どうしたら私の身体だけじゃなくて、私の心を好きになってくれる人とお付き合いできますか?



このタイトルからだけでも自分の価値が見えること、分かりますか?
ダメなところを探してしまいがちだけど、その一方で、ちゃんと自分のいいところ、魅力を見ておきましょう。
そして、うまくいってるイメージを作り上げていくと成功する確率はぐんぐんアップします。

根本さんこんにちは。私は恋人が欲しいと心から願っていますが、一向に叶いません。
今年30歳になる女です。婚活歴は現在1年6ヶ月です。
その間に結婚相談所の登録、婚活パーティーの参加、職場の先輩の紹介、婚活アプリの活動、ありとあらゆるものをやってきました。2人きりでデートした男性の数は30人くらいになります。その1年6ヶ月、色んなことがあり傷つき疲れきって何度も精神的にバランスを崩しました。
30人のうち、これって付き合えるのかな?という関係になれたのが2人のみで、その2人と体の関係を持っているのに振られました。
恥ずかしいことに、今まで付き合った経験がありません。それなのにこの短期間に何人もの男性と会うので、それだけで気持ちがすり減り、会うたびに「またダメだったら…」とネガティヴな感情しかわかなくなりました。
彼氏いない歴=年齢なのに、男性経験は2人あるという、大人の女性として恥ずかしい状況になっています。でも心から好きだと思ったからそうなったので、そこに後悔はありません。
そして今、関係を持った1人の人がどうしても忘れられません。初めて唯一心の底から好きだと思える男性でした。一緒にいるとドキドキして、話していると落ち着いて、彼の家にも行き、もっと知りたいもっと知ってもらいたいと会うたびに思いました。
でも私が付き合ってるのか迫り、結論を早く出してくれと彼を追い詰め、連絡が来なくなり、そしてLINEで「もう会えない、幸せになってください、さようなら」と言われて終わりました。
心にぽっかり穴があいて、自分の存在を消したくて、自信もなくなり、前向きにもなれず、身も心もズタボロです。
この先私は誰かとお付き合いできるのかな?私は人として何か欠落してるのかな?と自問自答する毎日です。

そんなとき根本さんの自己肯定感の本を読んで心が少しだけ軽くなったのです。
自分のことを自分が1番責めてるなぁって思って、今心が思ってることをひたすらノートに書き留めました。そしたら涙が止まらず、だけど苦しさがふっとなくなるような、そんか気持ちになれました。

私は好きな人とお付き合いがしたい、私の身体だけじゃなくて、私の心を好きになってくれる人とお付き合いがしたいと思いました。

長くなってしまってまとまってないですが、どんな気持ちでこれから過ごしていれば、私はこの願いが叶うのでしょうか…
(Mさん)

彼が欲しいのにできない、とか、好きになったのにうまくいかない、というできごとは自己肯定感を下げるにはうってつけなので、よく我々はその罠にハマります。
何がいけないんだろう?
何が足りないんだろう?
何が欠けてるんだろう?
って考えてしまいますよね。

ほんとは何も欠けてなんていないんですけどね。

自己肯定感が高い人は、仮にMさんのような体験をしたとしても
「ああ、この人とは縁がなかったのね」
「そうか、私とは合わなかったんだね」
という風に解釈できます。

自分を肯定する
=自分に価値があることを知っている
=自分のことが好きだ
=私って可愛い

という思いがあるからです。

でも、自分を否定しているとその逆の現象が起こるんです。

Mさんがお店に入って店員さんにこう言われたらどう思います?

「えーっと、この商品、ちょっと欠点があって、あまり価値のあるものじゃないんですし、私も好きじゃないんだけど、どうですか?買いませんか?」

買います?

「あ、一応、ちょっと見せてください」

って言って、手に取って、「あんまり悪いものじゃなさそうなんだけど」と思ったとしても、やっぱり店員さんがそういう態度だと

「やっぱりいいです」

って棚に戻すと思うんですよね。

恋愛でこんなコミュニケーションをしちゃってる人って意外に多いんじゃないでしょうか?

