「与えたものが返ってくる」法則に基づいて野良猫女子が幸せになる方法を考えてみる。


外側に起きることは内側にあるもの、という基本原則に基づいて、今の自分の状況を見つめ直してみましょう。
そして、どんなお付き合いが自分の求めているものかを見つけていきましょう。

根本先生、ついにメールを送らせていただくことになりました野良猫女子です。
今までずっと見るだけで満足してたのに、自分のキャパ超えた状況になってしまったのでどうかお助けください、、

最近2年ほど前に出会い、一旦付き合うも全然会ってくれず痺れを切らしたわたしからもうええわっと振ったが相手がすがってきて、それから毎日連絡をとり、
恋人のようなイチャイチャ(お互い他に気持ちが行ってないか牽制し合うような)
→たまに近づきすぎて喧嘩
→音信不通
→しばらく経つと元どおり連絡くる。
というお互い距離感をジリジリ保ちながら手合わせ稽古を永遠としてきたような野良猫とお別れしました。(わたしがブロックしました)

理由は彼が転勤により遠距離になったことで連絡が減りわたしが彼のそばに近づこうとしたが故に責めるようになり喧嘩ばかりになったので…。
付き合ってもいないのにめんどくさい女だなと思われていた感じがして、それが辛くて、自分のためでもあり、彼のために身を引くことが愛のつもりでした。

好きとは言ってくれるが会ってくれない苦しさに、もういい加減次に進もう、と思い、色んな男の子と遊びましたところ、熱心に連絡をくれて誘ってくれたりしてくれるんですがみんな途中で連絡がなくなってしまいます。
自然と相手に対してそっけなくしてしまってるかもしれません。そこが野良猫たる所以なんでしょうけど。

野良猫との恋愛で何度もいろんなふうに思考錯誤して連絡して好きを伝えたり伝えられたり関係を進めようと頑張っていたし、お互いに絆があったと思っていた関係だったので、2年間の死闘が終わった今本当にこたえています。

近づこうとして傷ついた分、近づくのは怖いですが野良でいるのは寂しいです。
普通に会ったり近い距離で恋愛できるようになりたいです。
どういう風にこの恋から次に進めばいいんでしょう、、

自暴自棄なのか、男性と約束してはドタキャンということを繰り返してしまっています。(最低ですよね~でもあまり罪悪感がないです泣)
(Nさん)

ま、野良猫だもんね。
誰かに飼われるのは好きじゃないわね(笑)

Nさんがしたいことって何でしょう?
恋をしたいのか、お付き合いがしたいのか。
どんな関係になりたいのでしょう?

好きにしたらいいのよね~
疲れたら休むのがいいのよね~

というのが基本線。

だけど、ちょっといきなり深みに手を突っ込むならば「自分が与えたものが返ってきている」という原則を見てみましょう。

今のような男たちとの関係になる原因って何だと思います?

例えば、「遊び」で接すると「遊び」が返ってきます。
「野良猫的」な近づき方をすると、「野良猫的」な距離を取られます。

その他「不信感」を持っていれば「不信感」に相応しい行為が返ってきますし、「誠実に」近付けば、「誠実に」受け止めてもらえます。

だから、「うまくいかねーなー」という時は、自分が与えているものを調べてみると良いのです。

たぶん、Nさんもいろんな意味でいい子なんだけど、こういう恋をすると男の人が怖くなったり、不信感が出て来たり、自暴自棄(=自分を傷つけようとすること)になったりしますよね?

そうすると、そういう姿勢で男の人と向き合うことになるんですね。(表面的には隠せても、近付くとバレるもの)

だから、なかなか関係が前に進まないと思うのよ。
それこそ、野良猫同士がバッタリ出会って「う”ーう”ー」言いながら警戒し合ってるようなもので。

それで、Nさんにお聞きしたいのは、

「楽しんでる?」

ということなんですよね。

出会いや付き合いに至るプロセスやそのやり取りや遊びも含めて、楽しい?ってこと。

悲壮感や義務感や焦燥感や寂しさや不安や怖れから彼氏を作ろうとすると、やっぱりしんどいよね。

仮にうまいこと行っても執着しちゃいそうだよね。

そういうネガティブな気持ちがあってもいいんだけど、そのプロセスを楽しめてるか?面白いか?というのがやっぱり重要だと思うのです。

もちろん、これも「与えてるものが返ってきている」という原則に乗っかりますよ。
不安から近づいたら、不安にさせられるだけ、という。

だから、男の人との付き合いを「楽しい」と感じられる自分を取り戻すことが先なんじゃないかと思います。

そもそも野良猫になっちゃったのは何でなのだろう?

寂しいのに、でも、怖いのに、彼氏が欲しいのはなぜなんでしょう?

なぜ、近い距離にそんなにも怖れや不信感があるのだろう?

野良猫女子の恋愛相談でよくお聞きするのが「野良猫やめたいの?家猫になってもいいの?」という問い。

「あ、いやかも・・・。憧れるけど、無理かも・・・。」という人もいれば、「いや、もう、野良生活はしんどい。こたつに入ってぬくぬくしたい」という人もいます。

甘えたいのよねえ~
何不自由なく暮らしたいのよね~
もう頑張りたくないのよね~

という気持ちがたぶんあるんだろうと思います。

とはいえ、そこでもう一歩踏み込むならば、それが本当に欲しいもの?ということ。

例えば、寂しい時って、寂しさを解消したくて、誰かに一緒にいて欲しいじゃん?でも、だからといって、ずっと一緒にいて欲しいのか?と言われると、微妙じゃん?
じゃあ、ほんとうに誰かと一緒にいる生活がしたいの?って聞かれたら、分からないじゃん?

人はたいてい「今の不満、不安を解消するためのモノ」が欲しくなります。
だけど、それが本当に自分が求めているものかどうかは分からないのです。

ということで、Nさんも自分が本当にほしいものとか、どういう関係を築きたいのか?というのを今のタイミングで考えてみませんか?

それを考えるプロセスで、なんで私が野良猫になったのか?も見えてくるかもしれません。

ということで、宿題。

(1)今の日常生活で自分が「幸せ」を感じられるシーンを探してみよう!!
(2)そのシーンでは、誰が登場していますか?
(3)そこに「恋人」は入りますか?
(4)入るとすれば、どんな風に?

このシーンを5~10個くらい探してみて、それぞれに恋人がそのシーンにキャスティング可能かどうかを映画監督になったつもりで考えてみてください。

そうすると自分の理想の付き合い方や距離感が見えてくると思います。

もし、いろんな幸せシーンを探して、ひとっっっつも恋人が入るシーンがないってことは、今は男、いらね、ってことかもね(笑)

※恋人がいるから幸せ、というのは「恋人軸(依存)」の状態ですよね?「自分軸」で生きるには「自分の幸せな世界に彼を招待してあげる」という感覚がとっても役立ちます。

いよいよ、今週末!

福岡:10/27、広島:10/28
自立系武闘派女子(男子)のための恋愛講座~なぜ、幸せな恋や結婚を選べないの?~
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/25637

より深堀りしてます!より深く学べます!毎週月曜日配信のオンラインスクールへどうぞ。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html


あなたにオススメ