パートナーシップに「溝」が生まれる理由~悪気のない「常識」がお互いを傷つける~



親密感がより高まるほど、お互いの「常識」がぶつかって「溝」を作るようになっていきます。
しかも、その「常識」、あまりに当たり前すぎて自分でも気づかないほどのもので、それゆえに相手をバカにしたり、否定したり、コントロールしたくなったりするので、ますます溝が深まってしまうのです。

根本さん、こんにちは。
2年程前にセミナーに参加させて頂き、それから欠かさずブログを読んでる40代後半たぶん自立系武闘派女子です。
ブログは私の教科書の様なもので、なかったら生活していけないかもしれません。笑
どうか末長く続けていってくださいね。よろしくお願いします。笑

セミナーは、当時、夫との離婚問題に3年悩んでおり、もう修復作業にも疲れ、夫への執着を手放したいと思い、参加させて頂きました。

その後、離婚してすぐに新しい彼が出来て1年になるのですが、色々と悩んでおります。。

彼は、愛情表現豊かで、頼り甲斐があり、私のことが大好きです。
愛されているという安心感が何より落ち着きますし、色々な場所へ出かけたり旅行を計画したりして私を楽しませてくれます。
私、段々なにも出来ないダメ人間にならない?と思う時もあるくらいです。

彼は少し私に依存しているのか、1週間も会わないと、顔忘れそうとか、ほっとかれるのは嫌だとか、早く結婚したいとか、週一ペースは崩したくない(えっちの事です笑)とか言いだします。

でも私も忙しい中、時間を作って会いに行っているし、ちゃんと彼の事を想っています。伝わってないような気もしますが。。

彼は父親を小さい頃になくしていて、母親の愛情が充分ではなかったのではないかと、彼の色々な話から想像出来ます。

私は普通の家庭の長女に生まれました。
歳の離れた妹がいて、私もまた親に甘えることはなく、母親に対して未だになにかモヤっとしたものを持っています。
今は、自営業で土日も仕事、家には成人している娘もいます。大学生の息子もたまに帰って来ます。

母親業を一生懸命やっていると、「俺の事は2の次だ」とか、「自分の事しか考えてない」とか言われます。
自分の事じゃなくて子供の事なんですけど、と思うのですが、何度も同じ事でけんかになっていて、正直どうすればいいのかわかりません。
最近、俺は子供いない時の穴埋め、と言われました。
どうしてそんな風に思うのでしょうか?

子供の事を優先してしまうのは母親としては本能というか、仕方のない事ではないですか?
男にはそれがわからないのでしょうか?
理解してもらうにはどんな言い方をすればいいのでしょうか?
そもそも理解してもらおうと思うのは難しいのでしょうか?

本当は、私が忙しくて会えなくても、「じゃあその日は〇〇でもするわ~」と言ってくれる方がいいのですが。。
自分勝手ですか、、?

でも今は、せっかく一緒にいて楽しくて、安心出来る彼を見つけたので大事にしたいと思っています。
別れてしまったら後悔するような気がします。
私はどうすればいいのでしょうか。。

ネタにして頂けたら嬉しいです。
ご指導よろしくお願いします。。
(Mさん)

パートナーシップのような近い関係性だと、お互いの常識や当たり前、正しいと思っていることで衝突することがとっても多いんですよねー。
というか、ほとんどそれと言ってもいいくらいで。

「正しさの争い」とか「主導権争い」と言います。
パワーストラグルって表現されるんですけどね。「争い」です。

で、この問題が厄介なのは、

・お互いに悪気があるわけではない。
・お互いに「そんなの当たり前じゃん!」と思っている。
・お互いに「なんであなたはそれを理解できないの?」と思っている。
・お互いに「理解できないあなたはおかしい!」と判断している。

という流れを辿ることです。

そして、ケンカというのはそこで「自分の正しさ」を主張し、「自分の方が正しい!お前は間違っているんだ!」ということを認めさせようとするプロセスです。

ところが、自分ではそれが常識・当たり前と思い込んでいるので、そもそもそれが正しさを主張していることに気付きません。

むしろ「常識を知らないこの人に私が常識を教えてあげてる」くらいの気持ちでいたりします。

「えー、そんなの当たり前じゃん。なんでそれが分からないの?あんたおかしいの?」くらいのニュアンスを含みます。

まあ、それで上から目線になってしまって余計にケンカがこじれることもよくありますよねー。

でも、自分としては「何もまちがってない」と思っているわけで、そこに溝が生まれ、修復不可能になっていくことも多いものです。

で、その仕組みが分かるとしなくてもよいケンカを回避できますし、お互いに一歩理解が深まります。

つまり「いったい私たちは何でケンカしているのか?」について理解を深めることなのです。

例えば、Mさんの場合、

>子供の事を優先してしまうのは母親としては本能というか、仕方のない事ではないですか?

というのが「正しさ」であり「常識」であり「当たり前」になっているんですよね。
で、もちろん、多くの母親がそういう意識でいらっしゃるかと思います。

だから、この思いについて間違っているとも思いませんし、そりゃそうだよねえ、と思います。
つまり、その考え方を改めなさい!というつもりは毛頭ありません。

ただ、問題なのはそのコミュニケーション方法であり、伝え方なんですね。

「子どもを優先するのは母親として当然なんだから、あんたが『俺のことは二の次だ』とか言うのはおかしい!」という伝え方がケンカを引き起こすわけです。

つまり、その考え方は間違ってないけど、伝え方が間違ってるんじゃない?ということです。

ここが非常に重要なところでね。

つまり、こういう言い方をしてしまうと「私が正しくて、あんたがおかしいんだから、考え方を改めなさいよ!」と伝わってしまうんですね。

要するに「干渉されている」「間違ってると言われる」という風に相手に受け止められてしまうわけです。

そして、相手はそれに反発しちゃうわけですね。

だから、ケンカってだいたい変な方向に進んでいきます。それが言いたいんじゃないのに!とか、そういうつもりじゃないのに!という風に。

Mさんは彼に対して、

>男にはそれがわからないのでしょうか?
>理解してもらうにはどんな言い方をすればいいのでしょうか?
>そもそも理解してもらおうと思うのは難しいのでしょうか?

という風に思っていますよね。
これ、逆に自分に対して言われたらカチンと来ませんか?

つまり、こういう思いを持っていると、どうしても「彼がおかしいのだから、何とか彼の考えや行動を改めさせたい」という「コントロール」になってしまうんです。

Mさんはコントロールされるの、お好きですか?

自分の主張を理解してほしい、という思いが、まさか、相手をコントロールすることになっているとは!というわけです。

まあ、お互い線引きがここは必要なところですよね。いわゆる、自分軸って奴。

私はこう思っている。
彼はこう思っている。

これをまずは自分の中できちんと意識することですね。

お互いの家庭環境について理解しています。
だから、彼が寂しがるのも分かります。

また、彼が自分のことを大好きでいてくれるのもよく分かっています。
それは嬉しいし、幸せだし、ありがたいし、貴重な存在ですよね。
そして、その愛をちゃんと受け取れている自分がいます。

彼はその家庭環境から寂しがり屋で、私に依存してきています。
だから、私が彼よりも子どもたちを優先していると嫉妬しますし、拗ねます。

「俺のことは二の次だ」と言います。
私はそのつもりではないのだけど、彼はそういう風に見えてしまうようです。

それくらい彼は寂しい思いをしてきたのでしょう。

一方、私は私で母親との関係に色々と問題を感じているし、それが自分の考え方に影響を与えているから、その彼の言葉に自分も反発を覚えてしまうのでしょう。

お互いにそこに問題があるみたいです。

一緒にいるときはこんな風に考えるのは無理だと思うので、一人になったときにふと二人の関係を振り返りながら、そんなことを考えてみてもいいかもしれません。

で、そうして自分にも問題があり、相手にも問題がある、という風に切り分けられたらいいのです。

そうするともう少し客観的に彼の態度を見ることができると思います。
そしたら、伝えられる言葉も変わってきますよね。

今回のケースで言えば「母親が子どもを優先するのは当たり前だから、あんたは自分で○○しときなさいよ」と突き放すと、彼は当然ながら寂しくなりますよね?

じゃあ、どのように言えば彼は突き放された、見捨てられたと感じずに、Mさんの気持ちを受け止められるのでしょう?

「私は母親だから子どもを優先しちゃうの。それで寂しくさせちゃうかもしれないけどごめんね。でも、私はあなたのことはとても大切に思っているし、愛している。」という言い方はどうでしょうか?
もちろん、どんどん応用編を考えてみてください。

「あなたは母親の愛が十分でなかったからつい見捨てられたような気持ちがしてしまうんでしょう?でも、そうじゃないのよ。私はそんなつもりないのよ。私はあなたのことが大好きだし、あなたの愛に感謝してるよ」的な言葉も良いかもしれません。

で、そもそもケンカになる前にやっておくことはたくさんありまして、Mさんはとても上手に、よくやってらっしゃるので、たぶん心配ないと思うんです。

感謝や愛情もちゃんと伝えているでしょう?
有り難いなあ、って彼の愛に甘えられているでしょう?

たぶん、それで十分だと思うんですよね。

だから、敢えてもう一歩踏み込むのであれば、やはり母親との関係でしょうか。

★オンラインで「恋愛講座」やります!

オンライン:4/4(土)14:00-16:00/20:00-22:00 自立系武闘派女子のための恋愛講座特別編~愛し、愛され上手を目指す道/親密感への怖れを溶かす方法

https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/34490

★動画でがっつり学ぶ恋愛講座!!

○恋愛講座「自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せになる覚悟とは?~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/33114

○「史上最強の恋愛講座~絶対に失敗したくない恋愛に役立つ11の法則~」
http://nemotohiroyuki.jp/dvd/19388

今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
「自分では当たり前すぎて気付いていない常識が2人の間に溝を作る」
https://voicy.jp/channel/962/76082
 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

音声・動画配信サービス

セミナーDVD

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい