なんで素直に甘えられないかというと寂しい自分を許せないから。


つい強がって彼を試すような態度をとってしまうことってよくあります。
その後気持ちがぐわんぐわん揺れるんだけど、それは本音をちゃんと受け入れられてないから。
そこには「自分でも許せない感情」があることが多いんです。
寂しさとか、虚しさとか、自分の弱さとか。

はじめまして、いつもブログを拝見しております。
ロックマン30%+野良猫70%な感じの男性に振り回されている武闘派女子です。

体の関係から始まり、付き合ってと言っても了承してくれない彼を、先日武闘派女子たる私の高い殺傷能力で攻撃しました(笑)
「私から連絡しないから、会いたかったらそっちが連絡して。その間に私のことをどれだけ好きか感じてみたらw」と笑顔でケンカを売ったのです。
ええ、地雷を踏み抜いた自覚はございます。

その後連絡が来ないわけですが、既に翌日から私が不安定になっています。
自分が過去の恋愛で傷を持っていること、自分も野良猫に近い女であることをひしひしと自覚させられています。

さてご相談したいのは、私の気持ちの持っていき方です。
私が彼のどういう発言でこんなに不安定になっているかを、彼に話したくて仕方ありません。愚痴って、頼りたいんです。
しかしそれは彼への攻撃であり、更に地雷を踏み抜きますよね。
野良猫男子やロックマンの扱いに必要なのは、包み込む余裕と自信ということはわかっています。
それでも私がこんなに傷付いていることをわかってほしくて仕方ありません。(というより彼をコントロールしたいのでしょうね)
この気持ちをどうやって解消すればいいですか?どこに吐き出せばいいですか?
本人に伝えても逆効果になるのはわかっているのに、本人に伝えないと状況が変わらない気がして…。
(Eさん)

>先日武闘派女子たる私の高い殺傷能力で攻撃しました(笑)

この「(笑)」という文字に、背筋がぞーッとした男子も多数いらっしゃるのではないでしょうか?(少なくともここに一人いるわけですが)

さすがですね。
躊躇せず、地雷を踏み抜く勇気・・・さすがです。

とはいえ、売ったケンカではあるけれど、ほんとに売りたかったのはケンカじゃなかったわけですよね。
それが気持ちの不安定さにつながっているんだろうと思います。

そこで問題です。

>「私から連絡しないから、会いたかったらそっちが連絡して。その間に私のことをどれだけ好きか感じてみたらw」

この言葉を素直な本音の気持ちに置き換えたらどんな言葉になるでしょうか?20秒以内で答えなさい。。。

(解答欄)
「                                
                                 」

どう?書けました?

さて、さらに問題です。
この(解答欄)に書き記した素直な本音の気持ちを、さらに素直な本音の気持ちに置き換えるとどんな言葉になるでしょうか?1分以内に答えなさい。

(解答欄2)
「                                
                                 」

どう?書けました?

さて、さらに問題です。
この(解答欄2)に書き記した素直な本音の気持ちを、さらに素直な本音の気持ちに置き換えるとどんな言葉になるでしょうか?1分以内に答えなさい。

(解答欄3)
「                                
                                 」

どう?書けました?

さて、、、、あ、行数稼ぎ、バレました??(笑)

(解答欄3)まで来ると、けっこう本音が出てきやすいものです。
あと2,3回繰り返してもいいですね。

自立系武闘派女子ともなると、ほんとうは素直なのに、その素直さをついついプライドや恥ずかしさや怒りなどで隠してしまうことが多いですし、得意のツンデレを発動してしまう方も少なくありません。

Eさんの気持ちなんてまさにツンデレですものね。

ツン→「私から連絡しないから、会いたかったらそっちが連絡して。その間に私のことをどれだけ好きか感じてみたらw」

デレ→私が彼のどういう発言でこんなに不安定になっているかを、彼に話したくて仕方ありません。愚痴って、頼りたいんです。

知ってましたよね?自分がツンデレ女子であること。(すなわち、野良猫であるってことですけれど)

だから、不安定になっちゃうわけですね。
ツンをした後に、デレがあるのに、どのデレを出そうと思っても彼から音信不通だから。

でも、サクッと斬ってしまうとするならば、Eさん、そういうこと、いつも繰り返してきてませんでした?

ツンしてデレってすること。

グサッと刺して相手を弱らせてから、ごろにゃんって懐に入って甘えるの。

ムチとアメというと聞こえはいいですけれど。

そうすると相手をじゃんじゃん振り回すことになっちゃうんですよね。

その結果、「あれ?連絡こないの?」という状況になってしまうのかもしれません。

もちろん、お互い様だけど。

また、自立系武闘派女子がよくやってしまう失敗に、

「ツンのつもりで軽く刺してみたら、それが致命傷となってしまった」

というケースがあります。

セミナーとかカウンセリングでは「それって、猫がネズミをいたぶるみたいな感じだよねえ?気付いてた?」なんて話をするんですけど、ご自身の殺傷能力をあまり分かっていないこともあるんです。

その点、ちゃんと自覚されてるEさんは本物の武闘派臭がぷんぷんするわけですけれど。

ツンデレの奥義って「生かさず、殺さず」ってことでしょう?その辺の力の配分は気を付けたい(相手の状況をちゃんと見極めたい)ですね。

まあ、怖い話ですね・・・(汗)

ということで、ようやく本題なのですが、

>この気持ちをどうやって解消すればいいですか?どこに吐き出せばいいですか?

ということなのですが、王道かつ正論かつ心理学チックな回答をするのであれば、

「彼(他人)を使って自分の感情を解消しようとしないこと」

となります。言い換えれば、

「自分のケツは自分で拭くこと」

ですね。

誰かを使って自分の感情を処理することは、その人の主体性(主権)を奪って自分のものにしようとするもので、そこには相手に対する尊敬ならびに尊重はありません。
心理学では「利用する」と言います。つまり、こういう思いがある裏側には彼を人ではなく、モノ(自分の所有物)として見ている自分がいることを示唆します。

人ではなく、モノとして扱われたら当然気分は良くないですから関係性はうまくいかないものです。

もちろん、その辺はEさんもよくお分かりですよね。
どうしてもしたくなるもので、それが人間ってことですよね。

>それでも私がこんなに傷付いていることをわかってほしくて仕方ありません。(というより彼をコントロールしたいのでしょうね)

まあ、ほんとそう思っちゃいますよね。
そんなことしても意味ねーのに、と思っていても、やりたくなっちゃいますよね。

>本人に伝えても逆効果になるのはわかっているのに、本人に伝えないと状況が変わらない気がして…。

と風に思うのも、ツンデレ道を歩むEさん始め、多くの武闘派女子にとっては自然なことなのかもしれません。

でも、こうした心理に隠れてる本音というのは

「私は変わりたくない」
「あいつのせいで私はこんな気分になってるんだから、あいつにこの気持ちを何とかしてもらわなきゃ気が済まない」

という思いであり、

「彼に助けてほしいの。甘えたいの。もっと頼りたいの。」
「彼にもっと強い男になって欲しいの。彼の男前な部分を見たいの。」

という少女の心なのかもしれません。

根本さんに「気持ちをぶつけたくなってしまうんです!!どうしたらいいんでしょう?」って聞くと何て返って来るかはこのブログ(メルマガ)を通読されてる方ならお判りでしょう。

「好きにしたらええよ」

ふふふ。そしたら、「でもー、でもー、でもー」って言いたくなるでしょう?
まあ、無理ないことですわね。

でも、お勧めとしてはどうせ伝えるならば、素直な気持ち、がいいんです。
だから、さっき3回も、本音を答えよ、って課題を出したんです。

Eさんは弱くて甘えたで自信のない自分を許せていますか?
ついつい強がっちゃって、本音を言えない自分を愛せますか?

たぶん、ここなんじゃないかなあ、って思います。

そこで彼が成熟した男性ならば、
「それ、本音じゃないだろ?素直になんなよ。俺に甘えたいんだろ?」とギュッと抱き寄せてくれたりするんですよね。
でも、そこで素直に甘えるんじゃなくて、もう一度敢えて反抗したいんですよね。
「バカ!何言ってんのよ!そんなんじゃないわよ!私の気持ちも分からないで、ほんとひどいんだから。この手を離しなさいよ!!」って。
でも、そこでさらに力づくでギューッとされて、「ごめんな。寂しくさせて。でも、俺、ほんとにお前のこと好きなんだぜ」とか言われたいんですよね?
それで、すーっと力を抜いて「ん、もう、バカ。私だって・・・」と言って思い切り甘えたいわけですな。

あ、違う?
そんなんじゃない?(笑)
え?昭和臭がする?

ということで、なんで素直に甘えられないか?というと、そうした怒りやら、不満やらはもちろんだけど、寂しさを抱えているからなんですな。

そうした素直な気持ちを自分が受け入れること。
弱い自分、情けない自分を許すこと。
そして、ほんとうは甘えたい自分を素直に表現すること。
さらには、寂しさや虚しさ、嫉妬などの認めたくない感情を受け入れて、それを素直に伝えること。

そうすると、もっと楽になりまっせ、というお話でした。

さて、Eさん。彼を思い出してみて下さい。

「ほんと、ずっと私、寂しかったの。試すようなことを言ってごめんなさい。」

って彼に伝えるイメージワークをしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事