彼とのセックスの回数がだんだん減って来た(汗)



あなたにとって彼とのセックスってどんな意味があるでしょうか?
愛されていることを実感する機会?女としての喜びを実感する場?
付き合ってしばらくしてお互いの関係が落ち着き出すと「安定・安心」を求める男性は、女性の前で気を抜くようになるものです。それは愛がなくなったわけではなく、表現が変わったのですが、さて、そこではどんな手を使えば良いのでしょうか?

はじめまして。
根本先生のブログ、voicyをいつも楽しみにしています!
私は26歳女で、素敵な女性になろうと奮闘中です!
彼に愛情表現して、わかったって!と照れた顔を見るのが楽しい今日もでこの頃です。今、私は7つ歳上の彼とお付き合いしています。
彼とは春に街コンで出会い、その後ほぼ毎週車で3時間かけて会いにきてくれてます。とっても感謝です。
私は少し前まで、そんな彼から愛されてるか不安で、根本先生のブログを読んで彼の愛情表現を知り、「あれ?愛されてるかも」って、だいぶ心が軽くなり、もっと彼を愛したくなりました、ありがとうございます。

本題なのですが、最近セックスの回数が減ってきています。大事なコミュニケーションを失いたくありません。私から勇気を出して、したいなぁって伝えればするので、まだセックスレスにはなってないです。そうなる前になんとかしたいです!
また、私から誘ったときのセックスでは愛されてないような気がして、彼から誘ってもらったときしか愛されてると感じられません。そう感じるのは何故でしょうか?そう感じるのは普通ですか?

セックスの回数が減ってるのは彼が仕事終わりに来てくれてるので疲れてるのもあると思います。テレビ観ながら寝ちゃうし、癒してあげたいと思ってマッサージしてあげると彼は完全に睡眠モードです。私、自分でチャンスつぶしてます?笑

また、私は今の彼と付き合うまで、セックスに良いイメージがありませんでした。セックスで愛情を感じられなかったり、母がそういう話などをタブーとするタイプだったことや、元父親(私が小学生の頃に母と結婚し、数年前に離婚しました。)にお風呂あがりを覗かれたり、誕生日にバイブをプレゼントされたりしたので、異性や性的なものに悪い印象がついてしまっていたことも原因だと思います。
やっとセックスは愛情を持ってできるなんて素敵で大事なことなんだ!と気づけたので、したくてしょうがないみたいです。自分でもびっくりしてます。

最近気づいたのですが、お互いスキンシップ大好きなんですけど、私はそこに、子供の頃欲しかった愛情を得ようとしてると感じました。私が幼い頃、母は昼は仕事、夜は遊びに出掛け、祖父母と暮らしてたので、昼も寝るときも祖母といました。母もひとりの人間として幸せを選んでいい、と思ってますが、許せていないのでしょうか?
お恨み帳かくのと、インナーチャイルドを癒すことが必要ですか?

私は何から始めたらいいのでしょうか?

まとまらない文章で申し訳ないです!
よければアドバイスください!
よろしくお願いします。
(Kさん)

なぜか「Kさん」がつづく今日この頃でございますね(笑)たまたまなんですけどね。

さて、Kさん、めちゃくちゃ勉強してくださってますねー。素晴らしいですー。
心理的なことはどれも「おっしゃる通り!!」で、何らコメントすることはありません。
よくご自身のことも分かってますしねー。とても賢い方なんだろうと思いますー。

付き合ってどれくらいなんでしょうか?そんなに長くはなさそうですけれど・・・しかし、車で3時間かけて会いに来てくれる・・・すごいなあ。その距離感。
大阪から車で3時間となると、高速使うと東に行けば名古屋も超えるし、西に行けば岡山くらいまで行っちゃいそうです。

それが彼なりの愛情表現なんでしょうねー。

さて、男ってのはみなさまご存知の通りナマケモノであり、甘えん坊であり、女子よりはるかに「安定を好む」傾向があります。

最初の頃は新鮮さもあるし、Kさんの気持ちを掴みたいし、また、性欲もあるし、で、セックスの回数も多いんですけれど、だんだん落ち着いてくると徐々にサービスが悪くなるんですよね。

私の元にもKさんと同じ思いを抱かれる武闘派な皆さまが、武器を携えて怒鳴り込んでこられるわけですけれど(笑)、そんな時は「ああ、安定期に入ったのね」と解釈することをまずはお勧めしています。

セックスを求めてくれる頻度が下がると「あれ?愛してくれなくなったのかな?もしかして、気持ちが離れたのかな?」なんて不安になる女子は多いと思うんですね。
セックス=愛情表現になっているのかもしれません。

そうするとKさんは「自分から求めたセックスにあまり愛情を感じない」と思うことになります。
「セックスを求められることこそが、愛されてる証拠だ!!」と思ってしまうようなもんです。

だから、回数が減ってくると「愛が減った」と解釈してしまいがちなのですが、男性心理はちょっと違うんです。

男性心理的には安心感を覚え始めるとガツガツとセックスにエネルギーを割かなくなることが多いものです。
そもそも30代以降の男性は、それまでに比べて性欲自体が衰えてくる人が多いので、女性から誘わないとすぐにレスになっちゃう危険性はいつもあります。

セックスが愛情表現だということは頭では分かっていても、どちらかというと性欲を満たすための行為として男性は捉えやすいのも事実で、そうすると、関係が落ち着いてくると途端に「しなくても大丈夫」な気分になってしまうんです。

Kさんも理解されてるように、仕事終わりに3時間かけて車で来てくれて、当然、疲れもあるでしょう。
そうすると、それが今までは「頑張ってやっていた」けれど、今は「頑張ること」がちょっとしんどくなってしまうわけです。

そう、彼に限らず多くの男性にとってセックスは「頑張るもの」になりやすいんです。
彼女を気持ちよくさせること、ちゃんと前戯をすること、自分勝手にイっちゃいけないこと、など、彼が優しくて誠実的であればあるほど、セックスにそんな義務感を持ってしまうんですね。

もちろん、彼女を喜ばせてあげたい、一緒にセックスを楽しみたい、という気持ちもあるんですけど、その義務感は関係性の安定と共に強くなっていきます。

そういう意味では「最初の頃はすごく優しく愛撫してくれたのに、最近はなんか自分勝手なセックスになってしまった」なんてご相談も珍しくないものです。

でも、それって決して愛情が冷めたわけではなく、むしろ、彼の中ではKさんへの愛情が大きくなってきたから起きることなんです。

その辺は男女で捉え方が違いますね。

ふたりの関係が安定すると、男は女に甘えるようになるんですね。「もうこの女は自分から逃げて行かないだろう」なんて慢心みたいなものも生まれて「安心」してしまうわけです。
だから、マッサージが気持ちよくてそのまま寝ちゃうんですよね。

そうした「安心した姿をさらすこと」が彼にとっては愛情表現でもあるんです。
ワンコがお腹を見せて「撫でろ~」と催促するようなもんですね!

似たようなことはセックス以外でもよく起こります。

・初めの頃はあれこれデートプランを練ってくれていたのに、最近はお家デートばかり。

・付き合った頃はおしゃれしてデートしてくれたのに、なんだか最近は手抜きしてる?

・はじめは「かわいい」とか「おしゃれ」とか「優しいよね」とか「ロケットランチャーの扱いが上手だね」とかいろいろ褒めてくれたのに、最近は全然褒めてくれない。

なんて感じでね。

とはいえ、「おいおい、そんなの一方的過ぎるだろ。こっちは一生懸命サービスしてやってんだよ。なんだよその態度は!」と寝ている彼に冷水をぶっかけたくなるんですよねー(笑)

ということで、今の彼の態度は彼の愛情から来るものだと一応、理解しといてください。
「私と一緒にいて安心してくれているんだー」という風にね。

とはいえ、それだけではせっかく性の喜びを知ったKさんとしては不満しか出てきませんよね。

・・・で、Kさんの愛情に甘えてサービスが悪くなってきた彼にどんな仕打ち、あ、いや、どんな手を使ったらいいのか?ということをちょっと考えていきましょう。
この辺は過去にも何度か紹介しているので、良かったら過去記事も漁ってみてください。

Kさんは「セックスが大好きな女」ってどう思いますか?
はしたない感じします?いけないことのような気がします?恥ずかしいことのように思います?あるいは、お母さんを思い出して嫌な気分になります?

性的なイメージも当然ながら両親の影響は大きいんですけど、Kさんのお母さんや、あるいは元お父さんから受けたことは、ご自身のセクシャリティを封印してしまうきっかけになるかもしれません。

そういう体験があると、性的な目で見られることにすごく抵抗があったり、自分が性欲を持つことを嫌悪したりしやすいもんなんですよね。

そうすると、人はそうした嫌悪感や抵抗を隠すためにセックスに喜びを感じないようにしたり、あるいは、セックスを「愛情表現なんだから!大丈夫なんだから!」と正当化して受け入れようとしたりします。

今の彼に「この女はセックスが大好きだから、セックスをサボると機嫌が悪くなるし、浮気だってされるかもしれない」と思わせてあげることは、レスの回避に大変役立つんですけど、性に対して抵抗が強いままだとその作戦が遂行し辛くなるんですよね。
(これは彼に「刺激」を与える良い方法なんですよ)

そういう意味で、セックスが好きなことを堂々と認めようぜ!それを彼に公表し続けようぜ!というのがおすすめです。

それと同時に、彼とのセックスをさらに良いものに昇華させるために「メイクラブ」について学びましょう。
愛し合うセックスであり、お互いの思いをより高め、ますますかけがえのない存在にしてくれるセックスのことを言います。

メイクラブを遂行するにはお互いの心がオープンになっている必要があります。
しかし、思考的な男性はなかなかそれが得意ではありません。
となると、彼女の方がより彼に心を開いて導いてあげる必要もあるのです。

とはいえ、特別なことをする必要はありません。
愛してる、という言葉を伝え、より自分が喜びを感じられるセックスを創造し、そして、ますますセックスを楽しむことをまずは目指せば良いんです。

ただ、そこに何らかの抵抗や嫌悪感や怖れがある場合は、お母さんのこと、元お父さんのことについて詳細に振り返ってみるといいと思います。

・お母さんに言いたかったけど我慢したこと。
・お母さんのこんなところが嫌いだー!リスト
・お母さんへの御恨み帳
・元お父さんへの御恨み帳(これ、たくさん書いた方が良いね)

そして、自分の性や性欲、セックスについてありのままに認めていくことをやっていきましょう。

そうすると自分から誘うことも抵抗なくなるし、自分から誘っても愛情を感じられるし、彼のことがもっと好きになれるし、もっとセックスを楽しみたくなるし、いいことがたくさん起きてきますー!

Kさんがよく分かってらっしゃるなあ、と思うのは、お母さんとの話ですね。
だいぶ寂しい思いをして、だから彼とのスキンシップを求めてしまうことをちゃんと理解できてるのは素晴らしいことですねー。

それはお母さんとの問題でもあるし、今でもちょっと居場所がない感じってしませんか?

先ほどのお母さんと向き合うワーク3つ、ぜひやってみてください。

インナーチャイルドワークも合うでしょうねー。
簡単な方法としては「子どもの頃の自分にお手紙を書いてあげる」ということね。
数回お手紙を書くと、自然と心の中のその子と話ができるようになります。

その子の寂しさが癒されてきたら、彼に対して求める気持ちも少しずつ変わっていくでしょう。

そういう意味でも彼はほんとうに多くのことを教えてくれる素敵なパートナーですよねー。

★このセミナーはきっと合うんちゃうかな?

ジュンコ先生の「大人の性教育講座 体は大人、心は思春期のあなたへ」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/33028

★彼と向き合う、母と向き合う、セックスと向き合う、が同時にできるぞ。

東京:1/12(日)11:00-18:00 愛で問題を解決する1DAYセミナー
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/32857

★男女の違いを理解する

「愛されるのはどっち」(リベラル社)

「頑張らなくても愛されて幸せな女性になる方法」(リベラル社)

今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
https://cocoro-marche.com/

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい