適切な心の距離感を作り出すためのコミュニケーションについて~自分の気持ちに素直になり続けることの意味と効果~



同居→別居を経て再び同居になるなど物理的な距離の変化に気持ちが付いていかないことがよくあるものです。心の距離感を縮め、適切な距離を作るにはどうしたらいいのか?そのためのコミュニケーションについてお話ししたいと思います。

根本先生、こんにちは。

先日は「どうせ嫌いになれないんだから素直な自分の気持ちにとことん向き合ってみませんか?」で取り上げていただき、ありがとうございました!
あまりにも私のことを言い当てられていて、刺さりすぎて、痛すぎて、ぐぬぬぬぬと思いながら、最後まで読みました。

そして、そんな私の記事を見て、感想を送ってくださる方がいて、同じ想いの人がいるんだ!という安堵感と、誰かの役に立てて嬉しい!という気持ちで思わず歓声を上げてしまいました。

あれから「決めつけない、素直になる、夫は夫、私は私」とつぶやくことを習慣としてきました。
別のことで夫と揉めて、和解したときに今なら言える!と思い、「今まで追いつめてきて、ごめんなさい」と素直に謝ることができました。
するとどうでしょう、夫が別居をやめて戻ってきたいと言ってきました。
まあ、賃貸契約の期間が近づいているからという理由が主なのですが…

それでも、そう言わせた自分えらい!がんばった!と思い切り褒めてやりました。
そして、別居解消は考えさせてほしいと言ってしまいました(テヘ)

だって、ゲームが面白くて、一緒に住んだらプレイ時間減っちゃうから、嫌なんだもん!!
っていうのが、一番大きな理由なのですが、不倫が発覚した時、夫に「私に対しては家族愛になっちゃって」と言われたことが傷になってて、家族の距離に戻るのが怖いんです。

根本先生の本に将来住みたい家を想像するというのがあって、私の想像では夫と二人で小さな家に住んで、新婚のときのようにのんびり自由に暮らすのが夢なんです。

でも、今は一緒に暮らしたくない。
週末婚が丁度いいんだよなぁ。
でも、夫にそう切り出せない、言ってしまったら、もう一生一緒に暮らすことはできなくなりそうで怖くて。

根本先生には好きにしなはれと言われそうですが、決められなくて悶々としています。
いつか自分がもっと成長したら、決められるのでしょうか?
また取り上げていただけたら、幸いです。

ちなみに夫には好きじゃないとはっきりと言われてしまいました、とほほ。
名実ともに片思いをしています。
でも、家には帰ってきたいって言うし、セックスもあるし、お前私のこと本当は好きなんじゃないの?と勝手に思ってます。
(Kさん)

前のネタはいつのだろう?と思ったら案外ちょっと前なんですねー。
その間にずいぶんと変化が現れるなんてすごい。ミラクルだ!とシャンパン開けるにふさわしいできごとだと思います。

それだけ気合入れて自分軸を確立されたってことですよね。ほんと素晴らしいですー。

とはいえ、一難去ってまた一難・・・じゃないですけど、情熱系であり、武闘派を自負する女子たちは「平坦な道なんざ興味ねえぜ」とばかり、次なる課題をすぐに持ってくるんですよね。

それはまるでおもちゃの骨を尻尾振りながら拾ってきて「さあ、また投げてくれ!」とねだる獅子かドラゴンのようでございます。

・・・ていうか茶化して言ってますけど、案外、そんなもんなんですよね。

別居問題を何とかしたいとカウンセリングを受け、「解消しそうです!」と嬉しそうに報告してくれたかと思えば、「いや、でもね、正直、今は帰ってきてほしくないんです」なんて話、いったい何度耳にしたことか!笑

「まあ、そういうもんだよねえ、ほんと。戻ってきてほしいけど、いざ戻ってくるとなるとめんどくさくなるもんねえ」ってことですよね。

さて、こういう問題については「適切な距離感」について考えさせられるものです。

元々「家族の距離」で問題が起きて「別居」ということになり、ガーンとショックを受けつつも、自分軸、自分軸、と呪い(?)を唱えて、別居生活に慣れてきました。

そんなときに契約が切れるだか、あたしの体が恋しいからなのか、「戻ってくる」という話になると、途端に「え?マジっすか?いやー、ちょっと・・・」とたじろいでしまうのは無理なきこと。

だって、別居生活に合うように心の距離を整えたのに、いきなりそれを縮められたら「ちょ、ちょっと待って」と玄関にカギをかけたくなるものでしょう。

そして、同時に、かつて家族の距離だった頃のトラウマもありありとよみがえってくるのですね。

だから、家族の距離に戻るのが怖いと思うのはほんと素直な思いだと思います。

私もそういうときに「いきなり戻るってのは辛いっすよねー。」と言葉を合わせつつ、できれば、段階を踏むのがいいよなあ、と思うんです。

ジャンルは違うけど似たような話ってみなさんも体験されてるかもしれません。

緊急事態宣言が出されていきなり在宅勤務がスタートしたみなさま。
最初は家で仕事することに慣れずにいろいろと混乱が生じたと思うんですよね。
でも、だんだん慣れてきて、朝なんて特に時間に余裕ができたことが心地よくて「このまんま在宅勤務でええわあ」なんて思っていたんです。

けど、そうすると一人暮らしの方だと「一日中、生で誰とも話してない」「人の体温が感じられないのは寂しい」などと思うようになるわけです。

ところが会社の事情だか何だか知りませんが、いきなり在宅勤務がNGとなり、出勤しなければならなくなった方も多いと思うんです。(だから満員電車が復活した)

そうすると「在宅勤務だったら最悪8時半に起きれば何とかなるけど、出勤ってことになったら7時起きてメイクとかしないと間に合わないじゃん!」という現実に直面し、「だりーよー、めんどくせーよー、満員電車うぜーよー」という気になります。

となると「週に2,3日くらい時差出勤するのがちょうどいいかもしれん」という境地に至ると思います。

Kさんの話はこのケースとどこか似てるような気がしますね。

また、心の距離って問題では「遠距離恋愛をいきなり解消すると出てくる問題」というのがあります。「遠距離」だけじゃなく、「はじめは不倫だったけど相手(もしくは自分、もしくは両方)が離婚した故に、一緒に済めるようになった問題」もあります。

元々同じ職場でW不倫関係にあった、あるクライアントさん。
あるとき彼が大阪から東京に転勤(単身赴任)になり、物理的距離も空いちゃいました。
けど、彼女も出張が多かったので東京では堂々といちゃいちゃできて楽しかったんですね。

で、お互いの夫婦は元々冷めきってたんですけど、あるタイミングで離婚が成立。ますます盛り上がって将来を描くわけです。

そして、彼が2年半の転勤を終えて大阪に戻ることに。
一緒に住み始めるわけですけれど、そこから次々と問題が発覚。

今までしたことのなかった激しい喧嘩にお金の問題、さらには仕事上のトラブルも出てきて、わずか数か月で同居は解消。

別れるまでは行ってなかったんですけど先行きの不透明感が一気に増してしまいました。

で、私としては「まあ、今まで距離が空いてたところで成り立っていたのが、一気に距離が縮まったらそういう問題も起こるべ」と静観し、しばらくは別居生活するのが望ましいですよ、なんてテキトーな提案をしておきました。

その間に彼女自身の親密感への怖れやら女性性の問題やらを扱っていきまして、半年後には別居婚を選択され、「いつか一緒に住むけどそれまではお互いの家を行き来する関係がちょうど良い」というところに落ち着いたようです。

さて、そんなKさんのケースですけれど、Kさんが望むように週末婚くらいがまずはちょうどいいと私も思うんですね。

けれど、その辺って経済的な事情もあってなかなか現実化が難しい場合もあります。

別居になって確率された距離感をいきなり縮めるのもちょっと難しいわけです。

ただ、狙い通り週末婚を成り立たせるためにも、同居になって過去の悪夢を繰り返さないためにも何が大事か?っていうと、心の距離を縮めるためのコミュニケーションなんです。

※もちろん親密感への怖れとか手放し(許し)とか必要なことはほかにもあるかもしれませんけど。

>根本先生の本に将来住みたい家を想像するというのがあって、私の想像では夫と二人で小さな家に住んで、新婚のときのようにのんびり自由に暮らすのが夢なんです。

こういう将来の夢を実現するために、そこにいたる導線を描いていくためにも、ちゃんと腹を割って話ができるようになりたいもんですよね。

で、肚を割って話をするために何が大事か?っていうと、前回のタイトルにもありますけど「とことん自分の気持ちに素直になること」なんですよねー。

夫婦関係に限りませんが、近い距離だとあれこれ考えすぎるというか、「うまく話し合いたい」とか「場を乱したくない」とか「気分を害したくない、害されたくない」などの思いから、素直な気持ちを忘れちゃうことってありますよね?

誰もが「あれ、なんであたしこんなことしゃべってるんだろ?本音と真逆じゃん」なんて経験を少なからずされてるかと思います。

>もう一生一緒に暮らすことはできなくなりそうで怖くて。

なんて思ってしまったら、相手に合わせてしまいますし、当然ながらそこでは他人軸になっちゃいますよねー。

だから、そういう場合ってまず素直な気持ちをノートなどに書き出してみるんですね。
「気持ち」ってのは「矛盾」するのが当たり前なのでそこは気にしません。

いつかは2人で暮らしたい、けれど・・・

>でも、今は一緒に暮らしたくない。
>週末婚が丁度いいんだよなぁ。
>でも、夫にそう切り出せない、言ってしまったら、もう一生一緒に暮らすことはできなくなりそうで怖くて。

という気持ちがたぶん本音ですよね。
ま、ゲームしたいというのも含めて。笑

で、もう少し気持ちを掘り下げてみるといいんですよね。

「なんで今は一緒に暮らしたくないんだろう?」
「週末婚の距離がちょうどいいのはなぜなんだろう?」
「言ってしまったら一生一緒に暮らすことができないと思っちゃうのはなぜなんだろう?」

これもまたそのノートに書き出していきます。

自分が望むこと、自分がうれしいこと、自分がイヤなこと、自分が避けたいこと、自分が怖いこと。それに加えて相手への気持ち。

こういうのをつらつらとノートに書き出したら、次はお手紙にします。

彼に素直な気持ちを伝えるための手紙です。

これ、書き慣れないとなかなか筆が進まないし、何度も書き直したくなるし、書いてるうちに本音からズレちゃってイヤな感じになるし、まあ、ほんといろいろ出てきます。

でも、そこで想像してみてください。

手紙を書くだけでこんなに右往左往して混乱してうまく表現できないのに、話し合いをするとしたらどうなるんだろう?って。

この手紙、彼に渡してもいいですし、渡さなくてもどっちでもいいんです。
自分が何をどう伝えたいか?を整理することが目的なので。

ただ、気持ちを素直に表現して伝える手段としてはこの手紙は有効なので、クライアントさんたちには「その手紙を渡して、目の前で読んでもらい、そこでどう思ったか?などをインタビューしていくといいよ」なんてお伝えしています。

もちろん、自分の言葉(声)で伝えたいって方は懐にナイフじゃなくて銃でもなくてその手紙を忍ばせつつ、伝えるのもアリっすね。

コミュニケーションって不思議なもので、自分が腹を割って話した分だけ相手も腹を割ってくれる法則があります。

自分が掘り下げた領域まで、相手も掘り下げてくれるのです。

表面的な会話やテクニックで何とかしようとすると、相手もまた表面的に話をしようとするものですね。

だから、自分の気持ちを掘り下げていくことってお互いに腹を割って話すためにすごく大事なことです。

ただ、そこでリーダーシップってやつが問題で「だったら相手に先に腹を割らせたい」と思うのはコントロールなので、その希望はサクッと捨てたほうが良いです。笑
それに相手にその能力があるかどうかは分かってますよね?

気づいた人がやる!というのが大原則なので、この記事を読まれた皆さんは「ああああああ、あたしやああああああ。いややああああああ」と悶絶しながらも肚を括ってくださいませー。

また、こういうときの男の言動については「言葉はスルーして態度だけを見よ!」というのが鉄則でございます。

「好きじゃない」と言いながらセックスするってどういうことよ?と思うじゃないですか。
家に帰ってきたい、って言うのってどういうつもり?と思うじゃないですか。

だから、その態度や行動の方を見てると彼の本音もまた見えてくるものです。

ちなみに先ほどの話の続きになりますが、自分が自分の気持ちに素直になろうと自分の心を掘り下げまくっていくと、

・不思議と安心感や安堵感が湧いてくる→自分とつながって自分軸になってるから!

・相手の言動に振り回されなくなる→自分軸になってるから!

・相手の素直な気持ちが見えてくる→自分が自分に素直になってるから!

という現象が起こりますので、各方面においておすすめでございます。

こうして素直な気持ちと向き合い、そしてコミュニケーションを取っていくと、新たなミラクルが起きるかもしれませんし、何より「つながってる」という感覚が得られるので、その時々の適切な距離感も取れるようになるものです。

もちろん、自分が掘り下げていったのに相手がマゴマゴして表面的なコミュニケ―ションに終始する場合、「なんかおもんない奴」とか「うわ、きっしょ」とか「なんやねん、こいつ」みたいな思いになり、100年の恋もすーっと冷めていくから不思議なもんですね。

ということで、どちらにせよ、自分の気持ちに素直になることっていろんな副産物がありますので、相変わらずそのテーマでお願いしまーす!!


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
素直な気持ちを伝えるコミュニケーション術
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『素直な気持ちを伝えるコミュニケーション術

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい