大切な人と考え方ややり方が衝突するとき、どうしたら落としどころを見いだせるのでしょう?~パートナーシップ・コミュニケーションについて~



話し合い、というのは、多く表面的な「やり方」や「できごと」や「正しさ」や「理想論」に終始しやすいものですが、そこを下に降りていく(本音を探していく)方向でコミュニケーションができると、もっと重要な思いと出会えます。
そうすると意外と当初の問題は「ちっさいもの」に思えてきます。

こんばんは。以前カウンセリングを受けた者です。
根本さんのブログを読み漁る日々を続け、修行の末に自己肯定感が爆上がりしました。
ありがとうございます。もうすぐ結婚4年目に入ります。

ご相談したいのは、大切にしたい人と考え方ややり方が衝突するとき、どう臨んだら終着点が見えやすくなるのか?という点です。

現在は夫が始めた個人事業(飲食店)を二人三脚で運営しています。お互いに譲り難い点が3年経っても解決しません。
「今後も一緒に店に立って欲しい夫」と「彼の事業から抜けたい私」。一方の願いが叶えば一方は必ず叶いません。半分参加という選択肢は二人にかかるストレスが減らないため却下となりました。
なぜ私が夫の事業に協力しているかといえば結婚時に弱みを見せた旦那に同情してのことなのですが、店に立つことでストレスを受け続け、主張しないと生きていけないと考えた末に方向転換しました。
それでも毎日仲良く楽しく生きているので相当相性が良い方だと思います。ただ、満足感と力不足感と役不足感がごちゃっと絡んでくすぶっています。
おそらく夫も同じような気楽さと足かせを抱えています。

夫を振り切って好きなことをすれば夫が変わるか夫が替わるかで、求めているものが手に入るんでしょうか。
子なしで二人とも親は疎遠のため家族は彼だけです。彼の意向を軽視するのも抵抗があります。

何度も解決を試みましたが、話し合いのたびに二人とも疲労でパンパンです。
新米夫婦にアドバイスがあればお願いします。

鳥頭なので、過去に記事に書かれていたらすみません。
ネタになりましたら幸いです。
(Aさん)

このご時世、お店の方は大丈夫でしょうか?業態によってはなかなか厳しい時代ですので、何とか乗り越えていただければと思う次第です。

それにしても自己肯定感が爆上がりってすばらしいっすねー。ほんとすごいですー。
逆に言えば、今回のご相談はだからこそ、のものかもしれませんね。

さて、ものすごくいいテーマをいただきました。
ええ、ものすごく難しい問題ですよねー。
もちろん、私も奥さんとの間で何度もそういうことがありました。
で、うまく行った時もありますが、物別れに終わったこともありました。でも、経験とともに少しずつ話し合いはうまくなっていきます。

そう、結局のところ、話し合いなんです。
コミュニケーションなんです。

そして、夫婦のコミュニケーションなるものは深すぎて一向に底が見えてきません(天井が見えてきません、でもいいです。お好きな方をお選びください。)。

だから、少しずつ前はできなかったことができるようになっていくものだと思います。

で、どういう風にすればよいのか?という話ですが、理想論も含めてお伝えしたいと思います。

まず、「自分軸」っすね。
熱心なブログ読者からすれば、「ああ、また、それね。はいはい。それですよね、はいはい。」という感じかもしれませんが、ええ、偉大なるマンネリを目指す私は相も変わらず「自分軸ですね」です。

「私はどうしたいのか?」であり、「私にとって何がYesで、何がNoなのか」をまずは明確化していきます。

整理していきましょー!

私(Aさん)は・・・

・私は夫の事業から抜けたい。
・私は夫に同情して店に立っている。
・私は店に立つことがストレスである。
・私は夫と仲良く楽しく生きている面もある。
・私は彼の意向を軽視したくない。

という思いをお持ちなわけですね。(揚げ足を取ってみました)

これで「旦那のことが嫌いです」とか「あまりにハラが立つので琵琶湖に沈めたろうと思っています」とかだったら方向性はわかるんですけど、相性がとても良くて、仲良く、楽しい時間もたくさんあるってことで(要するに好きだし、愛してるってことよね)、そこが問題になっているんですよね。

まあ、言ってみれば「店に立ち続けることはなんぼ愛してたってしんどいわ!」ということだと思うんですけど、いかがでしょうか?

旦那のことは愛してる・・・けど、店に立つのはしんどい・・・けど、旦那といることは楽しい・・・けど、このストレスを抱え続けるのは嫌だ・・・けど、旦那を取り換えるのはまだ早いと思う・・・けど、けど、けど、、、、ですね。

で、Aさんとしては次のうちどれがいいんでしょうか?

(1)夫と一緒にお店をやりながら、全然ストレスを感じなくなれば幸せ。
(2)夫はお店、私は別の仕事をしてるんだけど仲良くやっていければ幸せ。
(3)今の店じゃなくて、別の仕事を夫と一緒にできれば幸せ。
(4)夫がバンバン稼いでくれて、あたしは家で鼻くそほじりながら漫画を読みまくるのが幸せ。
(5)ある日突然、疎遠だった親せきから「これ、あんたの相続分」と10億円渡されたので都心のタワマンを買って夫婦仲良く暮らすのが幸せ。
(6)油田を掘り当てて、夫婦ともども南の島で豪遊しながら仲良く暮らすのが幸せ。

どれもいいですよねえ。
でも、迷いますよねえ。(5)も(6)も魅力的ですよねえ・・・。うーん・・・。

でも、結局、旦那と仲良く暮らせたらいいんじゃね???という話かな、と思うのです。
お互い相性がいいし、一緒にいて楽しくて幸せだし、お互い親と疎遠だから一人にはしたくないし、なりたくないし。

旦那のこと愛してますよねー。
旦那さんもAさんのこと愛してますよねー。
二人で一緒にいたいですよねー。
楽しいし、一緒に笑えて幸せですよねー。

(はい、今、パートナーがいない、もしくは、野良猫に逃げられてやさぐれてる方は嫉妬の炎を燃やさないでね~♪あ、もう遅い???)

だからこそ、「お店を経営する方法」という点において、衝突してしまってるんですよね。
愛してるからこそ、お店に立つかどうかで揉めるんですよね。

(ほら、この記事を読んでる男日照りな武闘派女子たちが鼻息荒くして暴動の準備を始めてますよ!)

なので、敢えて、ですよ。敢えて、こう声に出してみてください。

「なんだ、ちっせー問題だな」

はい。もう一度、さっきより大きい声で(何なら旦那さんも一緒に)。

「なんや、めっちゃちっさい問題やな」

もちろん、お店の経営のことを小さいって言いたいんじゃないので、その点はご注意ください。

「ちっさい」と思ってみることで、一気に「なんとかなるわ感」が広がっていきます。
逆に言うと、何とかなるか、と思えるくらいまで何度も「ちっせーなー、ちっさいわー、ちっさ!」と言ってみるといいです。

一番のポイントは「自分が本当に大切にしたいことは何なのか?自分がほんとうに大事なのは何なのか?」ということです。

そして、

「あたしはあなたのことを愛していて、あなたと幸せに暮らしたいの!」

という素直な思いに気付き、認め、受け入れ、それを主張すれば、表面的なできごとはすべて「ちっさいこと」になるんです。

そうすると「ゴール」が決まるんです。

さっきの(1)~(6)の選択肢で言えば、どれでもいいんです。

Aさんは旦那さんと一緒にいて楽しく、幸せに暮らせたらそれでいいんですよね。
でも、お店に立っている時間は幸せじゃないんです。だから、問題なんですね。

・・・とまあ、当たり前すぎることを力説しているわけですが。

なので、まずはそこに意識をフォーカスしてみましょう。

たぶん、旦那さんも同じ気持ちでしょ?

そうすると、お互いに、お互いのことを愛していて、一緒にいたいと思っていて、大切な存在だと思っているとその後の話し合いがスムーズになるんです。

つまり『安全であることが確認されました』からです。

別れたり、傷つけあったり、不安にさせたり、脅したり、コントロールしたり、そういうことをしたいんじゃない、と。
幸せになりたいんだ、愛しているんだ、ということにコンセンサス(合意)を取ることは【安全宣言】になりますね。

で、そうすると愛を確かめられて、安全であることが確認されるので、その「ちっさい」問題についても解決の道が見やすくなります。

そして、何よりも愛が確認できて安心が保証されると、人は本音を語りやすくなります。

旦那さんはなぜ奥さんと一緒に店に立ちたいのでしょうね。
なぜ、そんなにきつい思いをしながらもずっと2人で頑張ってきたのでしょう?
そして、お互いに3年も衝突しながらもずっと話し合ってきたのはなぜでしょう?

そうして、お互いの「本音」が聞けるようになると、なんでもよくなっていくんです。

つまり、妻がお店に立たなくても大丈夫だし、妻がお店に立ってもやっていけるし、石油王にならなくても幸せになるし、けれど、やっぱり親族から10億円は相続したいか(笑)

話し合い、というのは、多く表面的な「やり方」や「できごと」や「正しさ」や「理想論」に終始しやすいものですが、そこを下に降りていく(本音を探していく)方向でコミュニケーションができると、もっと重要な思いと出会えます。
そうすると意外と当初の問題は「ちっさいもの」に思えてきます。

そして、二人のコミュニケーションはやがては「愛」の層にたどり着くものです。
そこまでたどり着くには何年もかかることが一般的ですし、一度たどり着いてもまた迷子になることもありますが、諦めずに続けていくことでどんどん世界は変わっていきますね。
そうすると夫婦の話し合いはたとえ意見が食い違っても安全なものとなるんですけど、たぶん、それが「信頼関係が確立された状態」と言えるんですよね。

なかなか道は険しいですねー!笑

★競争を手放し、本音とつながるためにお役に立てるかも。

『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』(大和書房)

*東京/オンライン:心のメイクを落として本来の自分らしさを取り戻すワークショップ
1)6/20(土)14:00-17:00【早くに自立して、いろんなものを背負って生きてきた。】
2)7/12(日)14:00-17:00【誰かのためについ自分を後回しにしてしまう。】
3)7/26(日)14:00-17:00【何かと背伸びをして、前向きに頑張ってきたけれど。】
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/35290


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
パートナーシップ・コミュニケーション
 
★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
https://youtu.be/TkZIBQEsYgQ
 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
https://cocoro-marche.com/member
 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
  >https://cocoro-marche.com/

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

音声・動画配信サービス

セミナーDVD

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい