夫に触れられたくないのですが、どうしたらいいのでしょう?



関係性が思春期に入ると、よく「夫に触れられたくない問題」が出てくるものです。
・今までの夫婦関係を振り返る
・思春期に反抗期があったかどうかをチェックする
・親に対してわだかまりはないだろうかをチェックする
・性的なことに対する抵抗は強いのだろうか。
そんな視点からこの問題を見てみるのはいかがでしょうか。

根本様

初めまして。
最近メルマガを登録し、楽しみに読んでいる新参者です。
私はバツ1.5くらいで現在再婚して5年半です。

現在の夫が怒りっぽく、暴れる、物を壊す、たまに暴力、などがあり、私は離婚準備のために会社員の他に副業としてコーチングの勉強をしてきました。

ところが、私が勉強し始めて2年ほどで夫がガラリと変わってしまい、全く怒らなくなりました。私の変化が夫の変化となったようです。

それなら別に離婚する必要もないか、と思い直しているのですが、ただ一つどうしても嫌なことがあって。どうしてもどうしても夫にだけは触られたくないんです。

怖かったので我慢して応じてきたせいなのか、体も全く反応せず、激痛で悲鳴を上げています。50歳という年齢ですし、色々と変化もあるでしょうし、それをわかっているのに求めてくる夫がどうしても嫌なんです。

拒絶するといじけて拗ねてとってもめんどくさいので、ガマンしてやってやればとりあえず1週間はおとなしいかな、みたいな感じです。

普段から暇さえあれば抱きついてくる、キスしてくる、胸触ってくる・・・
そういうのがもう全部嫌で嫌で。(やめて欲しいとは伝えています)

夫のことは一緒に暮らす分には全然嫌でもないですし、多少の不満はありますが助けてもらってる方が多いので感謝しています。

私自身の性的なトラウマと言えばたくさん思いあたる節はありますが、でもこれほどまでの嫌悪感は今までなかったので何とかならないかなと思っています。

多分こう思っている奥様がたくさんいらっしゃると思いますので、ネタにしていただけたらと思います。

よろしくお願いします。
(Kさん)

バツ1.5というところにツッコミたい衝動に駆られますが、それはまたの機会にして、確かに「旦那に触れられたくない!」と感じられている奥さまはとても多いと思いますねー。

それにしても、

>ところが、私が勉強し始めて2年ほどで夫がガラリと変わってしまい、全く怒らなくなりました。私の変化が夫の変化となったようです。

これ、すごいですねー!!!めっちゃすごいですね!!!ほんと、良かったです~!!

コーチング、カウンセリング、心理学などを学ぶ(座学よりも実践的な方ね)と、こういう変化が訪れることがよくありますよねー。

これからのお仕事的にも素晴らしい体験ができたんじゃないかと思いますー!!

さて、本題ですね。

>私自身の性的なトラウマと言えばたくさん思いあたる節はありますが、でもこれほどまでの嫌悪感は今までなかったので何とかならないかなと思っています。

その性的なトラウマってのも気になるところでございますが、これほどの嫌悪感の理由はいろいろと考えられるものなんです。

しかも、「触れられるのがイヤ!」というのも、色々とございまして。
Kさんの場合はどれなんでしょう?

(1)夫にだけ、触れられるのがイヤ!他の人にはむしろ触れられたい。
(2)夫はもちろん、男性に触れられるのがイヤ!女性は大丈夫。
(3)夫だけでなく、男性も女性も触れられたくない。
(4)夫に限らず、性的な目で見られることがイヤ!そうじゃないスキンシップは大丈夫。

それぞれ、その先の扱い方が変わってくるんです。

(1)夫に対しての感情が問題
(2)そもそも男性不信?男性嫌悪?
(3)人間不信?あるいは、人と距離を取りたいタイプ?
(4)セクシャリティの問題

性的なトラウマがあると、(1)(2)(4)あたりに出やすいものです。

で、とりあえず、「旦那さんにだけに触れられたくない」とのことなので(1)のケースとして見ていきましょう。
旦那さんとの関係で見ていけば、結婚当初からモラハラ、DVがあったんでしょう?
しかも、その頃から現在まで、イヤな気持ちを抑えてセックスしてきたんでしょう?

そんな時に旦那の態度が良い方向に変わってきたとするならば、それまでの5年以上我慢した思いが噴き出て来ても無理はないですよね?

つまり、Kさん、お怒りなんですよね。めちゃくちゃムカついてるんですよね。それを通り越して怨念になってるかもしれません。間違いなく死んだら化けて出てやろうと思ってるでしょ?(笑)

怒りの表現のひとつとして「触れられたくない!」になるわけです。

だって、ムカついてるヤツに触れられるなんてめちゃくちゃ嫌じゃないですか。
超絶気色悪い、気持ち悪いでしょ?
しかも、それを我慢して、我慢してやってきたんなら、なおさら嫌悪感出てきますよねえ?

だから、ムカつくんじゃボケ!あたしに触るんじゃねえ!!!という思いが、触れられたくない、という風に出てきてるんじゃないかと思うんです。

ただ、ここで「長年怒りを我慢してきたので、自分が怒っていることに気付きにくい」というのも、こうしたケースの特徴です。

セッションをしていても「奥さん、怒ってらっしゃいますよね?」ってお聞きすると、「え?そ、そうですか?あたし、怒ってます?」なんて反応が返って来ることが多いんです。
感情って麻痺しますから、怒りを我慢し続けていると、怒りを感じにくくなってしまうんです。

しかも、怒りは皮膚に出やすいんです。
皮膚の疾患は怒りの表現のひとつとも言われます。

だとすると「触れられるのは嫌!=怒ってまっせ!」と思っていいと思うんです。

じゃあ、どうしたらいいか?というと、とりあえず御恨み帳書きましょうか。

※御恨み帳の書き方などはこちらを参照ください。
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/15692

5年半分、じゃんじゃん書きましょうか。
ざっくりノート10冊分くらい書けば、少しすっきりするかもしれませんね(笑)

そうして、御恨み帳にて怒りを少しずつ発散していきます。

※もちろん、コーチングで学ばれた方法を活用されても構いませんよ。怒りの解放の仕方ってたくさんありますから。

で、旦那さんには口で言ってもなかなか分からないので、手紙に書いてみるといいかもしれません。

なぜか触れられるのがイヤだ、と。

ただ、あんたにムカついてんのよ!ということは言いにくいかもしれませんので、性的トラウマが今出てきてるってことにしましょうか。

少し別角度からもお話しておきたいと思います。

KさんのようにモラハラやDVの過去、あるいは、浮気されたの、借金作られただの、怒りの根拠がはっきりしている場合は分かりやすいのですが、必ずしも「明確な理由」がないケースも多いものです。

ひとつは「ちりも積もれば山となる」で、日常の細かい怒りが少しずつ溜まっているってこともあります。旦那が近くに来ると、訳も分からずイライラする、なんてときはそんなもんです。

言えない怒り、気付いていない怒りが溜まってしまってるわけですね。

そして、もう一つ「あるある」なのは、「関係性の思春期」という話です。

思春期になるとなぜか親のことが鬱陶しくなったり、嫌悪感がでてきたりするもんですよね。そうした反抗期を経て、私たちは一人の大人として自立していくのです。

同じことには「会社」にも言えて、勤続10年ともなると、会社に対する不信感や不満、嫌悪感、そして、怒りなどが溜まってきて、「転職しようかなあ」なんて考えるんです。

そして、夫婦にももれなくそれは訪れます。
なぜか今まで大丈夫だったことがイヤになったり、今まで平気だったのに急に気持ち悪く感じたり、性的な関係を遠ざけようとしたりするんです。

それは今まで旦那さんに対して押さえてきた感情が作用することもありますが、実は、そこで「実際の思春期に親に対して反抗できなかったことを旦那さんに対してやっている」なんて場合もあるのです。

だから、この場合だと、怒りの矛先は旦那じゃなくて両親だったりするので、御恨み帳を書く相手は両親になります。

さらには、性的な問題も大きくて、例えば「親密感への怖れ」や「セックスに対する何らかの問題」がこういう形で出てくることも多いのです。

だから、「その辺、私の場合はどうなんだろうなあ?」と思いながら向き合ってみるといいと思うんですよね。

「触れられたくない」という問題はとても示唆的なので、そこから自分がより魅力的になれるように、また、旦那さんとよりつながりを感じられるチャンスだと思ってみるといいんじゃないでしょうか?

参考になりましたら幸いです~♪

★そんな夫への怒りやセクシャリティの問題も大歓迎っす!

大阪:9/7(土)11:00-18:00
「自立系武闘派女子のための1DAYセミナー~親密感への怖れを手放す~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/29813

★同志たちがいっぱい!なお弟子さんのブログ、カウンセリングはこちら!
>http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

 ☆東京:9/14(土)13:00-17:00 お弟子さんたちのカウンセリングを体験できる会
 >https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/31477

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,240円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい