[218]バツイチの友だちが誘ってくれるのですが、真意が分かりません!



<リクエスト>

バツイチの大切な男友達がいます。深い関係へのお誘いを受け、私が笑ってはぐらかすの繰り返しです。断っても断ってもめげずに(笑)誘ってきます。
どうしてそんなに誘うのか?したいだけならお断りだと言うと、そりゃあしたいけど、ただそれだけじゃない。自分でもよくわからないけど、○○ちゃんが好きなんだろうねぇ。と考え込んでます。
だからと言って、若い頃のようにがむしゃらになるとか、好きで好きでたまらないというような感じにもなれないとも言います。離婚で傷つき、友達以上恋人未満ぐらいが彼にとっては心地いいのかなと私なりに考えてみたりしたのですが、真意がわかりません。

(ぱんちさん)


<根本からの回答>

真意が分からない彼には、まずは私の真意を感じるところから。

似たご相談を頂いたことがあります。意外と多いのかもしれません。

ぱんちさんが感じてることで間違いないんじゃないかなあ、と思います。
友だち以上恋人未満がちょうど心地いい、というところ。

彼もめげずに・・・というのがいじらしいですね。それくらいぱんちさんが魅力的だということなのかな?
でも、距離感保ってるからこそ、できることなのかもしれませんね。本気にならないように、そうして(無意識に)暗示をかけているのかもしれません。

もっと言えば、会いたいときに会って、エッチもできて、お互いそれなりに好きで、でも、干渉し合わずにいて、離れたいときに離れられる関係。

都合良過ぎ・・・ということなのですが、逆に言えば、彼としても、次に傷ついたら後がないわけですよね。立ち直れないんだろうと思うんです。
それくらい傷が生々しいのかな?

だから、微妙な距離、絶妙な間を作って付き合おうとするのかもしれません。

それだけ前の離婚の痛手が大きかったのかな、と思います。
離婚のダメージって、やはり、見た目よりも遥かに大きいものだと思いますし。

ぱんちさんとしてはどうしたいんでしょうか?
そういう彼のこと、やはり心が揺れるから相談してくださるわけですよね?
あながち無下にもできないなあ、という感じ?
それとも、実はもう好きになっていて、という感じ?

これからも当分は、彼ははっきりした態度を取りませんし、曖昧な距離感を保とうとすると思います。
だからこそ、ぱんちさんの「はっきりした態度」が大事なんですよね。

これだけ誘われるうちに情も移るでしょうし、男友達から一人の男へと意識も変わってくるかもしれませんし、あるいは、「絶対ない!こいつとはありえへん!」というところなのかもしれませんし、それを自分なりにはっきりさせておくことなんです。

でも、その答えは流動的ですよね。だから、「はっきりさせる=ひとつに決める」ではありません。
あるときは「好き」、あるときは「友だち」、あるときは「エッチしてもいい」、あるときは「触れんといて」でいいんですね。

それを素直に表現していくこと、これが今からの関係では大切ではないでしょうか?

参考になりましたら幸いです。

=今日のミニレッスン=

私は今、どうしたい?を心に問いかけてみよう。

男と女の心理学

あわせて読みたい