そこで出てくるのが、

「いや、ぜひ、これ買ってみてください。使ってみてください。それでこの商品の良さを見つけてくれませんか?」

って商売をしてしまうパターン。

すなわち、「好きな人に好かれることによって自分の価値を確かめようとする」という心理です。
これは承認欲求の一つでもありますので、誰にでもあるし、あって不思議じゃないものですね。

でも、店員さんにそう推されても「そうは言われても・・・」って気分になりません?
激安にしてくれて買ったとしても、その商品に愛着は湧くでしょうか?

中には奇特なお客さんもいるんです。
パソコンやAV(アダルトビデオじゃないですよ、みなさん)が好きな人は、敢えて安いジャンク品を買ってきて、それを修理して使えるようにすることが好きな人。

すなわち、傷ついた人や自信のない人に近付いて、その人を元気にしてあげよう!って人。

でも、そういう人は直して使えるようにすることが目的だから、ちゃんと動くが分かると次のジャンク品に興味が移ってしまったり、直した後に売っぱらってしまったりしますね。

あるいは、ちょっと触ってみて「うーん、これは手に負えないなあ」と思ったら、そのまままた出品したりして。

恋愛でもそんなパターンを持つ人もいらっしゃるんです。
ちなみに「ダメンズ専門」を謳う武闘派女子の中にも、この手のジャンク品愛好家はたくさんいらっしゃいますね~(笑)

だから、Mさんにとって今、何をしたらいいか?というと、いかに自分を肯定するか?という課題に取り組むことです。

自分を愛する。
自分をもっと好きになる。
自分が笑顔になることをする。
自分が好きなことをして楽しむ。

そうして自分自身のエネルギーを高めていくんです。

もちろん、その過程では自分の価値や魅力をいっぱい発見していくことができるでしょう。

そうして自己肯定感を高めていくと、望む状況が手に入りやすくなりますし、仮に相手とすぐに出会えなくても「いずれ、いい男がやってくる」ということを信頼できるようになります。

つまり、自己肯定感をあげると、自分を信じられるようになるんです。

>自分のことを自分が1番責めてるなぁって思って、今心が思ってることをひたすらノートに書き留めました。そしたら涙が止まらず、だけど苦しさがふっとなくなるような、そんか気持ちになれました。

こういう体験をなさったということは素晴らしいです!!
自分を褒めてあげてますか?
えらいなあ、あたし!!って。
涙を流した分だけ心が軽くなったなあ、というのは偉大な体験です。
だいぶ自己肯定感があがったんじゃないでしょうか?(そういうことにしておいてくださいね)

カウンセリングの王道的な見方をすれば、「欲しいのに手が入らない」という状況に対して、いくつかの定番の見方があります。

「何が心理ブロックになってパートナーを寄せ付けないでいるのか?」

「どうしてパートナーなんて要らないと思っているのか?」

などの見方です。

とはいえ、これも上記の自己肯定感につながっていて、自分に自信がない、とか、過去の恋愛で痛い目にあった、とか、仲の良いパートナーシップが想像できない、とか、やっぱり人と近づくのが怖い、という原因が見つかったとしても、やはり自己肯定感をあげていきましょう、というプロセスになると思います。

そこでは過去の痛みを手放したり、癒したり、誰かを許したりする必要も出てきます。

ちなみに上記に出て来た「仲のいいパートナーシップ」ってイメージできますか?

私たちは「イメージできるものが実現する」という法則もあって(もちろん、その限りではありませんが)、周りに憧れのパートナーシップを見せてくれる人がいないと、それがほんとに実現するのか疑ってしまうものです。

だから、理想のパートナーシップ像を自分がイメージできるようになるのも大切な心がけだと思います。

実際、パートナーができることに疑いを持たない人は、その先を見つめていることが多いです。

どう出会うのか?
どうしたら付き合えるのか?

ということを考えるのではなく、

付き合ったらどんなことをしたいのか?
パートナーにはこんなことをしてあげたい。
二人でこんなイチャイチャしてみたい。
こういう風に記念日は過ごしたい。
休みの日はこんな風に楽しみたい。

という付き合った先のことを考えてワクワク、いや、ニヤニヤよだれを垂らしているわけです。

そうすると願いは叶いやすくなると思います。

>私は好きな人とお付き合いがしたい、私の身体だけじゃなくて、私の心を好きになってくれる人とお付き合いがしたいと思いました。

こういう思いは皆さんお持ちだと思います。
でも、身体には自信が付いたんですよね?

そう、この言葉が出て来る、ということは、自分の身体を求める人はいる、ということを知ってるんです。
つまり、私の身体には価値がある、と。

でも、あんまり嬉しくないでしょ?
求めてるのは内面に向けた愛だから。

だけど、そこでちょっと待った!なんです。
身体も大事ですよね?
心は愛してくれるけど、身体を愛してくれない(すなわちセックスレス)のご相談も多いんです。
両方愛されたいんだと思います。

だから、まずは「ああ、私の身体には価値があるんだ」ということを認識してください。
そうするといたずらに身体を与えることをしなくて済むようになります。

自分が価値のあるって思っているものは大切にするでしょう?
それと同じことですね。

その上で、「私の心を好きになってくれる人」を求めるならば、「相手の心をよく見てあげましょう」という提案をします。

心理学には「与えたものしか受け取れない」という法則があります。

相手の心を見て、その価値を感じ、それを伝え続けることによって、相手からもそれが返ってきます。

実際にこんなケースがあるんです。
内面を好きになってくれた彼がいたんです。
たくさん性格を褒めてくれます。
でも、彼女はそれが信じられない(受け取れない)んです。
だから、全部否定していました。
そしたら彼が「オレの見間違いだった」と去って行きました。

仮に内面を愛してくれる人が現れても、それを受け取れる自分になっていなければ、関係性はうまくいかないものです。

受け取れる自分になるには、すでにお話しした二つの法則が役立ちます。
「自分が自分に価値を見ていること(自己肯定感)」
「相手の価値をちゃんと見てあげること」

愛されることばかり考えている人は、残念ながら相手の愛を受け取ることができません。
相手からの愛を否定してしまったり、もっともっとと過剰な要求をしてしまったりするからです。

例えば、Mさんの場合、とても活発かつ活動的なところは魅力的ですよね。
すなわち、情熱の女って奴です。

>その間に結婚相談所の登録、婚活パーティーの参加、職場の先輩の紹介、婚活アプリの活動、ありとあらゆるものをやってきました。2人きりでデートした男性の数は30人くらいになります。

このくだりなんてまさに自立系武闘派女子の面目躍如といったところでしょう!笑
それくらいの行動力に情熱をお持ちの女性である、ということです。

こういう行動力のある情熱的な女性は、自ら行動することで道を切り開くケースが多いですね。

だから、時には体が先になっちゃうこともありますが、それがうまく行かないわけではない人です。

ちなみにこういうタイプの人の場合、彼ができたあと、始めは自分の方が好きな気持ちが大きいのですが、次第にそれが逆転していくことが予想されます。
そして、逆転した時ってのは「愛される女」になれるのですが、時にそれが受け取れずに、次なる獲物を探し始める傾向も見受けられます。

少し先のことになりますが、浮気してしまう可能性あり、という診断を出しておきましょうか?(笑)
なので、その予防のためにも、自分の価値をちゃんと見ておくこと(自己肯定感アップ!)と、ラブラブなパートナーシップのイメージ作りが処方箋です!!

こんな風にネガティブな思いを抱えていても、ちゃんとそこからMさんの魅力や価値は見て取れるんです。

そうして、自分に意識を向けて行動していくと、その忘れられない男性のことも少しずつ薄れていきます。

長くなりましたけど、今取り組んでいる方向性は間違いはないので、そのまま自分のペースで進んでいくといい結果が得られると思いますよ。
何よりもものすごく成長しますしね。

さて、宣伝ですぞ。
そんな自己肯定感をあげたい皆さんに送るセミナーはコチラ

名古屋、大阪、福岡、東京で開催。
ワークショップ「自己肯定感をあげて仕事や恋愛を成功に導く7つのメソッド」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/22174

より深く自分を知り、癒すセミナーはこちら。

東京:1/20(土)10:00-18:00 問題を解決して幸せな自分になるための1DAYセミナー(神楽坂)
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/22297

そして、本で読むならコチラ。

>「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)

あわせて読みたい