアを開ける音で何となく分かっちゃうのよね~♪そういう時って、わざと笑顔で『お帰り~』って迎えに行くと、一瞬顔がこわばるのが分かるよの。もちろん、わざと気付かないフリをするわよ。何事も無かったかのように優しくもするしね。でも、そうすると男の人ってバレてないってホッとしちゃうみたいで、ふつうに携帯その辺置いてお風呂行っちゃったりするのよね。」


まあ、その奥さん。とても人のことをよく見てる方で、感性も豊かだし、表現力も豊かで、この話しだって面白おかしく話してくださったんですけど、よく聞くと怖いですよね?
数少ない(と思われる)男性読者の皆さん、ぞーっとしません???

彼女以外にも、かなりこの手の話を耳にしてきまして、女性の勘てのはやはり凄いんだな、隠しても太刀打ちできるものではないんだな、ということをしみじみ感じるわけです。

そういえば、とある火曜日担当のカウンセラーから聞いたんですけど、銀座のママさんクラスになると、お客さんのスーツとネクタイの組み合わせを見て、そのお客さんの家庭がうまく行ってるのかどうかが分かるらしいんですね。
怖いというか、もうこのレベルになると凄い!としか言いようがないです(苦笑)

もちろん、その能力は千差万別だと思うんですが、でも、我々男性と比べればそりゃあ、プロとアマチュアくらいの違いはあると思います。

で、わざわざなんでそんな話をしたかと言うと、女性の皆さん、ご自身の直感、どれくらい信じてらっしゃいます?ということなんです。つまり、もっと自分の直感を信じていいんですよ!ということです。
もちろん、自分の直感に既に万全の信頼を置いてらっしゃる方もいらっしゃると思います。そういう皆さんはぜひそのまま続けてください。

でも、自信がなくて不安でいっぱいだったり、今の関係がうまく行ってると思い込みたかったり、彼の愛情にあぐらをかいてたり、彼のことを買いかぶってたりすると、つい、彼が発した何らかのサインを見逃してしまいます。

浮気にしても、別れにしても、何か大きな問題がある日突然起こるってのはまずないと思うんですね。

何らかの予兆があって、徐々に大きくなって、ある日浮気が発覚したり、別れ話になったりするわけです。

時にはその予兆は事件勃発の数年前から発せられてることも少なくないんです。

特に、そういう事件が起きたときに「やっぱり・・・」と思ったとしたら、その予兆にあなたは気付いていた証拠。
何らかの事情で、そのインスピレーションをふいにしてしまってたわけです。

例えば、久しぶりに会った彼が、何か目を合わせてくれない。相変わらず楽しい話をして盛り上げてくれるんだけど、食事の最中もふっと目を逸らしたりする。あれ?と思って、「仕事、忙しいの?疲れてる?」と話を振ってみると「うん。そう。ちょっと最近大変でさ。後輩の尻拭いってのも楽じゃないよな。下っ端時代が懐かしいよ」と。でも、正直その振りは「お願い!その態度は仕事が原因であって欲しい」という気持ちが込められたもの。だから、彼がそれに乗ってくれた時に、ちょっとホッとしてる自分がいる。そして、「そう、仕事が忙しいからよ。疲れてるのに無理にあってくれてるんだ。じゃあ、今日はいつもより優しくしてあげなきゃ」と思い込もうとする。もう、その時点で、不安は的中してることにほぼ気付いているのに・・・。そして、数ヵ月後・・・。

予兆レベルでは、回避できることも少なくありません。
つまり、浮気の芽を摘むこともそれほど難しいことではないんですよね。
もともと浮気が趣味の彼でない限り、必ず躊躇があるはずだから。
だから、無意識のうちに何らかの「あれ?」というサインを彼は出してしまうんです。
でも、そこを気付いているのに、見ないふりをしてしまうということは、逆にあなたからGoサインが出てしまうようなものなんですね。

だから、自分のその直感をもっと信頼してみましょう!とよくお伝えするんです。
もっと自分を信頼してもいいですよ、と。
それだけの高性能アンテナを女性の皆さんは持ってるわけです。

時に、そのアンテナは、彼本人が気付いてすらいない変化すらキャッチできる性能を持ってるんです。
使わなきゃもったいないですよね。

しかも、こうしたアンテナは使えば使うほど性能が上がる成長型の仕様になってます。
だから、あなたが直感に従って動けば動くほど、精度は上がります。

と同時に、直感を信頼するってことは、女性性をアップさせることにもつながります。
だから、このアプローチは女性的な魅力を更に開かせてくれることにもなるんですね。

特に考え過ぎてしまう皆さん、少し感覚に身を委ね、直感の声を聴いてみませんか?

きっとそれが一番“正解”だと思うんです。

我々男性は、その能力にひたすら慄くだけですので、黙って晒し者になっておきましょう(苦笑)隠し事は無駄だということで・・・(汗)

#因みに、男性にももちろんその直感は備わってますから、使えば使うほど磨かれます。それは男女関係というよりも、仕事で大きな成果を上げてくれるはずです。

#今回は「直感を信じてね」というお話なので、「気付かなかった場合はどうしたらいいの?」という内容には触れておりません。ご了承下さい。

あわせて読みたい