依存に突き落とされた自立系武闘派女子が自立を回復してきたときに必要なこと。


千尋の谷に突き落とされた獅子は自らの力で崖を這い上がり、そして、より逞しい姿になって復活を遂げます。
ところが、そのまま突っ走ると時に自立が過ぎてしまうことも多く、注意が必要なのです。
そこでのカギは「素直さ」。苦手だと思うけど、今の内から学んでおきたいスキルです。

単身赴任中の夫が過去に浮気していた事実を知り心身ともにボロボロになって、根本さんのブログと出会い自分がラクに生きる方法をあれこれやってきました。
私が落ち着くまで夫は辛抱強く待っていてくれて、最近は夫との関係もうまくいっているな…と思っていたのですが先日ケンカをしてしまいました。
私から連絡することになっていたのですが、友達と深夜まで飲んでしまって連絡しなかったらラインに
「こんな時間まで外にいるのは男と会って遊んでいるからだろ?」
とあり、翌日私から連絡したのですが途中から雰囲気が悪くなって、つい
「あなたがそういう軽いバカな女と遊んだからといって私も同じだと思うな」
と言ってしまいました。電話を切ったのは相手でした。
なんかこのままでは嫌ですぐに折り返し電話したけど無視され、何回目か電話したら「話したくない。お前の言動には一貫性がなくて、よく分からない。しばらく電話しないし、するな」というメッセージがきました。
翌日「昨日はなんだかすごく腹がたってあれ以上お前と話したくなかった」とメッセージがきましたが、私からは何も返事してません。
完全無視されたわけではないことにホッとしつつ、あんな言い方されて私から電話するのは癪にさわるし。でも心の奥底で夫からの連絡を待っている自分がいます。情けない…
許すこと、手放すこと、依存しないこと…何もかも中途半端で私は変わってない、変われない?変わりたくない?と自問自答しています。
根本さん、私をズバッと斬ってください。
お願いします。
(Nさん)

手放す?え?手放しワーク?
こちらです。どうぞ~!

https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/21271

>「あなたがそういう軽いバカな女と遊んだからといって私も同じだと思うな」

おおお!よく言うた、よく言うた!えらいぞー!えらいぞー!!
スカッとしませんでした???

※そこでスカッとせずに、悶々としたり、ああ、言い過ぎた~と思ったり、何やらもやもやして相手の反応を気にするということは、まだ「依存」側にいる証拠で、他人軸(旦那軸)が残っている証拠です。手放しを加速させましょう。

ということで、コレ↓
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/21271

「ああ、まだまだ依存が残ってるんだなあ~」という現状を受け入れると同時に、「よう言うた!よう言うたった!」と思うのも大事ですよー。
それだけ自立して来た証拠です。

自立してくると、相手も自立しているので「ケンカ」になります。
依存側は我慢したり、気持ちを押さえたりしがちですが、自立になると、対抗心が芽生え、本来の武闘派魂が蘇ってくるので、うぉりゃぁぁぁぁあああ!と相手に飛びかかって行くようになります。

まだ切れ味は戻っていないかもしれませんが、まずはその態度に快哉を叫んでも良いものです。

さらに傷の回復が進み、Nさん本来の姿に戻れば、

>「話したくない。お前の言動には一貫性がなくて、よく分からない。しばらく電話しないし、するな」

という旦那様の言葉に間髪入れずに

「女に一貫性を求めんじゃねーよ、バカ!こっちから願い下げだ、ボケ!」

などと大変上品なお言葉遣いを駆使されるようになると思います。

とはいえ、Nさんが完全復活を遂げたときに、そんな物言いができる旦那様もまた勇気あるチャレンジャーではありますけれどね。
お腹がペコペコになったライオンの檻に自ら飛び込むウサギかヤギのようなもんですからね。

さて、

>翌日「昨日はなんだかすごく腹がたってあれ以上お前と話したくなかった」とメッセージがきましたが、私からは何も返事してません。

という話がありましたが、自立と依存のバランスを夫婦間で取り合うのは常でございまして、旦那の浮気をきっかけに奥さまは「依存」という千尋の谷に突き落とされたわけですが、さすがは獅子。そこから這い上がって来て、だんだん自立を取り戻していきますと、旦那様の態度も変わって来るものです。

この旦那様からのメッセージも、完全に自立=夫、依存=私の状態だったら、おそらく起こらないできごとで、それだけNさんが自分を取り戻しつつあることが想像されます。

つまり、何も変わってないだけじゃなくて、立派に変わってるわけです。

で、

>完全無視されたわけではないことにホッとしつつ、あんな言い方されて私から電話するのは癪にさわるし。でも心の奥底で夫からの連絡を待っている自分がいます。情けない…

ここですよねー。
自立を取り戻しつつあると、まあ、こういう「癪に障る」「沽券に関わる」「プライドに触る」「お前如き下郎に下げる頭はない」などと武闘派女子らしい反応が出て来るわけです。

その一方で、依存の名残でもあり、麗しき女の子のかわいらしさみたいなのがあって、「待つ私」というのも出てくるのかもしれません。

本来のNさんならどうするところでしょうか?
単身赴任先に刺客を送りますか?
それとも、そんなことは気にせずじゃんじゃん電話かけますか?

単身赴任中で、しかも、浮気までされたりすると、不安になったり、寂しくなったりすると同時に、そういう気持ちを抑圧する分だけ強くなり、かつ、意地を張ったりするようになります。

本音って何でしょうね?

寂しい?
不安?
一緒にいたい?

私はその時々の自分の気持ちに素直になる、ということを推奨していまして、それが教科書通りでも、そうじゃなくてもOK!ということを願っている者です。

情けないと思うかもしれませんが、心の奥底で旦那さんからの連絡を待ってる私ってある意味、かわいいじゃないですか!
だって、バリバリの武闘派女子が、そんな可愛い一面を持ってるなんて、それこそ、ギャップ萌えですよね~!

鎧をばっちり着こんでバズーカとロケットランチャーを装備し、完璧なフェイスペインティングを施した女子が「このケーキおいしぃ~!きゃー、テンションあがるぅ~! #ケーキ最高 #友達と一緒」ってインスタに投稿してるようなもんでしょう?

かわいいじゃん。ふふふ。

そして、そういう弱い側面が出てくるのも今のうちだけかもしれないので、「あら、私の中にもまだ女子がいたのね!」と喜んでもいいと思うんですが、いかがでしょうか?

で、依存心は相手の気持ちを考えて苦しくなってしまうのですが、そこは一つ「素直に、正直に」なってみませんか?

ほんとはどうしたいんでしょうね?
会いたい?
話したい?

それに素直になってあげるといいんですね。

自立はなかなかプライドが手放せないのですが、その次の相互依存のステージに行くと、そういう窮屈な場所に自分を閉じ込めることを辞めて、素直になれます。

そういう素直な気持ちをまずは認めてあげることが一番ですよね?

だから実際に出さなくてもいいので、素直な気持ちをお手紙にしてみるといいですね。

実際書いてみて恥ずかしくなったり、屈辱に塗れたりして気分が悪くなってぐちゃぐちゃに破っちゃってもOKです。

それも私だしね。

で、電話を掛けたかったらかけたらいいんです。
そしたら、ツンデレプレイで彼を喜ばせてあげることもできるかもしれません。

「何?電話してくんなって言ったろ?何か用事あるのか?」
「いや、別に」
「じゃあ、なんで電話してくるんだよ」
「声が聴きたいな、と思って。」
「は?そんなことで電話してくるなよ」
「だって声を聴いたら安心するし、嬉しんだもの。」
「あ、そう、ま、そうなのか」
「うん。好きだよ。じゃあね。バイバイ」

まあ、この辺を感情込めつつも、鼻くそをほじりながらできる演技力が付いたら、Nさんも立派な悪人ですね!笑

この辺の仕掛けができると、彼の方からもつい電話を掛けたくなっちゃうんですよねえ、まあ、悪いテクニックです。

駆け引きとかテクニックとかもあるんですけど、それよりもまずはやはり自分の気持ちに素直になってみる、そして、それを伝えてみる、というのが一番おすすめです。
だって楽だし、自然だし、気分もいいし。

そういう思いをぜひ味わってください。

人生変える!という目的なら、このセミナーがお勧め。

「12/9,10 京都リトリートセミナー」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/21162

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事